「富仕葡式美食」のチキンライスは澳門No.1メニュー《マカオの微妙なグルメ⑤》【新情報追加】

私がマカオで最も愛するB級グルメ、「富仕葡式美食」のチキンライス


勝手にB級と決めつけて本当に失礼なんですが、極めつけのアイデア料理なんです。
富仕葡式美食(Rico’s Est de Comida)のチキンライス。
上の画像を見れば一目瞭然なんですが、鶏1羽の骨を尻から抜いて、その中に炒めたケチャップライスを満タンに詰め込んで、油で揚げるという大技。

テレビでマカオを紹介する番組では必ず取材を受けているのも、絵面がテレビ映えするんでしょうねぇ。
*私は3度見かけました。
皿にキュウリが2切れ申し訳程度に添えられていて、鶏の丸揚げ?が豪快に載って出てきます。それを店員さんがナイフで十字に切れ目を入れると、チキンライスが現れるのは圧巻です。
日本の洋食屋で最近流行っている「ふわとろオムライス」の卵にナイフを入れる瞬間も多幸感いっぱいですが、知らないで体験した場合の驚きはこちらが上かも?

 味はと言えば、皮はパリパリ(約13分揚げているそうです)で、中はしっとり期待通りのチキンライス。美味しくないはずがありません。
メニューには「燒雞釀飯」と書かれていて(〈シャオジー ニャンファン〉と発音するようです)、西洋料理店で修業した店主のオリジナルメニューだとか。
値段は118HK$(約1,650円)

2,000円以上の料理は美味しくて当たり前だと思っている私にとって
このチキンライスにマカオでナンバー1料理の称号を贈りたいと思います。

《追記です:2018年1月》
1月に訪問した時に、アサリのソテーをいただきました。

パクチーとレモンの風味が効いていて、日本の酒蒸しと較べると、爽やかで洒落た味です。
あっさりしているのでチキンライスと2品でも完食できました。
値段は60HK$です。

他にも、バカリャウ入りマッシュポテトのグラタン(忌廉薯蓉馬介休〈ジーリャン シューロン マージエシュー〉90HK$)が人気みたいです。
*バカリャウはタラの一種。

最近、お店をリニューアルしたようで、メニューやテーブルが新調されていました。
*画像は2階です。

 

場所はと言えば、南湾大馬路を背に、水坑尾街という通りを右折した羅憲新街にあります。

セナド広場から徒歩で約15分。
水坑尾街にある「ペッパーランチ」の角を曲がります。
エスカレーター付きの歩道橋が目印です。
月曜日が定休で、クレジットカード不可なので注意です。
辺鄙な場所ですが、食事時は1・2階とも満員になっていることも多いので、時間を調整してご来店ください。

洋食好きな方や、味覚がお子ちゃまの人は絶対気に入ると思います。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*