熱闘!海外カジノ・マカオ篇#14《絶対負けられない戦い。マカオで勝ち逃げせよ》~2017年3月~

▶ 目次
1.ここまでマカオで7勝6敗

2.リアリストで臨んだ1日目
3.立ちっ放しの2日目
4.3日目〜勝者の朝食

ここまでマカオで7勝6敗

前回の敗戦で尻に火がついてきました。今回は負けられません。怒涛の3連勝から始まったマカオでのカジノ戦績が、わずか1回勝ち越しているだけとなりました。
よく友人や会社の同僚から、ほぼ毎月マカオに通う理由を尋かれます。
その際に必ず返す言葉は「勝てるから」。至ってシンプル。
「グラウンドには銭が落ちている」。
南海ホークス(現在の福岡ソフトバンク・ホークス)の鶴岡一人監督の有名な言葉。
勝てるから行く。勝てないなら、行ってはいけないというだけのこと。
だから、たとえ1HK$だけでも増やして帰国することが、私の「存在の証明」であり、外貨獲得が不断のミッションと言えます。

リアリストで臨んだ1日目

「熱闘!海外カジノ マカオ篇 第14弾」の日程は、2017年3月4日㈯~3月6日㈪。
3月4日㈯ AM10:45 香港エクスプレスUO625便で、6:35羽田空港発。香港空港へは予定より15分早く、10:45着。
ちなみに今回の航空運賃は、20,390円。手数料と税金込みで28,320円。卒業旅行シーズンなのか、いつもより割高です。
11:00の空港発のフェリーには間に合わず、A11バスで上環へ。
12:45のフェリーを買ったのに、無理矢理ひとつ前の12:30に乗せられました。SuperClassで348HK$。
グレードアップしてしまう悪い癖がついてきました。

宿泊はグランドラパ。私が愛する、マカオが誇るホスピタリティNO.1ホテルです。
宿泊料金(スーペリア・キングルーム・2泊)で、1,317HK$。約2万円。
*この時期の為替レートは、1HK$=14.55円。

ランチは2階の「カフェ・ベラビスタ」で、優雅にアフリカンチキンをいただきます。
この頃から、マカオのレストラン事情にだいぶ詳しくなってきたので、行き当たりばったりで、中途半端な食事をしなくなりました。



PM4:00 いつものリオ・カジノ(利澳娯楽場)へ。

2階のケージで、20万円をホールドし、13,140HK$。
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情
10,000HK$をノンネゴチップに替えて、バカラ卓でゲーム開始。
最初は調子よく、+1,800HK$をピークに増やしますが、PM6:00に予定があり、タイムリミット。結局▲4,000HK$で終了。ローリングできませんでした。

*ホールドやノンネゴチップ、ローリングはカジノ独特の用語です。説明が重複しますので過去の投稿をお読みください。
小腹を満たすため、福隆新街の「祥記麺家」で「鰕子労麺」を10分で詰め込みます。


用事を済ませ、

PM9:00に再度、リオ・カジノへ。

今夜の私はリアリストで臨みます。勝つことに集中。
まずは午後の負債の回収です。立ち張りに専念し、2,000HK$のバイインで6,500HK$まで増やします。
水面から顔が出ました。累計+500HK$。プレイヤーの13ツラ目のL字罫線が効きました。
ここで格言が浮かびました。
「躊躇してやめた後の、次のゲームは張ってはいけない」
同じ目が連続で出ている時に、タイ(和)になったりすると、次に賭けることを躊躇してしまうことがありますよね。でもツラ目は途切れなくて、めちゃくちゃ後悔することに。
で、次はそんな弱気な自分に喝をいれるが如く、ベットを増やして再度、勝負に行くとだいたい負けます。

チャンスの神様に後ろ髪はないのです。
だから、嫌な予感がして賭けなかったのなら、もうその場は張らないと決めてしまったほうが、迷わなくて済むという格言。
潔い自分を目指そうじゃありませんか。そんな事を考えながら、AM2:00に眠りにつきました。

立ちっ放しの2日目

3月5日 2日目は、AM10:00に、先月オープンしたばかりのレジェンドパレスを見学に。

外港碼頭の近くにあり、サンズの隣り。フィッシャーマンズ・ワーフ内の新しくて明るい綺麗なカジノです。
客層もボチボチ。不思議なことに対面の「海立方」の大陸系中国人の団体さんの群れが存在しません。
会員カードは、ファラオ(法老王娯楽場)と共通のようです。


お試しで3,000HK$をチップに換え、200から500HK$minのバカラ卓を徘徊します。
コミッションを取るテーブルと取らないところが混在しています。500HK$は概ねコミッションあり。(バンカーで勝つと5%引かれて戻ってくる仕組み)
3時間ほど滞在して、500HK$だけ増収。累計は+1,000HK$
昼食は、今日も福隆新街まで歩き、「譚家魚翅鮑魚店」でフカヒレスープ。



ドリンクを注文した際に、覚えたのは「忌廉」の意味はクリームソーダだということ。
*こちらのお店の詳細はこちらの記事にて。「譚家魚翅」~福隆新街はふかひれストリート《マカオの微妙なグルメ⑥》
用事を済ませた帰りに、

「富仕葡式美食」の名物「ポルトガル式チキンライス」。ミシュランの星を1つあげたい。
*このお店の詳細はこちらの記事をどうぞ。「富仕葡式美食」のチキンライスは澳門No.1メニュー《マカオの微妙なグルメ⑤》


PM6:30 リオ・カジノに戻ります。
夜はやはりここで決まり。ツラ目の熱狂を待ちます。
立ちっ放しでさすがに疲れましたが、5時間近く粘って、チップを増やしました。
3,000HK$→5,000HK$。最大は6,000でしたが、少し減らして終了。累計+3,000HK$
サンズ(金沙娯楽場)とレジェンドパレスをパトロールして、部屋に戻り、2時に就寝です。

勝者の朝食

3月6日 最終日。 2日続けて宿泊先のカフェ・ベラビスタで朝食。ビュッフェで217HK$。
秘かに「勝者の朝食」と呼んでいます。


AM10:00 帰国日ですが、飽き足らずリオ・カジノへ。
今回は絶対に減らしません。3,000HK$→3500HK$。累計+3,500HK$。
午後になって、外港碼頭で香港空港までのフェリーを予約後、歩いてレジェンド・パレスへ。
PM1:30 勝ったり負けたりしますが、累計+4,000HK$の壁が厚く、±0で終了。


夕食は、プライオリティパスを使って、香港国際空港のプラザ・プレミアム・ラウンジにて。
今回はゲート1の近くを利用。西側より照明がダークで落ち着けます。


麺が名物。疲れた胃腸とカラダに優しい味飲み物を補充できて便利です。

現実主義者に徹して、少しだけ勝ちました。旅行代だけ浮けば満足です。
香港空港18:15発のUO622で帰国。
最終結果 合計3,500HK$のプラス。日本円で約51,000円。
通算8勝6敗1分。俺は勝てる。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。