熱闘!海外カジノ・マカオ篇#34《執念が生んだ奇跡。100HK$でも勝って還る!》~2020年1月~

▶ 目次
1日目:爆睡後の辛勝
2日目:マカオビール1本が運の尽き?
3日目:起死回生の戻り目
*当ブログが50万アクセス突破

1日目:爆睡後の辛勝

令和2年最初のマカオ遠征は1月11日㈯から3日間。
また1のゾロ目ですねぇ〜。
香港エクスプレスUO625便は6:30発。航空運賃は片道各6,780円。諸税や座席指定料などを入れて、総額25,510円でした。
家をAM3:30に出て羽田空港到着は4:25 。正月休み明けの3連休初日なのに、なんとなくターミナルが空いている気がします。
定刻に離陸。香港着陸は10:20。香港でも「e道」という自動化ゲートを通過できる登録をしているので、ストレスなく進みます。心なしかデモを警戒するポリスの数も減ったような…。
バス乗り場でB4の路線バスもすぐに来て、11:00発車。客は20人。

港珠澳大橋を渡るバスの略称は「
HZM Bridge Shuttle Bus」なんだとか。
香港のこの日の気温は21℃。薄手のダウンジャケットの下にカシミアのセーターを着こんでいたのですが、東京の10月下旬並みの温度なので、さすがにダウンだと汗が止まりません。
周囲を見ると、香港ではウール素材を着ている人がいないことに気づきます。高い湿気の関係でしょうか?
木綿のシャツかTシャツを着て、寒くなったら化繊のダウンやジャンパーを着る習慣のようです。
沖縄なんかと同じで、セーターやウールのコートは重くて中途半端なんですかね?

横断バス(運賃65HK$)は11:17に発車。ジャスト12時にマカオに到着。
※この時期の香港HK$の為替レートは、1HK$=約14.0円

路線バスは102X(6HK$)を選択。待ち人は10人弱ですんなり乗れました。

4つめのバス停「外港埠頭」で降車。
フェリーターミナル1階のSIMカード売場で、CTMの3日間有効のSIMを100HK$で購入します。

実は12月の末から、SIMカード利用時に実名の登録が必須となったと聞いていたのですが、操作方法に不安があったので、自販機で買わず、売場のお姉さんにSIMの入れ替えをお任せしました。
作業を注視していたところ、いつもと違う手順はなかった気がします。
困ったら地元の人にやってもらうのが一番。
これで私のSIMフリースマホ「OPPO AX7」も通信可能な状態となりました。


3番の路線バスで、宿泊先のリオホテル(利澳酒店)に着いたのが午後1時。
チェックインの手続きは済んだのですが、部屋の用意はできておらず、3時まで待機。荷物だけ預けてランチです。
昼食はカフェリトルトウキョー。
場所はサンズの近く、グランドラパホテルの裏手にあります。

日本人オーナーが経営するカフェは、マカオではここだけとか。
オーダーはカレーオムライス&ハンバーグ。

そしてデザートは、アップルパイとレモンティー。

見た目どおりの安定した味です。ただレモンティーはアイスをお願いしたのですが…。
会計は145HK$。
*カフェリトルトウキョーについての詳細は、別の記事で紹介しています。マカオでオムライス?「カフェリトルトーキョー]〜マカオの微妙なグルメ㊳〜
さぁカジノの時間です。
12月の訪澳では、翌日からの香港競馬がメインだったので、カジノに費やす時間も少なめでした。なので今回はかなりの本気。
14時に萬龍カジノ

慣らし運転には最適の、200HK$(約2,800円)からバカラがベットできる大衆向けカジノです。
まずは3,000HK$(約42,000円)をチップに換え、200と300HK$minのテーブルで勝負開始。
土曜の昼間とはいえ案外空いていたので、カードが絞れる状況なんですが…、
最初の2枚が合計1ばっか。
*バカラはカードの合計を1の位で争います。9が最強。
いきなり3連敗から始まり、2勝8敗というペース。1時間後にはチップが1,500HK$。
▲1,500HK$(約21,000円)のマイナススタート。
頭を冷やすために、しばしのお散歩。

ホテルにチェックインする前に宮崎麺飽店
とセブンイレブンを回り、当面のドリンクと食料を買い込みます。

私はここのオリジナル?のマンゴージュースが大好きなわけです。果肉のプチプチがたまらん。
25HK$(約350円)もするのですが毎日買っています。

ちなみにシュイップスのクリームソーダのペットボトルも、よくマカオのコンビニで買います。

リオホテルへの入室は17時。私のマカオでの最多宿泊日数を誇る常宿です。
スタンダードルームが、スーペリアルームに無料アップグレードされていました。
バスタブとシャワーブースが分離していて快適です。

宿泊料金は土日泊で20,343円。昨年の秋頃から周辺のホテルと比較してお得な値段に下がってきています。
※Booking.comの10%割引適用。
*マカオ市街のホテル評価はこちらの記事です。マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜

荷を解いたら眠気が襲ってきて案の定、爆睡。
毎度のことながら、起きたら23時。寝るためにマカオに来ているんじゃないんだから。
着替えて、2階のリオカジノ(利澳娯楽場)へ。

東京でスマホのバカラゲームをしている時に、なんとなくコツを掴んでいます。
今回はツラ目を徹底して追おう。
分からない時は対子(ペア)で流す、そう決めて、1万HK$をバイイン。
300HK$minのテーブルに陣取り、端っこに着席し、謙虚にゲーム開始。
途中、庄(バンカー)と対子のダブル的中から調子が出てきて、最高で手持ち13,000HK$。
だいたいイーブンベットで賭けていますので、10コマ分勝ち越している計算。

夕食も食べていないので、午前2時に一旦終了。最後は12,
100HK$。
+2,100HK$、 この日の累計で+600HK$という結果。 なんとか水面に顔を出しました。
水坑尾街まで歩き「皇冠小館」を目指したものの、深夜2時だとすでに閉店。大馬路まで戻り「百福麺家」もクローズしていました。
最近のマカオは夜が早い気がする…。
終夜営業しているレストランはもはやグランドリスボアしか浮かばない。

カジノに入店してからそのまま階段で5階まで昇り、「日夜珈琲室」に着席。

こんな夜中に、こんな重たいものは東京では絶対に食べないんですけど…。

〈グランドリスボア・スタイル〉と銘打たれたポークチョップライス(120HK$)とアイスミルクティ(45HK$)。
炒飯の上にケチャップを纏ったトンカツを載せた逸品。カツの食感もしっかりしていて、銀座あたりの洋食屋のメニューで出しても人気となりそうな味です。
合計176HK$。
*日夜珈琲室についての詳細は、別の記事で紹介しています。ポークチョップライスが最強!「グランドリスボアの日夜珈琲室]〜マカオの微妙なグルメ㊴〜
昼も夜も野菜を全く食べてない。
そのままグランドリスボアに残り、4階の緑金會の200HK$minのテーブルでバカラ開始。
時刻はすでに午前3時。一進一退で進みます。
10,000→10,200HK$。沈みかけていたのを、やや挽回して終了。
累計で+
800HK$。1万円を超えました。
性懲りなく、ホリデイインとリオカジノを覗いて、部屋に戻ったのはAM4:15。
リオの2階のバカラテーブルで、並んだ4台全てが5回以上のツラ目(連続で同じサイド)だったのは心が躍りました。そのうち2つはL字罫線。
さすがに着席するのはやめておきましたけど…。
*閑話休題。マカオ新聞で後日知ったのですが、この1月11日は広東省珠海市の關閘イミグレーション(通称:ボーダーゲート)経由の出入境者数が、49.9万人に達し、単日の最多記録を更新したんだそうです。
春節(旧正月)を2週間後に控えた、いわゆる年末の買い出しで、大挙して人が押し寄せたってわけです。僅か人口約66万人のマカオの街に、その3/4に及ぶ大陸人が1日で入ってくるわけですから大騒動ですな。

2日目:マカオビール1本が運の尽き?

12日㈰は8時半に起床。
朝食は人気沸騰中と噂の「馬慶康南天珈琲室」。
3番のバスで提督/紅街市で下車。そこから徒歩で10分弱。
/
ローカル色漂う庶民的な街並みの中に、ポツンと佇む茶餐廳(チャーチャーンテーン)。

外観の画像では分からないと思いますが、店内は怖ろしいことに…。

夥しい人の行列。
なぜ店内に並ばせているのかも意味不明なのですが、とにかく中のレジに向かって、客が行列しています。
私が来店した時は運よく5人しかいなくて、2分と待たずに席を確保できました。
そして、皆が頼んでいるのがこれ。

「華田芝士西多脆脆」というフレンチトースト。
普通の香港式のフレンチトーストとの違いは、揚げた食パンの中にチーズが入っていること。
さらに表面にはこっちでは「阿華田」と呼ばれるオバルチンの粉が大量に乗っています。
オバルチンとは日本で言えばミロのような麦芽飲料のことだそうです。その上はチーズでなくバター。
客の8割がこれを頼んでいます。

トーストの熱で、バターとチーズが溶けて、なんだか分からなくなっています。
特に甘いわけでもなく、不思議な味。
これに菠蘿油(パイナップルパン)瓶入りミルクティー


これだけ食べて69HK$(約1,000円)は人気の秘密かも?
*馬慶康南天珈琲室の詳細は、別の記事でご紹介しています。進化形香港式フレンチトーストに大行列![馬慶康南天珈琲室]〜マカオの微妙なグルメ
旧正月が近いからなのか、日曜朝の商店街は結構な人出。

縁起の良さそうな飾りもたくさん売られていました。

さらにこんな看板も発見。

京唄子が甦ったかと思った。
大馬路までバスに乗り、徒歩でセナド広場方面へ。何年かぶりに、セントポール天主堂を見物。

この近所で偶然、通りがかった寺院で今日のカジノでの勝利を祈願。

お願いだから、2万HK$勝たせて~!!

「神に祈って、カジノで賭ける」、これがわたしの生きる道。

有名なエッグタルトの店の裏手で、異彩を放っているソフトクリーム店を発見。
入らずにはいられません。

店名はストレートに「舞伎(まいこ)」。
「こ」の字は「妓」が正解では?

抹茶と焙じ茶のミックスを注文。抹茶とバニラのつもりだったのですが……。
お値段は32HK$。マカオでもソフトクリームは500円が標準のようです。
*舞伎の抹茶ソフトクリームの詳細は、別の記事でご紹介しています。マカオで抹茶ソフト!?〜「舞伎/Cafe MAIKO」【ソフトクリームLOVE #9】
完全にジャンクフード・トラベル!!


なんか長い1日の途中ですが、まだ13時。
リオホテルに戻り、2階のカジノへ。

迷いなく、ツラ目を忠実に追っているといい感じ。
L字罫線2連発で波に乗ります。
庄(バンカー)13ツラと閒(プレイヤー)7ツラのテーブルに運よく乗っかりました。
最後は少し減らしたものの、10,000→12,500HK$

累計で+
3,300HK$。ここまで約47,000円の浮き。
またしても余裕のお散歩です。

早めの夕食を摂ろうと、16時半にナーチャ廟の裏手、連勝街という通りにあるスペイン料理の店を探しましたが、見つけられず、結果的には水坑尾街まで戻り、昨夜入れなかった「皇冠小館」へ。

相変わらずガチャガチャした店です。そう言えば、2020年のミシュラン・ビブグルマンから外れていたような…。

蝦子撈麺雲呑という定番のオーダー。

竹で打った腰のある麺が、しこしこして美味。
左にあるスープも海老の風味が強くてイケるんです。

そして珍しくマカオビール。

〈ホワイトエール〉という新しいブランド。麒麟麦酒が製造しているので喉越しOK。
ただ、この1本のビールが運命を左右したような…。
会計は211HK$。これで3千円は高いかなぁ。
*皇冠小館についての詳細は、別の記事にて紹介しています。〜皇冠小館の「蝦子撈麵」は本当に美味しいのか?《マカオの微妙なグルメ⑩》〜
17時半にホテルに帰還。GPSを見るとすでに10km以上歩いています。
ホロ酔いのまま、腰にきて仮眠。
起きたら21時半でした。ビールの酔いはほぼ抜けていますが、足腰がだる重〜い状態。首と肩もバリバリで頭もぼんやり。
でもカジノに向かってしまうのが習性といえば習性。
22時よりリオカジノ(利澳娯楽場)

1万HK$バイインで、最初は好調だったんです。
300HK$minのテーブルの9番席に座って、地道にツラ目を拾っていき、すぐに最高
11,700HK$。
23時頃の段階で合計7万円の利益。
もうこりゃ今回の遠征は負けないなと油断したところから、運命が反転しました。
どんどん裏目を引きます。
ツラ目を追うのか罫線のパターンを追うのかが、決められなくなってから調子が狂いました。
対子(ペア)に張ってもこんな時は当たりません。賭けた次の回が対子だったりするのは、暗雲の予兆。
明けて、0時半には10,000→8,200HK$。
▲1,800で累計も+1,500HK$に後退。

徒歩で外港埠頭近くのレジェンドパレス(勵宮娯楽場)へ逃避します。
私の中では勝率が高いと思い込んでいるカジノです。
ここでも1万HK$バイインして、300HK$minのテーブルに着席。
ラテン系の西洋人と中国人のオバちゃん軍団が一緒くたに混じった、まるでマカオ料理のようなバカラ卓でした。
映画「レオン」でジャン・レノに仕事を回すイタリア料理店の店主に似たオヤジが、絞りの中心だったのですが、このお方があまりツラ目に乗ってこない。
ツラを追う私が対抗して、捲りあいになっている間は、6対4レベルでこちらが優勢。店主が去り、その隣りにいたNBAの元スパーズのティム・ダンカン似のスキンヘッドだけが残ったところから、場が一気に陰気になりました。
夜も更けてきているので、ダンカン氏もオバちゃんたちも熱く賭けてくれません。
私だけが張り切って絞っている時間が長く続き、次第に持ち堪えられず負けが込んでいきます。
最初はチョイ浮きだったのですが、負けが▲1,500HK$を超えたところで踏ん張れません。
眠気も襲ってきて、頭も朦朧としています。
やはり夕方のビールが疲れを呼び込んだ?
とうとう累計でもマイナス圏内に。
ブチ切れて席を立ち、深夜で客のいない500HK$minのテーブルを巡回し、単独でカードを捲ります。
こんな時は勝てるはずがありません。無意味に1勝5敗。
結局2,000HK$を吐き出して、最後は手持ち5,000HK$で終了。
勵宮娯楽場だけで5千やられています。
AM2:30。徒歩でリオホテルに戻ります。
なぜかモヤモヤが晴れず、2階のカジノに寄り、性懲りもなく3,000HK$だけチップに換えます。
席につかず、立ち賭けで勝負。
3連敗…。
飛び込み自殺で何回死ねばいいのか?
ここでも1,500HK$減らして、累計はとうとう5,000HK$のマイナス。7万円の負債。
夜23時頃は7万円勝っていたのに…。
最後はバカラに狂ったゾンビのようでした。3時就寝。

3日目:起死回生の戻り目

1月13日最終日。気持ちが晴れているわけがありません。
それでも9時に起き、リオホテル前の「麗濠閣酒家」へ。

飲茶がまぁまぁいけるとマカオナビで紹介されていました。

モザイクだらけですけど活気があるお店です。

プーアール茶を頼み、点心は上の4品。マカオナビの情報が6年前で、だいぶメニューが変わっていました。
どれも絶品とまではいかないけど、安定して美味しかったです。特に小籠包はスープが多くて好印象。
お会計は121HK$(約1,700円)でした。
*麗濠閣酒家についての詳細は、別の記事にて紹介しています。高美士街にある飲茶の店[麗濠閣海鮮酒家]〜マカオの微妙なグルメ㊵〜

11時にホテルをチェックアウトし、そのまま2階のカジノへ。

覚悟の5,000HK$バイイン。
3,000まではやるつもり。
会社で一緒のS女史に似た黒縁メガネで太ったディーラーがいる300HK$minのバカラ卓の1番に陣取ります。
実はこのディーラーとは好相性。
罫線は完全にテレコ。
庄(バンカー)と閒(プレイヤー)が交互の流れを忠実に追っていきます。
私の張りがあまりにも潔いのと、300か500しか賭けないくせにやたら威勢がいいのを、周囲の中国人が面白がって、私にずっと絞らせてくれていました。
テレコが6回続いた時には、隣りの中国人の初老のオバちゃんが私を尊敬の眼差しで見つめる始末。
「ハングォレン(韓国人)?」と訊かれ、
「ウォー・シー・リーベンレン(日本人)!」と力強く親指を立てて応えてあげました。
この場だけに限らず、今回の遠征ではずっと気力に満ちていたので、どのテーブルでも注目を浴び、何度も「どこの国から来た?」と尋ねられていました。
独りで来た日本人で、あんまり他人の張りに声で応援したり、笑顔を振りまく輩がいないので、珍しいんでしょうねぇ。
こう見えて私、とても社交的なんです。
知らない人には愛想がいいだけなんですがね。
最初のテーブルは結局、テレコが8回続いたままボックスが終了。
3,000HK$の勝利で、負債はあと
2,000。
まだ帰りのバスに乗るリミットまで、2時間近くあります。
20分ほど立ち賭けでうろつき、先程と同じ、運のいいテーブルに戻ります。
席も同じ1番でディーラーも同じS女史。
一進一退のあと、やはり戻り目の波が訪れます。
5,000HK$で始めたので、手持ちが10,100HK$まで増えれば、3日間の累計がプラスになります。
9,600から、500HK$を張った勝負は一度目は敗北。
どう見ても、同じ目が2回以上続かない流れの中で、また9,600になったところで、500HK$チップを庄(バンカー)
に置きます。
閒が6、対して庄が8。
手元のチップが1万と100HK$となりました。

+100でジ・エンド。勝てばいいんです。
高額のチップに両替してもらい、この旅2度目のデカ丸を貰って勝ち逃げします。
S女史に「3days, Just winning.」と言って、100HK$チップを掲げ、おどけて見せてやりました。
「アンタ、小さいわねぇ」といった表情を向けられましたが、それはそれ。
7万円勝ちから14万円凹んで、さらに7万円戻したという事実。

まさにアストロ球団のような執念。
「夕食でビールを飲んでなかったら」とか「夜中にぶち切れた飛び込み自殺の連続を回避できていたら」と反省は必要でしょう。
でも俺は負けん!
マカオ通算22勝12敗1分け。
早めにカジノを離れ、リオ ホテル横のカフェでカプチーノ(32HK$)を余裕でいただきます。
リスボアホテル前のバス停まで歩き、102Xの路線バス 。

時間が余っている時ほどすぐ来るもので、2分と待たず乗車。HZMブリッジに着いたのが13:40で、14時にシャトルバスに乗車。
香港口岸には14:40に着。すぐにB4バスで香港国際空港へ。
先月から第2ターミナルが改装のため、香港エクスプレスも第1ターミナルにお引越しです。
空腹かどうかも分からぬまま、ただ時間があったので久々に「味千」に入り特製ラーメンを注文。


コーラ付とはいえ130HK$(約1,800円)とバカ高。
香港エクスプレスUO32便は17:50発に離陸、羽田空港にはほぼ定刻どおり22:40に到着しました。
次回のマカオ遠征は、3月14日㈮〜16日㈰の予定です。

ブログが50万アクセス突破

2017年9月に始めた当ブログが、いよいよ50万回のアクセスを超えようとしています。
読んでいただくだけで有り難いことなんですが、そもそもアクセスとPV(ページビュー)の違いってなんでしょう?
アクセス数は、当サイトへの訪問者数とほぼ同じです。
純粋に訪問者数と言い換えることができないのは、リピーターの数が含まれるから。少なくともこの「風まかせ運まかせ」ブログを40万人以上の方が見てくれたことになります。
対して、PV(ページビュー)は訪問者がWEBサイト上で訪れたページの数を表します。したがって、1人の訪問者が10の記事を続けて閲覧された場合は、1アクセス&10ページビューとなるわけです。
そもそもは、マカオのカジノ遠征の記録を書き連ねた備忘録みたいなものだったのですが、近頃はすっかりグルメブログに成り下がっているという噂もあります…。
マカオカジノの記事についても、過去最大に負けた2018年10月の遠征の記事が、最もPVを稼いでいるという事実が何とも皮肉です。GeogleやYahooの検索順位でも最上位に来てしまうのが、不満と言えば不満。
まぁ他人のギャンブルなんて、勝った話より負けた話の方が心地よいですからねぇ。
同僚などにカジノの話をしても、〈博奕も止めらないろくでなし〉とマウンティングしたい感情もあるでしょうし、〈親友の失恋が最も快感〉なんていう潜在意識もあるでしょうから、負けた時の体験談の方が響くんです。
すみません、グチっぽくなってしまいましたが、せめてブログの読者の皆様には温かい目でご閲覧いただきたいと願っておる次第です。
長文へのご愛読ありがとうございました。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 5 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. KazeMakase

    ひが3様
    ご愛読ありがとうございます。
    ほとんどの場合、単独でカジノにおりますので私ではありません。主戦場はリオカジノか萬龍かと思います。
    ローべッターなのでNNチップを買うとしてもリオだけで、付くポイントも大したことがないので利用したことがありません。

  2. ひが3

    いつも参考にして拝見させていただいております。

    私もこの3連休+前泊1日でマカオに行ってきました。
    最近の主戦場は、東方娯楽場、万龍、回力でして、東方では珍しく4、50代前後の日本人の方3名が長い時間バカラとBJをされていたので、もしかしたらKazeMakaseさんかと思いましたが、行かれていないようですので、違うようでした。

    KazeMakaseさんは、NNチップを購入する際は、現金キャッシュバックを選択されるのでしょうか。
    ちなみに今回、東方娯楽場で4000HKDで15HKD相当の引換券が4枚もらい、この4枚で指定した時間に珠澳大橋のボーダゲートに送迎車で送って頂けました。

  3. t.tana

    あのフロア全体が緑金會というんですね!
    知りませんでした。ありがとうございます。

  4. KazeMakase

    エスカレーターを普通に1階ずつ登っていくと4階にある平場のカジノのことです。特に入場制限もありません。ルーレットもありますよ。

  5. t.tana

    グランドリスボアの4階の緑金會って、どのあたりにありますか?