熱闘!海外カジノ・マカオ篇#9《リスボアの大小で8連勝》~2016年8月~

▶ 目次
1.往復でなんと9,910円

2.「迷ったら赤」の1日目
3.波に乗れない2日目
4.3日目。石原慎太郎似のVIPが最悪

往復でなんと9,910円

香港エクスプレスの割引セールによる往復の航空運賃です。しかもお盆明けとはいえ8月下旬の26日㈮ ~28日㈰。
往路10円キャンペーンとやらで、片道申し込めば片道はタダみたいなバーゲンが、このLCCには頻繁にあるようです。
手数料と座席指定料(足元の広いスィートシートなので片道3,000円の追加)を入れると、総額21,900円でした。


「迷ったら赤」の1日目

羽田6:35発のUO625便は、予定より15分早く9:40に、香港国際空港に到着。11:00発のフェリーで、12:20にマカオ外港碼頭に着きました。順調です。
宿泊はホリデイインマカオ(澳門假日酒店)。2泊で1,840HK$。(約24,000円)
*さらに円高が進み1HK$=13.05円

13時にホテルに着いたものの、チェックイン予定は15:00から。ダメ元でフロントに交渉したら部屋に入れてくれました。社員旅行以来、2度目の逗留ですが、価格に比べて、部屋がやや狭いかな?
風呂は硝子張りで部屋から丸見え。1〜3階のカジノは鉄火場系です。
同じ北京街沿いなので、リオ・カジノ(利澳娯楽場)まで歩いて約3分。


14時には前回残した1,000HK$チップを握り締め、バカラ卓でゲーム開始。
一時は2,800HK$まで増やすものの、やめられず結局、溶かしました。▲1,000HK$。

*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情

休憩後、セナド広場を散歩しつつ、新馬路を戻る途中、今夜は5,000HK$は勝とうと心に誓いました。
6月のマカオ遠征で大敗した反省で、初日に負けるとそれを取り返すことに焦り、調子を崩しがち。無理に席に着かず、ヒット&アウェイで勝てそうな流れの時だけ賭けて、着実に勝利を重ねるのが得策かと。
また会社の同僚の母君が、国際ゼロオロジー協会の鑑定士をやられていて、以前、占っていただいたご縁で、今回のマカオ遠征についてもアドバイスをもらっています。

ゼロオロジーの六星でいうところの私の宿命星は「木星《+》」。
ここ三年は停滞や障害を乗り越え、運勢のピークを迎える時期。
今回の旅では、「迷ったら念じて赤に賭けなさい」と教えを受けています。赤?
やってやろうじゃないですか。
19時に、最近にしては珍しくリスボア娯楽場に寄ってみました。水晶宮でないほうのリスボア・カジノです。
ここが入口。

旅行前に、会社で同じ部署にいたY君から、北京出張で余った中国元を150元(120HK$)ほど譲ってもらっていました。それを香港ドルに換えて、1階の大小のテーブルで、前に出た目と同じ「小」に200HK$をベット。
1・4・5で、「小」の勝ち。

なんと、ここから「小」が連続で8回来て、全部いただき!
9回目は嫌な予感がしたので「見」。
やはり大が出ます。私は神か預言者か!?

隣りで見ていた中国人のおばちゃんが、尊敬の眼差しを向けています。
この瞬間に結婚を申し込んだら、簡単に承諾してくれたでしょう。
途中、ベットを400HK$まで増やした回もありましたが、基本フラットベットで、200HK$が2,000まで増えました。
「もう賭けないのか?」というディーラーの視線をよそに、

「Thank you, byebye.」と言い捨てて、表に出ました。
大小なんてこれでじゅうぶん。沢木耕太郎の「深夜特急」第1巻さながらの大小での勝負でした。
マカオの王様、スタンレー・ホーさんに感謝です。
*オードリーの春日俊彰ではありません。フジテレビの新春かくし芸大会のハナ肇でもありません。誰も覚えてないか?

+800HK$に上昇。Y君への土産は缶詰めセットです。
「LOJA DAS CONSERVAS」。福隆新街入口そばにある魚の缶詰屋。有名です。




20:00より、リオ・カジノの2階に腰を落ち着けます。20万円をホールドして、10,000HK$をノンネゴチップに交換。
ゼロオロジーの「念じて赤に行け」の教えは有効でした。
300HK$minのテーブルで、プレイヤー(閒)の次は必ずバンカー(庄)に代わる罫線を発見。見を続けてほぼ連勝。
そうです。モニターの罫線で、バンカーは「赤」、プレイヤーは「青」で表示されます。テーブルの羅紗の表示は逆だったりするのですが、細かいことは無問題(モーマンタイ)。
信じる者は救われます。私の「赤」はバンカーだと決めて勝負に出ました。
その後、3個1個の罫線が続く500HK$のテーブルが、約1時間の大熱狂。
50人近い中国人と混じって、立ち張りで参加します。
10,000HK$→18,500HK$。累計+9,300HK$で終了。同僚の母君への土産はプーアール茶に。
ウィン・マカオ1階のバーラウンジで祝杯をあげ、後は4軒のカジノをパトロールして、AM1:30AMにホテルに戻ります。
公約どおり5,000HK$以上、浮かせました。
夕食は、ホテル前で買ったカレーおでん。
「スパイシー?」と尋かれ「Yes」と答えたら、とてつもなく辛い。飲み物代が50HK$(700円)以上かかりました。



現在、日本円で約12万円の勝ち越しです!!

波に乗れない2日目

8月27日㈯、2日目も11時にリオ・カジノに入ります。
10,000HK$をローリング後、2回目は勝ちきれず10,000$→7,000HK$。
一旦、終了してテーブルを変え、14時まで粘り、一時は9,000HK$まで戻すも、最後は6,000HK$で終了。
ここでホールドした20万円は救出。累計でここまで+5,300HK$。
今ひとつ波に乗れてません。

休憩後、松花湖水餃で炒飯を食べて満足し、4時間の仮眠。
*満腹で、副交感神経が優位な状況ではギャンブルはしないという教訓を実践しています。
明けて、8月28日㈰、AM3:00にリオ・カジノに出撃です。休養は充分だったのですが、5,000HK$→3,000HK$。
あわやの敗北後、幸運の女神「あやちゃん似」の女性を発見。
*あやちゃんとは25年近い昔、六本木のショーパブで働いていたフィリピン人のニューハーフ。テレビ東京の「ギルガメッシュナイト」にスタジオライブで出演するなど、店に警察の手入れが入るまでは港区の夜を賑わせました。このように私とも仲良し。

*このエピソードについてはこちらの記事でご紹介しています。〈中洲アカデミー〉で25年ぶりの再会~人生初の博多の夜~

2階の500HK$minのバカラ卓で、「プレイヤーは必ず一度で途切れる」という法則が再び出現。

500HK$チップを握り締め、立ち張りで徐々に増やします。

最高は5,500HK$まで到達しますが、5,000HK$で終了。プレイヤーの直後のバンカー(色は赤)だけしか賭けないので、今イチ伸びません。(バンカーが何回続くかの規則性がなかったが)バンカーのツラ目を追っていれば、もう少し増やせたかとやや反省。
りあえず、今夜は勝利に徹し、累計+5,300HK$をキープです。
朝5時頃に、ファラオ(法老王娯楽場)に寄り、プレイヤーの15ヅラを目撃。見つけた途端、終了しました。

3日目。石原慎太郎似のVIPが最悪

ホリデイインをチェックアウトし、最後の決戦の地、リオ・カジノへ。時刻はAM11:30 。
5,000HK$をバイインして、この日も立ち張りに専念します。目標は10万円の勝利。あと2,000HK$勝ちたいところ。
これに勝てばと賭けるバンカー(ここでも「念じて赤」)がことごとく外れ。同席していた石原慎太郎似のVIPがカードを捲ると、9割方、裏目を引きます。
ピットマネージャーの女性二人を引き連れる相当の金持ちと見ましたが、彼とは相性最悪。
最後も外しやがって終了。
結果、3日間合計+4,800HK$。日本円で、62,400円の勝利です。
通算6勝3敗1分。慎太郎さえいなければ……。
香港国際空港18:15発 UO622で羽田空港23:30着。
8月のマカオは灼熱でした。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。