熱闘!海外カジノ・マカオ篇#18《負けてる親爺の逆を張れ! 人間罫線で大儲け?》~2017年11月~

第18弾は2017年11月3~6日の2泊4日の変則日程。

今回のテーマは「人間罫線」

下品で浅薄なこのカジノ日記に、毎回テーマがあったのかと驚きの声も聞こえてきそうですが、無視して進めます。
バカラプレイヤーの端くれである私は、ゲーム中、テーブル上のモニターを食い入るように眺めています。
それは出目表といって、直近の対戦でバンカー(庄)・プレイヤー(閒)の、どちらのサイドが勝ったかが表示される掲示板。
ルーレットや大小の卓にもあるやつです。その出目の流れをバカラ用語で「罫線」と呼びます。

*見方をご説明します。左上から始まり、青が《プレイヤー》で赤が《バンカー》の勝利。同じ側が勝った場合は下に降り、違う側が勝ったら右に移動します。下の出目表は同じサイドが勝ち続ける、いわゆる「ツラ」が多い罫線といえます。



罫線は同じ側がずっと勝ったり、2個1個が交互に続いたり、様々な勝敗の波を表しているわけです。
偶然の産物のオカルトだと心の底では思っていても、何かにすがらなくては生きていけない弱い人間の我々は、それを神の啓示と信じて、流れに賭金と身をまかせます。

その神様が描いた出目の流れを超えるものが「人間罫線」。
人が持つ運の波というのでしょうか。
中国人はよく「勝ち馬に乗れ」といいますが、負けてる人間のことは踏みつけていきます。そう、ツキのない奴がいたら、その負の流れを徹底的に食い潰す。
私もマカオに通い始めた頃、リスボアの水晶宮カジノで絶不調の中、中国人の団体さんから徹底的に逆張りされ、(私が賭けるまで誰もチップを置きません。)席を立っても追いかけ回されるという屈辱を味わった経験があります。

「敗者に逆張り」こそ、最強のギャンブルの極意。
今回の記事は、負の宿命を背負った賭人を探して、一発勝負に賭けるというミッションの記録です。

1日目/11月3日(祝)

珍しく深夜のフライトで香港へ。シルバーウィークの真っ只中だったので、羽田国際ターミナルの駐車場に空きがあるか心配していましたが、4階になんとか停められました。
香港エクスプレスで航空代金は11,150円。座席指定料と税や手数料を入れて、総額14,130円です。
羽田空港23:55発 UO623便は、またも1時間近く遅延。6月以来、3回連続。K委員長の生霊はまだここにいるみたい。

*このくだりは過去の記事でどうぞ。〈熱闘!海外カジノ・マカオ篇#16《K委員長の暴走を止めよ ②》~2017年6月~〉
香港到着は思ったほど遅れず、約20分押しで4:30着。操縦士がかなり挽回してくれました。
まだバスも電車も動いてないため、到着ゲート外の無料ラウンジで、軽食とコーヒーをいただいて時間をつぶします。



6時ちょうど発のA11の空港バスで、上環の港澳碼頭には6:40着。運賃は40HK$。

15分しか時間がなかったのに、7:00発の澳門行きフェリーに奇跡的に乗船。174HK$。
大陸から来たスポーツ大会か何かの選手団と一緒になり、客層は最悪。酔っ払っているのかと疑いたくなるほど騒々しい。
宿泊は、カーサ・レアルホテル(皇家金堡酒店
午前9時ではチャックインさせてくれるはずもなく門前払い。荷物だけ預かってもらって、朝食にします。
フェリーターミナルまで戻り、ギャラクシー・ホテルの免費バスで、ブロードウェイ・ホテルのフードコートへ。
添好運點心専門店(チム・ホー・ワン)」で、飲茶。全部で103HK$。

*このお店の詳細はこちらの記事にて。【東京・日比谷でも大人気!】香港の飲茶の名店「添好運」の点心がマカオで食べられる幸せ《マカオの微妙なグルメ③》


今回はじめて「前蛋牛肉飯(卵のせ牛肉ご飯)」を注文しましたが、味が薄くてお薦めしません。
香港の人気店で、マーラーカオなど美味しいメニューも多いのですが、なぜか全体に甘ったるさを感じます。
AM11:00 チェックインまで時間がありますので、リオ・カジノ(利澳娯楽場)に向かいます。
前回よりはギャンブルへの意欲がありそう。日本円30万をホールド。
この時期の為替レートは、1HK$=15.02円。米国大統領の来日騒ぎでやや円安の兆し。

*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情

5,000HK$をチップに換えて、1時間半ほど2階でバカラに興じます。500HK$ミニマムのテーブルで、大人しく勝ったり負けたり。
しかし、同席していた中国人の罫線の読み方がどうも納得がいかなかったため、単独で反対側に賭けてみます。
当然、絞ることになりますが、その途端、4連勝。
やはり私の読みが正しい。
結局、+2,050HK$。約3万円の浮きで、12:15に終了。
13時にホテルにチェックイン。
エリートキングルームをBooking.comで予約。2泊で1,477HK$。



15時まで仮眠して、午後のお散歩へ。

夕食は水坑尾街まで歩き、路地の途中にある「富仕葡式美食(Rico’s Est de Comida)」のチキンライス。


テレビでもよく紹介されている、鶏の丸揚げの中にチキンライスを詰めた、ここだけの名物料理。
東京にあったら週に一度は通うでしょう。

*このお店の詳細はこちらの記事にて。「富仕葡式美食」のチキンライスは澳門No.1メニュー《マカオの微妙なグルメ⑤》
満腹のまま、コンビニに寄ってからホテルに戻り、本気で仮眠。さすがに徹夜のフライトで体内時計がぐちゃぐちゃ。
なぜか午前3時に目が覚めて、着替えてリオ・カジノへ。

*今は外壁工事中のためビニールシートが貼られています。

10,000HK$をバイインして、立ち張り中心に盛り上がっているバカラ卓を探し歩きます。
ちょこちょこ勝ちを拾い、最高は12,000。
5時近くになり、無駄なツラ目を追いかけて失敗。原点で終了。±0。
1日目の戦果は、+2,050HK$。負けなかっただけ良しとしましょう。
2日目に続きます。

続きを読む
1 / 3

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. KazeMakase

    コメントありがとうございました。
    私も2年半ほど前にマカオに通い始めたとき、要領を得なくて、たくさんの方のブログやサイトから情報を得て、無事楽しませていただけるようになりました。
    そのご恩返しのためにも、私の体験を失敗も含めて、皆様にお伝えしたいと考えています。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ハマトラ

    こんにちは。
    私も何度かマカオ遠征しています。
    多彩な料理が美味しそうですね。また、行く機会は食べに
    行きたいと思います。
    楽しいカジノ旅行記ありがとうございます。