熱闘!海外カジノ・マカオ篇#10《澳門にもオケラ街道があった》~2016年9月~

「熱闘!海外カジノ」の記念すべき10回目です

今回は、会社の同僚のN君と現地で待ち合わせ。
1日半だけ日程が重なっているため、マカオを案内する約束です。

彼は私より10歳ほど年下ですが、パチスロの達人で、国立大の理系卒の理論派。
競馬やカジノにも、賭け方に一家言もっているタイプ。

2000年の有馬記念で、2着メイショウドトウの複勝1.7倍に15万円ぶっこむ荒業で的中させているのを見たことがあります。
(1着はテイエムオペラオー)
マカオでも派手に決めてくれそうで期待してます。

フライトは今回も、香港エクスプレス。
往復運賃は11,510円。スィートシートの指定料を入れて合計23,500円。

9月24日㈯ 羽田空港6:35発のUO625で予定通り、11:00発のフェリーに乗継ぎ、マカオへ到着です。

宿泊はマカオの象徴「リスボアホテル(葡京酒店)」に初宿泊。

Expediaで初めて予約。2泊で21,950円 、手数料込みで25,241円。

フロントの手際がとてもいいのは有り難いのですが、フロントが東西に2か所あって紛らわしいです。
現にN君とロビーで待ち合わせたものの、なかなか会えず焦りました。
エレベーターも西翼大堂と東側の建物では繋がっていなくて、何回も間違えました。
部屋も特別新しさを感じませんが、冷蔵庫の中身がすべて無料なのは嬉しいです。

N君と合流を果たすと、15時頃に一緒にリオホテルに行き、27万円をホールド。2万HK$と少し。
*この頃は円高の最頂期で1USドル=101円。(1HK$=13.1円)。
聞けばN君は昨夜は殆どカジノには興じず、観光をしていたらしい。
コタイ地区のCODで「ザ・ハウス・オブ・ダンシングウォーター」を観賞したとか言っている。
*シルク・ド・ソレイユが演る水芸です。

まさか真人間になったのでは?

と疑念が浮かんだが、その場は受け流した。
そのまま2階のカジノで、N君に教わりながら、久々のブラックジャック。
1時間後にはジリジリと負け、5,000HK$→4,500HK$。
思えばブラックジャックは、米国のアトランティンク・シティのカジノで遊んだきり、実に25年振りだった。
今をときめくトランプ大統領が所有するカジノホテルだった。
今もあるのかな?

そろそろ腹も減ったので、福隆新街まで行き、「祥記麺家」で昼食。
17時前なので行列なし。

皆が食べている「雲吞入り蝦籽撈麵」と青島ビールを二人で食らう。
マカオを代表するB
級グルメ。
その後、夜のお散歩を終え、


グランド・リスボアで20:30にN君と合流。
見ると、彼はカジノ1階向かって右側の「大小」のゲーム機に夢中の状態。
ダイスを弾ませるタイミングを必死で合わせている。

それでいいのかN! お前が勝負すべきは機械じゃないだろ?

思えば彼はパチスロの目押しの使い手。
こういうの好きなんでしょうねぇ。
仕方なく私も付き合い、▲300HK$失う。

晩飯はリスボアの裏手で火鍋の店へ。
鮑とか蟹を食うが、まぁこんなもん。
酒を飲んだこともあったが、写真を撮る気もしなかった。

なんとN君は疲れたのでホテルに帰ると言い出した。
まだ23時頃なのに…。
複雑な思いを抱え、単独でリオ・カジノへ向かう。

10,000HK$をチップに換え、バカラ卓へ。
AM3時まで粘るものの、6,
000HK$まで持ち金を減らす
やっぱりビール飲んで博奕をやっては駄目ですね。反省。
初日
累計▲4,800HK$

9月25日(2日目)11時にN君と待ち合わせ、グランド・リスボアの「粥麺荘」で遅い朝食。
麺の種類(刀削麺や一本麺も選べる)も多く、なかなかメニューが充実しています。
私は上海炒飯に小鉢1品を選べるそうなので回鍋肉をチョイス。
外さない味です。
*表示がわかりにくく探し出すのに苦労しましたが、カジノ内のエスカレーターをとにかく昇っていくとあります。4階くらいのイメージ。

12:00にリオ・カジノに寄ります。
5,000HK$をバイインも元返しで終了。
最後に私より引きの弱いあんちゃんが助けてくれました。
ここでもN君は隣りで見学。
結局はバカラには参戦しないままの帰国です。

彼を外港碼頭まで見送り、ここでお別れ。
1階でベトナム人らしき女性2人組が、ATMの使い方を私に尋ねてきて、説明している姿にN君が大爆笑しています。
ここに来る途中も中国人に道を聞かれ、「不明白(ブーミンバイ)」と咄嗟に答える様子を不思議がっており、「完全に街と同化している」という感想を漏らしていました。

さあ、ここから独りです。
リオは今回は相性が悪そうなので、サンズ(金沙娯楽場)まで歩きます。

15時に2階のバカラ卓で5,000HK$バイイン。
調子がいいと6,500までは行きますが、+2,000HK$の壁をどうにも越えられず、最後は▲1,000HK$で終了。

20:30にリオ・カジノに戻り、5,000HK$をチップに換え、立ち張りに専念し、ツラ目をひたすらに追いかけます。

16連チャンに遭遇。弱気の虫が顔をだし、500HK$のフラットベットに終始。

2,500まで減らした状況から6,500HK$まで戻しますが、ここでも+2,000の壁に勝てず、結果、5,000HK$の現状維持。
ここまで累計▲5,820HK$。
一度、ホテルに戻ってから、AM
1:00に再びリオへ。
立ち張りも波に乗れないまま終了。一度も水面上に顔が出なかった。
5,000HK$→1,500HK$

2日目までの累計▲9,320HK$。結構、負けてます

9月26日(最終日)15:00の空港行きフェリーのチケットを買って、券売所横の荷物預かり所でキャリーバックを預け(1時間20HK$)、12:30にサンズへ。
財布にあった最後の3,000HK$を2階のバカラ卓でバイイン。
300HK$minで勝負しますが、2勝8敗という感じで、1時間と持たずあっさり0HK$に。

とうとう手持ちが200HK$。
外港碼頭へ続く歩道が、オケラ街道って感じに思えました。


勝った人もここを歩くのですが…。

結果、累計▲12,320HK$  約16万円の敗北。通算6勝4敗1分

香港18:15発のUO622で、羽田空港に23:30着。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*