熱闘!海外カジノ・マカオ篇#5《3個1個の罫線で12連勝!》~2016年2月~

4か月連続のマカオ遠征となりました。

2月26日㈮、ジェットスターでの渡航となったので、久々の成田空港です。
この前後の週に会社の合併と移転が同時にあるのですが、管理職なのに大丈夫なのでしょうか。
まぁ平気でした。(世の中なんとかなるものです)
往路はAM8:35発のGK21の香港便。
偶然、同じ部署のS浦君が、友達と香港旅行するということが分かり、同じフライトであることが判明。
早朝5時に新宿でS浦君をピックアップして、愛車プリウスαで空港へ向かいます。
第3ターミナルの出国審査場は中国人で溢れかえり、エラい混んでました。
間に合わないかもと焦ったのはこの時が最後です。
旧正月は終わっていましたが、この頃が爆買いのピークだったかも?

カーサ・レアルホテル(皇家金堡酒店)に泊まります。

安いのに、フェリーターミナルから近くて広くて良いホテル。
バス停が近いので便利です。
2泊で1,459HK$。税・サービス料込で24,177円。
*この頃の為替レートは1HK$=約14円。
ただ2日目にカードキーが壊れて、フロントを往復する羽目に。
香港に着いたのが13時頃で、上環のフェリーターミナル経由となるため、チェックインも夕方近くです。
早速、カジノへ。
まずはリオ・カジノに向かい、

ネットで調べたホールドという両替方法を試します。



ホールドというのは「日本円を質草に香港ドルを借りる」というカジノ独特の両替手段で、決められた時間までに両替した香港ドルを返せば、日本円がそのまま戻ってきます。
通常の両替だと往復で手数料がかかり、20万円近い両替だとBUYとSELLの差額で結構な損失となります。
ホールドならそれが片道でOK。

マカオではVIPプログラム以外だと、MGMとスターワールドとこのリオ・カジノが、ホールド可能の情報を掴んでいました。
ただ期間がまちまちで6時間という噂もあり、出たとこ勝負。

リオ・カジノ2階のケージでホールドできるか尋ねてみ
ます。
最初は英語が通じず、ダメっぽい雰囲気だったのですが、窓口の背後で立っていた上役らしい女性が出てきて、OKが出ました。
見ればホールドについて書かれた小さな案内板が置いてありました。

10,000HK$以上の両替なら2日間のホールドが可能とのこと。

パスポートを窓口に提出し15万円を預け、48時間のホールド成立です。

PM5:00~7:00 ファラオ(法老王娯楽場)のバカラ卓に腰を落ち着けます。

3,000HK$→3,000HK$  ±0

続いて、憧れのウィン・マカオ(永利酒店)へ。
5,000HK$をバイインし、勝負です。

500HK$minのテーブルでバカラを開始。
金曜夜ですがそれほど混んでいなくて、同席は一組くらい。
鉄火場感はゼロ。
出目も極端
な感じはなく、2000HK$ほどチップを減らし終了。
夕食を済ませます。

PM11:00 深夜のリオ・カジノ(利澳娯楽場)。
私は神となりました。


300HK$minのテーブルでした。
日が替わって1時頃、プレイヤー・バンカーの3個1個のパターンが3回続き、全部いただきました。

中華圏では、プレイヤーは「
」、バンカーは「庄」です。
出目を書けば下記のとおり。

閒 閒 閒 庄 閒 閒 閒 庄 閒 閒 閒 庄

バカラテーブルでは出目(直前の記録)をモニターで確認できます。
バカラ用語で出目表は罫線と呼ばれ、「大路」と呼ばれる罫線だと、上の出目は以下のように表示されます。

〇 〇 〇
〇 〇 〇

プレイヤー(閒)は青で、バンカー(庄)は赤で、左から右に表示します。
同じ目が続けば下に落ち、替われば横に流れます。

これ以外に小路とか大眼仔、甲由路などの記載の仕方があるようですが、私は勉強不足でそこまで理解していません。

同席していたのは、ラテン系の兄ちゃんと私だけ。
珍しく中国人が集まってきませんでした。
私が絞り始め、途中、ラテン系の方がベットが大きかったようでしたが、彼は私にカードをめくる役を譲ってくれていました。

ずっとふたりでハイタッチの連続です。
12連勝して、そのシューが終わりました。

ディーラーのおばさんもあきれ顔。
ずっと絞って神と化した30分間でした。
5連勝目くらいに1,000HK$にベットアップ。
でも信じる続けることができず、7回目からまた500HK$のベットに戻した自分が情けない。

3,000HK$で始めて、最大11,500HK$まで増やしました。
3時となり、9,000HK$で終了。
ここだけで10万円近い浮きですが、午前1時半にやめていれば、あと2,500HK$勝っていたことになります。
1万HK$のデカ丸チップに替えて、勝ち逃げしなきゃだめですね。
*デカ丸の1万HK$チップが下の画像。アメリカならビスケットと呼ばれます。

本日は累計+4,000HK$。

2月27日㈯ この日もなかなか好調です。
AM11:00  リオ・カジノで2,000HK$→3,000HK$。
しばし休憩です。
PM6:00  再びリオで、3,000HK$→5000HK$ 。
累計は+7,000HK$まで伸びました。

 午後8時となり、ウィン・マカオのバーラウンジ「Bar Cristal」で勝利の美酒です。
私が「ミス・ユニバース」と密かに呼んでいる南方系の美人バーテンダーに、羽田空港で勝った土産(桜の花の香りのするハンドクリーム)を渡したりして、コミュニケーションを図っていました。



その後に、カジノ前で、S浦君とその友達2名とばったり。

そう言えば、香港空港で別れる際に、「夜9時頃に必ずウィン・マカオ1階のバーラウンジに寄るから」と教えてありました。
カジノが初体験という3人を連れて、急遽、因縁のリスボアホテル(葡京酒店)へ向かいます。


ここが沢木耕太郎の「深夜特急」第1巻の舞台だと簡単に説明。
心の中で出入禁止となっている「水晶宮」の100HK$minのテーブルに並んで座って、バカラをレクチャーします。

皆、恐る恐る賭けていますが、まぁまぁ楽しそう。
私はといえば、1,000HK$をチップに替えて、負けずに済みました。
彼らの好奇心は、約1時間で終了です。
案外、あっさりしてるのね。
この後、金龍酒店でお楽しみらしく、店前まで案内して別れました。
ご苦労様です。


PM10:30となり、ウィン・マカオで5人掛のバカラ卓を見物していたら、無性に絞ってみたくなりました。
自分の力を試すため、サンズ・マカオに行きますが、混んでいたため、1時間ほど彷徨って、リオ・カジノへ。
3,000HK$のチップを握りしめ、最初の2回を誰もいないテーブルで勝負に挑みます。

ナチュラル8と9(最初に配られたカードの合計が8か9のこと)で、2連勝。

ここで終了しておけばいいものを、しつこく粘ったため原点に戻ります。反省。
午前1時まで遊んでいましたが、熱狂のツラ目が今夜は出現せず、いい加減疲れたので終了。

2月28日㈰ 、最終日は11時のフェリーに乗らなければならず、カジノには行かず、勝ちを確定させました。
海立方近くの「足康楽」でマッサージをして終了。全身マッサージで118HK$(約1,650円)

香港国際空港14:15発のGK22便で帰国です。
19:35 成田空港着。

累計7,000HK$  10万円オーバーです。通算4勝1敗1分となりました。

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*