海老名サービスエリア「ぽるとがる」のメロンパン徹底解剖

▶ 目次
1.「ぽるとがる」について

2.海老名メロンパン
3.プレミアムメロンパン
4.北海道メロンパン
5.チョコチップメロンパン
6.とちおとめ苺クリームパン
7.メロンパンラスク
8.メロンパン味のダックワーズ

販売数世界一のメロンパン

東名高速道路の下り(名古屋方面)側の海老名サービスエリアには、「ぽるとがる」というベーカリーがあり、メロンパンが話題となっています。

元は東京・錦糸町のパン屋さんだとか。
それが2017年の春に48時間で27,503個のメロンパンを売り切り、ギネスの菓子パンの販売個数の世界記録に認定されたとか。
海老名サービスエリア内の至るところでPRしています。よほど自慢したいのでしょう。


屋外でも。

入口のウィンドウにも。

店内のPOPにも貼りだしています。
テレビでも取材される機会が多く、実際お店はいつも行列ができています。これは日曜朝7時の様子。

客がいない時はこんな感じ。

この人気に便乗して、東京方面に向かう上り側の海老名S.A.でも、メロンパンを何種類も売りだしています。
私のブログでも、上りと下りのメロンパンを食べ比べた記事を書いたところ、月間で3千人もの方に読んでいただいているようです。
*ちなみに記事はこちら。〜海老名SAの名物〈メロンパン〉は本当に美味いのか? 上りも下りも徹底比較!〜
せっかくなので、調子に乗って「ぽるとがる」のメロンパン全種類レビューを決行したいと思います。


海老名メロンパン(250円)


まずは伝説となった〈海老名メロンパン〉から。

他に比べて、大ぶりなサイズなので直径14〜15cmくらい。

外側はビスケット生地に砂糖が多めに振られています。

内側は緑色のふわふわなパン生地。ただしメロンの風味がついているのは、外側の表皮だけ。
甘さはそこそこに抑えられているものの、口の中に残るメロンの香りが爽やか。
まあまあ美味しいのですが、外側が硬いのがあまり私の好みではないかな。

総カロリーは425kcal。賞味期限は2日間。

プレミアムメロンパン(280円)

 次は人気No.2の〈プレミアムメロンパン〉。嘘か本当か富良野メロンのクリーム入り。

夕張メロンを模しているのか、表皮の縞模様が特徴です。サイズは海老名メロンパンとほぼ同じ。

切ると、中身のパン生地も薄いオレンジ色で、メロンクリームがジュワっと溢れてきます。

最高に美味なのですが、外側の生地にかかった砂糖の量が多く、皮が硬く本当にビスケットを食べているよう。そこがやや難点。

北海道メロンパン(230円)

お待ちかねのしっとり系。

北海道産メロンクリーム入りという、ざっくりとした特徴が書かれています。

見た目も触った感触も上記の2種類とは違います。表皮がねっとりしっとりのモチモチ感触。
大きさは、海老名メロンパンよりも一回り小さめで、直径12cmくらい。

中のパン生地はオレンジ色で、プレミアム同様、メロンクリームが閉じ込められています。
パン自体もプレミアムよりもっちりしているように感じるのは気のせい? 口腔内で引っ付くほどのしっとりさです。
クリームのほのかな甘みが丁度良く、くどさがありません。個人的にはこれが一番好みでしょうか。

305kcalで炭水化物も46.2g。サイズのおかげか、海老名メロンパンよりは健康的?

チョコチップメロンパン(200円)

次はメロン生地の上にチョコチップを散らした変わり種。

見た目は割とグロテスク。人気もイマイチみたい。

外側以外は普通です。中のパン生地は薄いグリーンで、ややしっとり系。

チョコチップの味はあまり感じませんが、表皮にメロンの風味が滲みこんでいて、メロンパンだということは実感します。

とちおとめ苺クリームパン(220円)

メロンパン以外の新ネタメニューも置いてありました。

桜色が春っぽさを表現しています。外側は栃木県産のとちおとめ果汁入りのクッキーを載せて焼いているのだとか。

中のパンにも、苺ミルククリームが閉じ込められています。
苺の上品な甘さと酸っぱさがなかなかのバランス。

表層はやや硬く感じますが、パン生地がしっとりしていて美味いです。限定メニューなら買っておくべき。

 

メロンパンラスク(500円)


菓子パン以外で、昔からあるお土産メニュー。賞味期限も2カ月程度。

約2cm程度のキューブサイズ。犬の餌ではありません。

メロンの風味もしっかり滲みていますが、パンに較べると甘過ぎ。サクサク感は丁度いいけど、2個も食べれば飽きそう。

メロンパン味のダックワーズ(540円)

 最後は新メニューのスイーツ。

ダックワーズとは、アーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子のことで、それをメロンパン風味でリリースしたもの。


540円で、こんなのが5個入っています。*お土産売場に行くともっと多めのパッケージもありました。

で、味はというと全くの新食感。

外側はビスケットかと思ったら、歯がプニュっと入っていきました。そのまま中身のメロンクリームに到達します。
ぎゅっと握ったら潰れてしまうくらいの軽〜い感触。これがダックワーズなんですね。
メロンの濃厚な風味に反して、クリームには嫌みな甘さはありません。ラスクを買うなら、絶対こちらがお薦めです。

以上、海老名サービスエリアの行列ができるパン屋「ぽるとがる」のご紹介でした。
サービスエリアのパン屋で2,000円以上も浪費してしまいました。

「ぽるとがる」さんは、メロンパン売場の隣りに、普通の調理パンを売るベーカリーも営業しています。

そちらも是非。
営業時間/6:00~20:00

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。