にっぽん鰻旅【第3弾】鹿児島天文館〈うなぎ末よし〉~養殖量全国一の鰻の新・聖地~

▶ 目次
1.鹿児島県は鰻の養殖生産量全国1位

2.天文館にある「うなぎ末よし」
3.東京に較べてお値打ちな鰻
4.ご飯の間に鰻が入った「間蒸し」

鹿児島県が鰻の養殖生産量全国1位ってご存知ですか?

確かに、ふるさと納税なんかで、真空パックの鰻の蒲焼(大隅うなぎという品種)が人気になっているのは、人づてに聞いておりましたが、ここまでとは…。
我が生まれ故郷の愛知県が、静岡を抜いて、日本一だとずっと思っておりました。


養殖量1位だからと知って、蒲焼の味も旨いとは限らないのですが、まずは行って食べてみなくては気が済みません。
出張で、7月26日(木)に訪問することに。実は前日も、麻布の五代目野田岩へ行ってるんです…。

野田岩は、元部下との約束。
たぶん混んでて、取りやめになると踏んでいたので、出張に同行する上司と、鹿児島で鰻を食す予定を組んでおりました。
*五代目野田岩についての記事はこちらです。にっぽん鰻旅【第2弾】〈五台目野田岩 麻布本店〉~江戸時代から続く伝統の技~
まっ、上等の鰻を二日続けて食らうことに、なんの躊躇があるというのでしょう。
迷わず決行です。

目的のお店は、天文館にある「うなぎ末よし」

創業して80年、鹿児島市内では屈指の名店との噂。

鹿児島市内に着いたのは15時を回っていたのですが、鰻のために、支所での仕事をサクサク終わらせます。
18時4分の新幹線みずほで、博多に向かう予定です。調べたら、当社の鹿児島オフィスと、末よしさんは目と鼻の先。
ものの300mの至近距離でございました。鹿児島中央駅に17時半には向かいたいところ。

到着は16時半。天文館通りに繋がるアーケードの中で、見つけました。

100人のキャパがあると聞いておりましたが、5割がた埋まっていました。
早い時間なので、年配のお客さんばかり。地元の方が多そうです。並んでいる人は皆無。
店前に木製のベンチが4脚ほど置いてあります。ランチタイムはやはり行列なのでしょうか?

東京に較べてお値打ちな鰻

メニューです。

鰻重と鰻丼が同じ値段。松で2,760円。
鰻不作のこの時代に、これはお安い。
東京の約半値といったところ?
重と丼の違いがわかりません。
上司は鰻重(松)。私は嗜好を変えて鰻丼(松)としました。2人ともご飯多めです。
先に肝焼きとビールがいいよねって話で、お願いしますが、今日は、肝焼きが終わっているとのこと。
シラスウナギの不漁で、サイドオーダーに回す鰻まで、足らないのでしょうか?
10分ほど待って、鰻の登場。
先に、肝吸が運ばれてきたので、蓋を開けてびっくり。

なんと、白みその味噌汁。
箸でかき混ぜると、肝は確かに入っています。

よく見ると、メニューにも味噌汁と書かれています。鹿児島流なのか、この店の流儀なのか不明ですが、これはサプライズ。
続いて、上司の鰻重。重箱の背が高い。そう2段です。

開くとびっくり。
蒲焼と白飯がセパレート。

そして、ご飯にはタレがかかっていません。人生初の光景でした。
松だけに、鰻は立派です。

ここのお店は、関西風で、蒸さずに備長炭の直火で焼いていると聞いています。
*鹿児島県の鰻の通販のサイトを見ていると、背開きにして蒸してから焼く関東風で出荷している商店もあるようです。

続いて、私の鰻丼。

あれ、なんか、鰻が少な???
これ、松だよね?
はしたないですが、箸を入れて確認。

おおっ、やはり中にも蒲焼が入っておりました。

これぞ、ご飯の間にも鰻が入った「間蒸し」

関西風の証です。蒸さずに焼く関西風は、関東に負けないふっくらさを出すために、温かいご飯の間に蒲焼を挟んで、その熱で蒸らすといいます。
これが「間蒸し」。
ご飯大盛りなので、食べ応えもバッチリ。昨夜も鰻三昧だったので、本日は朝昼合わせ、サンドイッチ一切れで調整していましたので、完全に鰻腹です。ふっくらした良い鰻です。

しっかり焼かれていて、香ばしさもバッチリ。思わず、二人でニンマリしながら、頬張ります。
タレは、東京に較べると甘めでしょう。私には丁度いい味。つゆの量も好みの「少なめ」です。
食べ進んでいる途中で、隠されていた2段めの蒲焼に到達。
んんん?
鰻にほんの少し、苦みを感じます。焦げ過ぎている箇所があるような…。少しだけ気になりました。
でも、一気に平らげて完食。満足です。いやぁ、美味美味。
気になったのは、味噌汁かなぁ。選べるなら、お吸い物がいいです。
なにせ私は名古屋生まれなので、赤味噌じゃない味噌汁は苦手。
そもそも、これだけ脂の乗った鰻なら、付け合わせはサッパリしたものがいいかと。
値段も含め、できることなら、週に一度は食べたい鰻でした。
総合満足度は100点満点中、過去最高の95点!!
リピート確実の上質で、良心的な名店です。鰻だけなら、〈野田岩〉や〈きくかわ〉より好印象。
3,000円以下でこのクオリティ。鹿児島おそるべし。
5点の減点は、味噌汁と焦げでしょうか。できれば肝焼きも食べたかった。
鹿児島は、黒豚や黒牛だけじゃないぜ!!
鰻も侮れません。他のお店も試さねば。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。