マカオでオムライス?「カフェリトルトーキョー]〜マカオの微妙なグルメ㊳〜

▶ 目次
1.マカオ市街で食べる日本の洋食

2.人気はオムライスとカレー
3.ゴールデンカレーの秘密

マカオ市街で食べる日本の洋食

マカオを旅する場合は正味2泊であることが多いので、日本食が恋しくなることはありません。
今回は、マカオで唯一、日本人の方が経営するカフェがあると聞いたので顔を出してみました。
お店の名前は「カフェ リトル トーキョー」。

場所はサンズ・マカオの側面の洗星海大馬路沿い。

グランドラパの裏手にあります。

店前からの景色はこんな感じ。

比較的、静かなエリアです。

訪問したのは1月11日㈯。到着早々のランチタイムでした。

繁華街と呼べるエリアではないので、お客さんも4組でした。2階もあるようなのでキャパ的にも困りません。

軽食ができるちょっと小綺麗な洋風のカフェという感じです。

人気はオムライスとカレー

これがメニュー。

オムライスとカレーのバリエーションがいっぱいあります。
〈ゴールデンカレーライス〉ってどんな意味なのでしょう?

パスタのメニューもなんとなく日本流。


ドリンクメニューはこちら。

こんな凝ったパンケーキもできるみたいです。

オーダーはカレーオムライス&ハンバーグ(80HK$)。
そしてデザートは、スペシャルアップルパイ(35HK$)とレモンティー(30HK$)。
私のモットーは、
初訪問の店では必ず人気メニューを選ぶこと。
マカオなんかだと看板メニューは〈招牌〉と記されていることも。
最近、思うのは「どの店もメニューの数が多すぎ!」
全部の料理を上手に作れることなんて考えられませんし、そもそも新鮮な食材を揃えておくだけでも大変なこと。
ということは、注文の回数の多いメニューを選びことが、料理人の経験値や材料の鮮度から見ても、最も確実なんです。
ということで、まずはレモンティーが運ばれてきます。

あれ、さっき「アイス」っていったのに?
どうも英語も私の広東語も、店員の女の子には伝わっていないようです。
怒らない怒らない。
最近はこの程度のことは諦めるようにしています。無駄なエネルギーは使わない。
続いて、カレーオムライス。これを間違えたら出るとこに出ますよ。

おおっ、なんか美味そうなオムカレー。

中国語で書くと、こんな品名。
卵の下はケチャップライスでした。ハンバーグって「漢堡扒」と書くんですね。
見たまんまの安定した味です。卵もフワフワに仕上がっています。

ハンバーグも日本で食べるのとおんなじ。

カレーの中にはハンバーグ以外にも、固まり肉も入っていて、辛くもなく普通に美味。
ただ洋食屋で出てくる欧風カレーとはなんか違います。
でもなんか食べ慣れた味のような?

アップルパイが最後に登場。

驚いたことに温かいんです。

まぁ、焼きたてとは思えないので、電子レンジで加熱してくれたのでしょう。

日本人の細かい心配りに感謝ということで。

ゴールデンカレーの秘密

お会計は145HK$(約2,030円)でした。
お金を払おうとレジを探してる時に、面白いものを発見しました。

調理場の片隅に置かれていたのは、日本でも見慣れたパッケージ。
S&Bゴールデンカレーじゃないですか!?
しかも中辛っぽい(笑)。

メニューにしきりに「黄金」の文字が躍っていたのは、こういうことだったんですねぇ。
確かに嘘ではありません。正しい情報開示は逆に敬服ものとも言えます。
でもなんか、見てはいけないものを目撃してしまった後ろめたさも残ります。
だって裏返してあるもん。
まぁ、出前一丁を出す店だって、メニューにはちゃんと「
出前一丁」って書いてありますからね。

ボリュームもそこそこあるし、味は美味しかったので、保証します。


帰る際、日本式のラーメン屋さんを見つけました。

次はここに潜入してきます。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。