【結果検証】日本ダービー/東京優駿(2022/5/29 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

いよいよ開催される、春の競馬の祭典「日本ダービー」の馬券予想です。
18頭中、なんと14頭が重賞勝ち馬というハイレベルで、重賞勝ちがありホープフルS1番人気のコマンドラインでさえ除外されるという混戦模様。
皐月賞1~4着の馬の4強ではという評判も聞こえてきますが、どう馬券を買うかが悩みどころです。

良馬場開催で、今週からCコース開催。トラックバイアスはフラットで、内外の有利不利はあまりないと読みます。
過去のダービーの傾向を見ると、伏兵が穴を開けた皐月賞の年は、2冠馬はまず出ません(18年エポカドーロや16年リオンディーズ)。1冠目を惜敗した馬の巻き返しが必ず見られます。
ということで、
⑮ジオグリフは来ても、2着まで。
軸馬を決めていきますが、上半期のGⅠレース9戦において、1番人気が勝っていないというデータがあります。2着も天皇賞春のディープボンドだけという体たらくで、他は全て凡走。
先週のサークルオブライフもゲートで出遅れ、さらに発馬直後に両側から挟まれるという人気馬の呪われぶり。
これは忌み嫌っておくのが賢明です。
今回の1番人気は⑫ダノンベルーガが濃厚
枠は12番と4強で最も好条件と言えますが、川田騎手のGⅠでの1番人気や、芸人Sさんが本命に指名(単勝で買うと宣言してましたね)を考えると、思い切って消したいくらい。たぶん落馬します。
皐月賞上位組が有力とすれば、⑬ドウデュースか⑱イクイノックスからの選択になります。
どちらもノーザンファームの生産馬で、絞り切るのが難しい。調教はドウデュースのほうが良さげでしたが、展開面の位置取りで言えば、イクイノックスのほうが前目につけられそう。
前週の桜花賞も大外枠で同距離を制した
ルメール騎手を信じたいと思います。
キタサンブラック産駒は中山より東京競馬場での複勝率が高いというデータも心強い。
とはいえ、馬券は⑬と⑱の両方を1着に置いて、買おうと考えています。
次に買い目を絞るため、ヒモ候補の馬から消していきます。
GⅠ馬⑯キラーアビリティは左回りが初なので消し、①アスクワイルドモアはレコード勝ちした京都新聞杯から中2週でさすがに反動ありと見て、消しました。
また人気どころでは、青葉賞勝ちの⑥プラダリアも、過去に勝ち馬を輩出していない当レースにおいて、さらに関西馬はまったくダメ(月2回の関東遠征は過酷)というデータにより消し。
京成杯勝ちの⑦オニャンコポンも名前の奇異さから妙な人気(なんと5番人気)になっていますが、中山に好成績が偏っていると見て、印をつけませんでした。
印は以下の通り。
◎⑱イクイノックス(東スポ杯では上り32.9秒の末脚。)
〇⑬ドウデュース(右手前で走りたがるということは、左回り向き?)
▲⑨ジャスティンパレス(ディープインパクト産駒。先週、惨敗したデムーロ騎手のリベンジなるか?)
△⑮ジオグリフ(福永騎手のダービー3連覇なるか? ならないと思います)
△⑫ダノンベルーガ
(調教が良すぎて、入れ込みはないのか?)
△③アスクビクターモア(皐月賞はこれが本命でした。内枠を引いて粘れれば)
△⑩マウンテンオリオン(マイルしか走っていないのが不安ですが、NHKマイルの末脚は圧巻)
△⑰ロードレゼル(青葉賞2着。先行馬なのでレーン騎手の前残りに期待)
△⑪ジャスティンロック(皐月賞で上り3位の脚。買うかどうかは微妙)
△⑤ピースオブエイト(毎日杯を逃げ切り勝ち。買うかは微妙

馬券購入

馬券は1着に⑱イクイノックスと⑬ドウデュースを置いた3連単フォーメーション。
⑱⑬→⑱⑬⑨⑫→⑱⑬⑨⑫⑮⑰⑩③


⑫ダノンベルーガの1着はなし、⑮ジオグリフの連対はなし、⑨ジャスティンパレスは2着はあるというのが予想のキモです。合計38通り。
ほぼ@100円でいけそうですが、30~60倍の馬券は@400円で買う予定。
馬連⑬ー⑱も2000円押さえます。

JRAのダービーのCMで、⑰と⑤と①のゼッケンを持っていたような気がするので、この馬番の馬連ボックスも買っておきます。

(だいたいいつも無駄になるのですが、計300円だけ)

競走結果

私の予想したとおり、⑫ダノンベルーガは4着に沈みました。
スタート直前の腹回りの汗を見たら、イレこんでいるのは明らか。ニヤつきが止まりませんでした。
そして、勝ったのは武さんの⑬ドウデュース。
ルメール騎手の⑱イクイノックスもきっちり差して2着。
対抗&本命で完全的中です。
3着に先行した③アスクビクターモアがしぶとく粘りました。
差し脚の切れる馬で決まると予想していましたが、1頭くらいは番手に付けた馬が残ると考えていて、それが③だったということ。
実際の馬券は、フォーメンションの2列目に入れた⑨ジャスティンパレスを馬体重減でやめ、代わりに⑩マテンロウオリオンを入れておりましたが、17着でした。

払い戻しです。

馬連7.3倍、3連単は157.7倍です。皐月賞の3着、2着、5着の組合せとしては上出来でしょうか。

勝者の結果論

馬連を2千円的中。
合計で9千円くらい買っているので、全てをこれに勝負できていれば、5万円の勝利です。
こういうのを【捕らぬ狸の皮算用】と呼びます。

3連単は100円的中。PATを入力しているときに、200円にしようか迷った組み合わせでした。
150倍あったので、やめておいたのが真相ですが、③をそこまで信用できなかったのでしょう。
皐月賞で軸にして負けているので。

3万円回収できたので、大満足。
これでGⅠレースの1番人気は10連敗。
来週の安田記念ではシュネルマイスターに消えていただきましょう。ありがとうございました。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。