話題の横浜南部市場で「コーシンファーム」のあまおうソフト【ソフトクリームLOVE#30】

年度末の有給消化で時間があったので、最近人気の「横浜南部市場」に行ってきました。
1カ月近く前のテレビ東京・アド街ック天国で特集されていたので、期待と妄想がかなり大きくなっていたのですが、案外コンパクトで肩透かしでした。


アメ横とか築地市場あたりをイメージしていると全然違います。
それでも平日とはいえ駐車場は7割方埋まっていて、緊急事態宣言明けのお年寄りには重宝されているようです。
市場の中で、肉・魚・乾物と扱う品種が被らないようにテナントが整理されているようで、一業種一社がきっちり守られている様子。
アメ横なんかの、同じような店が競い合って勢いを増す感じがないんだよなぁ。
ということで、葉山牛のハンバーグと、ソフトクリームを食べて帰ってきました。
気づいたら同じ経営のお店でした。

南部市場のブランチにある食肉問屋の「横浜南部晃進」さん。
葉山牛など神奈川県産の食肉を中心に扱っています。アド街ック天国でも紹介されていましたっけ。
ランチで食べたのはこれ。

晃進のミートダイニングで人気の、葉山牛のハンバーグ・チーズトッピング。
まぁ想像通りの味で美味しいです。
同じ角にコーヒーとソフトクリームを出すスタンドがあったので、食後に寄ってみました。
ハンバーグの脂で口がベトベトしていたから、なんか誘いにまんま乗せられているよう。

ソフトクリームの看板に釣られてしまいました。

「みうらみるく」という三浦半島産の牛乳を使っているそう。精肉屋の店内でも売ってました。

300円とは良心的なお値段です。
そろそろ冬が終わりそうなんで、苺の季節も最後ですかね。
ここは〈あまおうのミックスソフト(税込¥300)〉にしておきましょう。

日世のフリーザーを使っているみたいです。

コーンに【ローレルトップ】と書かれているのは、月桂樹をモチーフとしたコーンの形状のことです。
これも日世のライセンス製品。

肝心のソフトクリームはというと、食感はやや硬め。
牛乳にこだわりの強いお店は、得てしてシャビシャビ系の水分の多いクリームが多いのですが、意外です。

味も、あまおう(苺)の甘酸っぱさが際立っていて、案外さっぱりしています。

バニラとの混合バランスも丁度よくて、しっかり苺を感じます。
そして結構なボリューム。
久しぶりにソフトクリームを食べたのと、水分が少なめのネットリ系だったため、なかなか食べ進みません。

コーンの奥まで、ちゃんと詰まっています。
ネットリで甘酸っぱいというのは初めての組合せでした。
300円というコスパを考えれば、全然OKじゃないでしょうか。
もうちょっと気温が上がると、ソフトクリームを食べるモチベーションもアップするんだよなぁ。
春よ来い。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。