【T’s Ukulele EC-100】夜でも弾けるサイレントウクレレ~僕のウクレレコレクション④~(試奏音声データ付き)

コレクション第4弾は趣向を変えて、エレキウクレレをご紹介します。

T’s Ukulele(ティーズウクレレ)のEC-100。

長野県松本市のセイレンという工房で、高橋信治さんがプロデュースしているブランド
そしてこのEC-100はサウンドホールがないんです。まさにエレキ仕様。

オベーションはPU付でもサウンドホールがありますからね。
アンプに繋がないとそれほど音が響きません。だから夜中に練習しても大丈夫。

マホガニー素材のボディとネックで作られたコンサートサイズ(全長600mm)で、ネックの根元まで14フレット。
日本メイドなのでネックの幅も太くなく、厚みもなし。

弦高も低めなので基本、弾き易いです。
2012年製で、現在の定価は70,000円のようです。
私はオークションでほぼ未使用という状態で4万円で手に入れました。
GOTOHのギアペグなのでチューニングも簡単。

他のエレウクにようにチューナーは付いていません。
中はこんな感じ。

ピックアップは、FishmanのAG-Ukuleleのようです。

800gと結構重いです。そのためかストラップを止めるピン付き。
ジャックは斜め下向きです。

アンプに繋がないと、音はこんな感じ ↓

サウンドホールがなく、反響しませんから、ペシペシした音です。残響も少なめ。

ここで、私が使っているアンプも紹介。

ピグノーズ7-100R。

出力は5Wしかありませんが、エリック・クラプトンも愛用している手軽さと音質が売り。
前面下についているスイッチのノブが、豚の鼻みたくなっているから、「ピッグ・ノーズ」なんですな。

乾電池(単3×6)でも使えるスグレモン。
たまにキャンプ場に持っていって、湖畔で鳴らしています。結構、人が集まってきますよ。

アンプから出した音はこんな感じです。↓

ちょっとウクレレっぽくないかもしれません。
コロコロしたウクレレの音の心地良さを感じません。
オベーションも含め、このてのエレウクの宿命です。
やはりウクレレはアンプから音を出すものではない気がします。
家での練習用に落ち着くのでしょうか?

でもこのEC-100。オベーションやフェルナンデスのZO-Ⅲ(エレキギターです)のような遊び心は微妙ですが、日本人が持つクラフトマンシップをしっかり感じます。
一本くらい持っていると重宝する逸品と言っておきましょう。

 

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*