「かつ壱」のボリュームに驚嘆~《目黒のとんかつ御三家》勝手に比較②

《目黒のとんかつ御三家》シリーズの第2弾

お店の名前は「かつ壱」さん。
目黒西口の正面、屋上に久米美術館が入っているビルの地下1階にあります。
*営業時間 11:00~14:00 17:00~21:30 定休日 日曜・祝日。


前回、紹介した「とんき」と較べると、店の規模は全く違います。
カウンターに7人、テーブルに10人程度のキャパシティ。


でも、リピーターの多さはこちらに軍配があがりそう。昼も夜も店前の椅子で待っている客がいないのを、目にしたことがありません。絶対に週2回以上、通っている客がいるでしょう。
夜も案外メニューが豊富で、とんかつ以外の揚げ物やつまみになる料理を提供しているため、会社帰りに一杯やる客が多く、予約の電話をしても断られることが、ままあるようです。

私も食欲が旺盛な日はランチでお世話になりますが、数人待っていることが多く、やむなく諦めることも。
今回は、やはり同僚のA氏と一緒に、遅い昼食としてPM1:30頃に訪問。
運よく待っている客が1人で、すぐに食べ終わった客が出てきたため、3分と待たずに入店できました。
ランチメニューは以下のとおり。


私はここではロースかつランチ(1,100円)が鉄板。A氏はやはりヒレかつランチ(1,100円)。
カウンターに陣取り二人で、とんかつを揚げる様子を凝視します。
小麦粉と卵が入ったバッターに2回ほど分厚い豚肉を漬け込み、パン粉をまぶします。とんきと較べると明らかにパン粉が粗目です。
揚げ時間は約10分というところ。見た目サクッとした、クリスピーな印象。

かつ壱の特徴は、その肉の分厚さ

1.5cmくらいはありそう。我々が抱く、美味しいとんかつのイメージそのままの姿が目の前にあります。

これはロースかつ。

こちらはヒレかつ。
いやはや結構なボリュームです。キャベツも皿の上に7~8cmの高さで盛りつけられています。
口の中に入れると、肉の柔らかさとともに、ロース肉の脂の甘みが広がります。見た目どおりのサクサクの衣と、柔らかい肉のバランスが絶妙ですね。
ご飯も進みます。常連の方に聞くと、ソースではなく塩で食べるのもイケるそうです。

評価をお伝えする前に、次の画像をご覧ください。

一目瞭然。お皿がすべてを物語っています。
ロースかつについては、ここんちが一番だと思います。A氏もまずまず満足な表情を浮かべておりました。
ただ量がかなり多いので、胃腸のコンディションがよくないと胸やけすることをお忘れなく。

オフィス内の評判も、男性陣は3店舗の中で、このお店を押す人が殆どでした。確かに客層も、男性比率が高かった印象です。

ランチメニューにあるカツカレーはコスパ抜群!!


サラダとセットで950円。明らかに、とんかつが主役のカツカレーです。

カレー用じゃない普通のロースかつがご飯の上に鎮座していて、カレーとともに、とんかつも食った~という満足感が充満することでしょう。カレー自身も、とろみはありませんが、ほのかに辛さが効いていて後を引きます。
これで千円以下は安すぎかもしれない?

次回は、「《目黒のとんかつ御三家》勝手に比較③」として、知る人ぞ知る、隠れた名店「大宝」をご紹介します

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。