名古屋風・鉄板ナポリタン・スパゲティは、スキレットがテッパン!?《名古屋の微妙なグルメ①(レシピ付き)》

東京に出てきて、30年以上になります。
上京した当初は、料理と味覚の微妙な違いを少なからず感じていました


で、今回はナポリタン・スパゲティーの話。
名古屋の喫茶店で出てくるナポリタンは、「鉄板」です。
鉄板といっても、十八番(おはこ)のメニューという意味の「テッパン」ではなく、
ハンバーグやステーキと同じような、木の台座の上に鉄板が置いてある容器で出てくるという意味。
さらにさらに、当地ではパスタの下に、薄焼き玉子が敷かれています。
これが名古屋のナポリタン。
幼少時代から、全国共通だと信じておりました。
でも、東京に来てみれば、なぜか皿に盛られています。
そもそも、名古屋のナポリタンなんて、イタリア料理の類ではありません。
喫茶店や洋食屋のメニューです。
「五右衛門」とか「壁の穴」、「イタリアントマト」なんていう、80年代前半にお洒落だった人気パスタ屋でも、ナポリタンなんて野暮ったいメニューを頼んでいる客は見かけません。
(イカ墨のスパゲティをお歯黒にしながら、食べてる姉ちゃんもどうかと思うけど…)
カルボナーラとか、ペペロンチーノに押されて、東京ではナポリタンは、昔ながらの洋食メニューに成り下がっていたってわけ。

でもね、ここんとこ名古屋飯ブームでしょ?
私も、さすがに30年関東に住んでいるので、「チャオ」のあんかけスパゲティーあたりには、何の思い入れもありませんが、喫茶店のナポリタンくらいは、家で再現してしまおうと思い立ちました。

要は、ナポリタンを作って、下に卵を敷けばいいだけなんで、造作はないんですけど…。
見た目もそれ風にしたいじゃないですか?

だから鉄板が必要だったんです。
でも、ステーキ屋さんの鉄板は、オーブンに入れることが前提じゃない?
そこまでは…、てんで、スキレットにしてみました。
流行ってますし。

で、LODGEの23cmのスキレットを楽天で購入、2,380円。
これ重いんですよ。2kgはあります。
とりあえず蓋は遠慮しておきました。

では、ナポリタン始めます。
その前に、ウンチクを一つ。
ナポリタンのレシピを完成させたのは、横浜の「ホテル・ニューグランド」って知ってます?
彼らの貢献はプリン・アラモードとシーフード・ドリアとナポリタン・スパゲティー。
ナポリタンは、GHQで働く米国兵たちに、手っ取り早く食べさせるスパゲティを考案したものだそうです。
昭和9年のメニューに「スパゲチ・ナポリテーイン」というメニューが記載されています。
ただニューグランドのレシピは、ケチャップでなく生トマトを使った本格派。

ケチャップ味に改良したのは、やはり横浜・野毛の老舗洋食屋『センターグリル』なんだそうです。

だからケチャップとウスターソースなんですねぇ。
それにモチモチさせたほうが、ケチャップとの絡みがいいってんで、アルデンテよりも長めに茹でた麺を、水で洗って、一日冷蔵庫で寝かせるそうです。

では、材料から。*1人分です。
パスタ1.6mmまたは1.8mmを150g。
玉ねぎ1/2個、ピーマン2個、マッシュルーム薄切り適量、ウィンナーソーセージ5本
ケチャップ大さじ2、トマトピューレ大さじ2、ウスターソース小さじ1、塩コショウ少量。
バター20g、粉チーズ、タバスコお好みで。オリーブオイル小さじ1
玉子2個(あれば生クリーム大さじ1/2)

①パスタを茹でます。

表示どおりでOK。(この場合は7分)。
茹であがったら、水洗いしてボウルに移し、ラップをして冷蔵庫に1日。
*時間がなければ、サラダ油かオリーブ油を小さじ1くらいまわしかけ、10分程度寝かします。

②フライパンにバターを熱し、玉ねぎ、ソーセージ、ピーマン、マッシュルームを炒めます。

③適度に火が通ったら、ケチャップ、トマトピューレ、ウスターソースの半量を投入。

ソースを鍋肌に当て、水分を飛ばします。
これでトマトの酸味を消し、甘みを強めるはず。
塩、コショウも加え、具に味付けします。

④ここらでスキレットの準備。別のコンロに火をかけ、温まってきたらバター10gを落とします。

⑤③に戻り、少し水分が飛んだら、スパゲティを加え、少し水を垂らします。

残りの調味料を混ぜます。

⑥ここで粉チーズを振って、混ぜます。
【これは意外とポイント】
私は大さじ1くらいを先に入れて、チーズの風味をパスタに馴染ませます。

⑦スキレットに、塩を加えて混ぜた卵を流し入れます。

タイミングはこんな感じがベスト。

⑧卵が固まりかけたら、⑥のパスタを上に乗せます。

⑨完成。お好みでタバスコと粉チーズを添えます。

特に、難しいものではありません。
以前、テレビや本で見た様々な方の、ナポリタンのレシピのいいとこどり。

久々に作ったので1回目は味がそうとう薄く、食べてる途中に、ケチャップを加えたほど。
パスタの分量に較べて、ケチャップ大2+トマトピューレ大さじ2だと少し足らないよう。
トマトピューレの分は考えないことにして、ケチャップ大さじ4は必要かも?

糖質過多が心配ですが、止むを得ません。
底の卵を混ぜながら食べるとホントに美味。


最後はこんな感じ。

ぐしゃぐしゃにして、食べます。

イタリアンなのに、ニンニク入れてないや。
そもそもイタリアンなのかな?
今度、試してみます。

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*