法事の後はやっぱり鰻でしょ?~愛知県春日井市「鰻処 まえの」〜にっぽん鰻旅【第38弾】

法事の後は、鰻が定番

母の逝去が3月にあり、実家のある名古屋で喪主を務めました。
葬儀や四十九日など、法事の後の食事は何がいいと考えた時、やっぱり鰻は外せません。
実際、お葬式の後は親戚・知人12人を引き連れ、名古屋市東区で有名な「うなぎの西本」でひつまぶしを振舞いました。
ポケットマネーで6万円近い金額を払ったのは財布に堪えましたが、母が世話になった人々が喜んでくれる表情を見られるだけで、よかったと思えます。
お寺の大広間で食べるなら寿司が定番でしょうが、皆で店に出かけて食べる場合は鰻屋の方がぴったりくる気がしました。
西本のひつまぶしは3杯目のお茶漬けで、片栗粉の入ったとろみのあるお出汁を使うのが特徴の〈あんかけひつまぶし〉が名物。
ブログでも紹介したかったのですが、さすがに葬式の後で写真を撮りまくるわけにもいかず、記録が残せないまま。
少年時代から親に連れられ通っていた鰻屋なので、いつか再訪して、掲載したいと思います。

四十九日の後は春日井の「まえの」へ

5月の四十九日の法要は、我が家のお墓がある愛知県春日井市のお寺でおこないました。
妹夫婦と叔父さん夫婦と帰りの食事で入ったのはやはり鰻屋。
訪れたのは「鰻処 まえの 瑞穂通店」。

たまたま妹の旦那さんが知っていたお店でしたが、創業67年の鰻専門店だそうです。
国道19号線から裏道に入ると、駐車場が見えてきます。

ピンク色の看板が目印。
10台以上駐められる駐車場は、東京にはなかなかありません。

こざっぱりした入り口です。

老舗のこだわりが垣間見えます。
GW中の5月4日だったとはいえ、まだ11時30分前だったので、予約なしでテーブル席が確保できました。
5人でメニューを拝見。


大盛りの〈おけまぶし〉(深さ20cm超の桶で出てきます)や、年配や女性向けの量控えめの〈姫まぶし〉というメニューも用意されています。
我々は全員〈ひつまぶし〉(4,230円)を選択。

こんなセットメニューになっています。
お吸い物の他、漬物や突き出し、フルーツまでついています。

鰻はパリッと焼かれていて、焦げ目も少々。
関東風の蒸し焼きではなく、関西風の地焼きです。
ただここで疑問が…。
名古屋で生まれたひつまぶしで、蒸し焼きする店はあるのか?
探せば、ないことはないでしょうが、パリパリに焼いた鰻で食したほうが明らかに向いていそうです。
まずは1杯目。

茶碗によそって、そのままいただきます。
意外と鰻が柔らかめ。
2杯目。薬味をのせていただきます。

正直、この食べ方が一番好き。

山葵が効いていて、旨いです。
3杯目。

出し汁をかけて食べます。
後で知りましたが、お茶か出し汁を選べるようです。
全体にさっぱりした味の鰻でした。
総合満足度は86点にしておきます。
普通に美味しいのですが、鰻としては標準レベル。
ひつまぶしは鰻の善し悪しが判別しにくく、食べ方の工夫によりハードルが下がるので、点数は厳しくしておきます。
4千円超の値段を考えれば、こんなところでしょう。(いい意味ですよ)
聞けば、春日井市は、「たむろ本丸」や「柳川」や「太助」など鰻の美味しい店が多いそうです。
河川が近いからでしょうか?

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。