マカオの行列店「陶陶居海鮮酒家」で飲茶の朝食〜マカオの微妙なグルメ㉔〜

2019年2月のマカオ遠征で、是が非でもリベンジしたかったことがありました。
前回、行列が耐え切れず、諦めた「陶陶居海鮮酒家」を再訪です。

マカオ市街屈指の人気店

場所はセナド広場から見て、新馬路を挟んだ向かい側。福隆新街の脇道にあります。


夕食も評判よしですが、朝の飲茶もなかなかとの噂。「聖龍酒家」とどっちが美味いか確かめてみたい。
1月の訪問時は日曜だったので、客が絶えず待ちきれず退散しています。


さすがに月曜の朝なので観光客もそれほどの様子。

それでも平日の朝10時で、ほぼ全ての円卓が埋まっています。
ここはメニューにチェックを入れて、注文するスタイル。


写真入りなのでそれほど戸惑うことはありませんが、品数が多く結構、時間がかかりました。

メニューに小〜大、特、頂と値段のランクが書かれているので、分かりやすいです。
とりあえず「ポーレイ」と告げ、プーアール茶をお願いします。


「普洱」と蓋のつまみに下げてあるのが、可愛いといえば可愛い。洗杯の儀式は不要のようです。

そして、小籠包と鮮竹巻とチャーシュー入りメロンパンの3品を注文。正式な中国語の品名はレシートをご覧ください。

私も飲茶についてはだいぶ学習したので、当たりを引く確率が高くなっています。

まずは小籠包。

餡に絡まるスープの量が少なめで、聖龍酒家あたりと較べると、薄味なのが特徴。皮もしっとりしていて、それなりに美味です。


次に鮮竹巻

筍と人参とひき肉を湯葉で巻いたメニュー。

このスープが絶品。小籠包のものとは出汁が違うようで濃厚です。旨すぎて全部飲み干しました。鮮竹巻単品で言えば、聖龍酒家より好きかも。

最後に、香港の飲茶屋ではお馴染みのチャーシュー入りメロンパン。

綺麗な焼き目。でも甘〜い。
添好運と比較しても、焼き目の付き方がしっかりめ。(下の画像は添好運のもの)


味も添好運比120%の甘さ。

具は少なめで、外側がパリっと焼けてて美味。デザートと思って食べればGOOD。ひとりなので、この品数が適量です。
会計は112HK$。人気の理由が納得できる、非常に良質な飲茶でした。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。