熱闘!海外カジノ・ソウル篇 2018年10月~仁川パラダイスシティがあってよかった~

社員旅行でソウルへ

1年ぶりの韓国遠征です。社員旅行で、全国6か所のオフィスから総勢40名近い団体さん。私としては、周囲の目に関係なく、カジノに通い詰めるので同じこと。
ただ食事会がちょっと苦痛…。
4年前の済州島も、食事会で酒を飲んだことで、その後のプレイに大きく影響しました。その夜10万円近く凹んだことで、挽回するのにどれだけ苦労したことか。今回の解決策は如何に…。

出発日は10月11日(木)

羽田空港9:15発の大韓航空KE2712便。LCCでないフライトは1年ぶり。キャリーバッグを事前に預けたり、機内食が出たりと結構、新鮮な体験が続きました。
去年のアシアナも同様でしたが、機内食ってまったく食べる価値なし。
小さな鰻の蒲焼をのせたご飯(あえて鰻丼とは呼びません)に、なぜかパンが添えられてます。こんな食事で胃袋を満たしてしまったら、現地に着いてからの幸せなランチが台無し。
*私は羽田空港で、ルーティンの「六厘舎」の特製つけ麺1,080円を同僚といただきました。


大阪と名古屋出身の方々にも好評でした。
到着はなんと金浦空港でした。懐かしささえ覚えます。
他の空港から来る同僚は、3班とも仁川空港インだったのに…。ただし他のフライトと競合しないため、荷物の搬出も早く、ある意味、得したかも?
団体旅行なので、観光がつきます。今回はホテルのチェックイン時間まで、明洞のロッテ免税店でお買い物。


韓国人の女性ガイドの朴さんが、しきりにBBクリームだの、クレイジーモンキーの〇〇だのを買うように、バスの中で命令しています。
着いてまだ1時間も経っていないのに、そこまでショッピングに飢えている客がいるのかなぁ?
ホテルに降ろされたのは、15:15。
ベストウェスタン・プレミア・ホテル国都。明洞と東大門の真ん中あたり。地下鉄2号線の乙支路3街と4街の中間で、大通りに面していて、便利な場所でした。
*ただベストウェスタンのグループになったのが最近のため、殆どのタクシーの運転手に通じません。
(セブンラックヒルトンカジノの帰りのタクシーで、全然違う場所にある「ウェスタン・チョウセン」に連れていかれました)
部屋に入って荷を解くのもそこそこに、早速おでかけです。食事会は17:30に集合なので、同僚2人とまずはカジノです。

目的地はセブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン。

宿泊ホテルからタクシーでいったら、所要時間10分。4,800₩でした。
500円で行けちゃうんですねえ。韓国のタクシー安っ!
*ホテル前でボーイに案内を頼んだタクシーだったのですが、乗る前に一悶着。白髪で角刈りの運ちゃんは日本人が嫌いらしく、凄い不機嫌。
ずっと舌打ちしていました。だったら乗車拒否すればいいのにねぇ。
で、セブンラック・カジノ。


ガイドから6万₩の引き換えクーポンをもらっていたので、それを握り締めて、カードを作ります。
2枚渡されます。



*あとで分かったのですが、この俳優が映っているカードは、T-moneyカード(韓国の地下鉄やコンビニで使えるICカード)だったようです。チャージすれば普通に使えるよう
クーポンは2種類。5万₩のテーブル用ベッティングクーポンと、テレビゲームで使える1万₩のクーポンです。

*すみません、写真を撮り忘れました。
手続きを済ませ、カジノ内へ。
木曜の昼下がりなのに、凄い人の数。
バカラは、ミニマム1万₩が2台あり、他に3万、5万、10万が数台ずつ並んでいますが、全ての椅子が埋まっています。
それどころか、安いテーブルは二重三重の人の群れ。2台ある大小や、3台あるルーレットも、人の輪は似たようなものでした。ブラックジャックだけは探せば席が見つかる感じ。
一番驚いたのは、煙草の自販機の横にあったスマホの充電ロッカー。1コマ15cm四方のラックから、3種類のケーブルが出ています。剥き出しのラックのため、鍵もありません。日本語も含めて、「ビデオカメラで監視中」と看板が出ていますが、なんとも無警戒。
*とはいえ、私は1時間ほど利用させていただきました。
さてさてゲーム開始。
とてもじゃないけど席が空かない状況だったので、同僚のHさんが好きなルーレットへ。
5万₩のクーポンをそっと赤に賭けます。
ちゃんと赤に落ちます。
チップをゲット。
いったん場を離れ、もう一人の同僚Iさんに、ルーレット、大小、バカラのルールと賭け方のレクチャー。
隣りの大小のテーブルで、小が続いていたのを見て、「小」に5万₩。10に見えたのですが、1・4・6の大でした。
チップ没収。
でも、もう1枚クーポンを入手してあるんです。
弊社の社員旅行は、我々が4班めで、1か月前に行かれたGさんから、余ったクーポンをいただいていました。
これも使ってしまいましょう。バカラの3万₩のテーブルへ。
プレイヤーのツラが4回続いていたので、1番シートの脇から、そっとクーポンを置きます
よく見えなかったのですが、勝ってました。もらった5枚の1万₩チップを今度もプレイヤーへ。
次も勝利。

10万₩になりました。

ツラが続いてきたため、このテーブルにも中国人が続々と集まってきます。足は踏まれるやら、肩はぶつかるはで、とても不快な状況。退散します。
ルーレットの卓に戻ると、Hさんはすでに両替を終えて、席に陣取っています。好きですなぁ。
Iさんはテレビゲームの方を見学中。
Hさんがチップを失くしたところで17時近かったので、お開きにすることに。
キャッシャーでチップを5万₩札2枚に替えてもらいます。
セブンラックの両替レートはなかなか優秀。空港の両替所は1万円で94,000₩。
旅行ガイドが送迎バスの中で両替してくれたレートが97,000₩。カジノが1万円=99,500₩でした。
*ガイドに訊いた時は、カジノより私の方が良いレートだと自慢げに説明していたのも、偽りだったのね。

そして食事会。金剛山の焼肉屋で、サムギョプサル(豚の三枚肉)です。
話は、先程の酒飲み回避策に戻ります。
私は乾杯の挨拶を幹事から任されていたため、最初にぶっちゃけてしまいました。
「先月、旅行したマカオのカジノで20数万円負けているので、今回は生活がかかっています。ギャンブルにお酒は厳禁なので、絶対に私に酒を注がないように」
そして、ウーロン茶の缶を握り締めて乾杯。

まるでギャンブル中毒者セラピーでの告白。
皆さん、なかなかカジノ愛好者を理解できないようで、その前の1年間は、それ以上に勝っていたことを説明するのが大変でした。
軍資金として40万円近く現金を持っているだけで、引かれちゃいますからねぇ。
団体旅行の宿命なのか、料理は酷いものでした。
肉はサムギョプサル、オンリー。店員が来て、焼いたらすぐハサミで切ってしまうので、4人に2皿出てきた肉も15分足らずで終了。
30分も経っていないのに、冷麺は辛いのがいいか、普通がいいのか訊いて回っています
食事会って2時間近くやる予定だったんじゃないの?
結果、19時15分には締めの挨拶。こちらには都合が良かったのですが、私は冷麺も口をつけただけ。
送迎バスでホテルに戻ります。
今夜の予定は、ルーレットのHさんと、これから仁川へ向かいます。

そう、パラダイスシティ。

同僚の中にはカジノに興味を持っている方も多かったので、一緒に仁川へ行かないかと誘いますが「そこまでは」って感じで断られました。
結果、ルーレット好きのHさんと2人だけ。
ソウル市内のカジノ(ウォーカーヒルやセブンラック)に出かけたところで、人が多くて楽しめるはずがないと予想がつかないのかなぁ。
次ページはいよいよ仁川パラダイスシティでの勝負の一夜です。

続きを読む
1 / 4

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ハマトラ

    こんにちは。
    ソウルより勝利の凱旋おめでとうございます。
    途中の方が勝っておられたので、喜び半分かも
    しれませんが、勝ちは勝ちですよ。
    マカオの負けを少しは忘れる事が出来たのでは
    ないですか。
    それよりもソウルは席が無いことが問題ですね。
    マカオより手軽に行けるから韓国に行く事が多い
    私にとっては考えさせられます。
    釜山はガラガラなんで大丈夫ですが、
    ソウルは考えさせられますね。
    また、マカオで一緒させて下さい。