これはバスク風?「The CAFE by good spoon in アインズ&トルぺ」のチーズソフトクリーム【ソフトクリームLOVE #20】

ソフトクリームが主食になりつつある今日この頃。
横浜ハンマーヘッドまで散歩の足を延ばしました。


イオンシネマが入っている桜木町のワールドポーターズのもっと奥。
赤レンガパークの横っちょなんですが、その
存在を知りませんでした。

開業は2019年。

新港ふ頭客船ターミナルにあるフードコートで、モアーズの岡田屋の運営だそうです。

2階のデッキに出れば、にっぽん丸が(長期)停泊しています。
結構、面白そうなお店が入っています。(ラーメン屋とカフェばっかりですが…)

エスカレーターを2階に昇った正面にあるアインズ&トルペ。

ドラッグストアというかコスメ屋さんでしょうか。
ここが「The CAFE by good spoon」。
アインズ&トルぺとコラボレーションしたチーズスイーツショップ。

何が日本初なのか存じませんが、何か凄いことがありそうなので行ってみました。
「バスクチーズケーキがソフトクリームに!?」
というコピーが気になります。
ちゃんとイートインできるスペースもあり、席を確保。

客層は女性ばっかりで軽く恥ずかしい。

レジ上のメニュー。

ソフトクリームはもとより、人気の〈スイートチーズファウンテン〉を食べてみたかったのが本音です。
これが店前のモニターから流れていた動画。

パンケーキにチーズソースを流しかけた新感覚のスイーツらしい。
でも3連休初日の昼下がりでは売り切れみたいです。
美味しいかどうかは別として、パフォーマンスとして面白い。
動画を撮って、女の子に見せたくなるシロモノだよなぁ。
で、仕方なく?、ソフトクリームだけを注文。
これが生チーズソフトクリーム。

500円です。
画像でわかるかどうか微妙ですが、想像以上にデカいです。

クリームの量も多め。

こんもりしていて旨そうです。
上にほんのりかかっているのは粉チーズでしょうか?

それほど水っぽくなくて、ねっとり系のクリーム。チーズの風味も感じます。ただ…、
これのどこがバスクチーズケーキなんだ?
広尾の「BELTZ」等で本格的なバスクチーズケーキを一応食べたことがありますが、それとは一線を画すような気がします。

焦げているのが特徴で、もっと大人っぽい味なんだよなぁ。
*BELTZの記事はこちら。〜渋谷区広尾の〈BELTZ〉バスクチーズケーキが来~る~!!
まぁ、ソフトクリームなんでどっちでもいいのですが、チーズ系のソフトクリームは正直、判り難い。
バターとも違い、案外と味はあっさりとしています。クリーミーさを増しているだけのなのか?

カップを選んだのですが、底までしっかり詰まっています。
無駄なもので底上げしていないのは好感度高し。
バスクチーズケーキだとは思いませんが、ソフトクリームとしては食べやすくて上等。
新大阪駅で食べたチーズタルトの専門店「PABLO」のそれよりも、さらにクリーミーで私の好みです。
*PABLOの記事はこちら。チーズタルトの専門店「PABLO新大阪駅店」で生チーズソフトクリーム 〜【ソフトクリームLOVE #13】

最後に、この横浜ハンマーヘッドが、ソフトクリーム店の宝庫であることを発見しました。

同じ2階には、「キャラメルラボ」。

「ありあけハーバー」。

「ピーターラビットカフェ」。

そして1階には「茶寮 伊藤園」。
まさにソフトクリーム界の宝箱。
何回来ればいいんだぁ?

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。