マカオで抹茶ソフト!?〜「舞伎/Cafe MAIKO」【ソフトクリームLOVE #9】

マカオでもソフトクリームの食べ歩きができる幸せ

さすがに12月~3月あたりは、マカオでも気温が20℃を切る日が増えてくるので、やたらめったら冷たい食べ物を欲するわけではありません。
ただソフトクリームの看板を見かけると、冷やかしてみなければ済まないわけで…。

グランドリスボアに程近い殷皇子大馬路から少し入ったあたりで、なぜか緑色のソフトクリームの巨大な置物が異彩を放っていました。
(正確な場所については文末のMAPをご参照ください)

エッグタルトを求めて行列している「マーガレット・カフェ・エ・ナタ」や欧米人の客が多い「カラべラ(金船餅屋)」といった人気の路面店が多い場所の一角にあります。入らずにはいられません。
店名は「舞伎(まいこ)」。

「こ」の字は「妓」が正解では?
抹茶ゆえに京都を連想させようという狙いでしょうか。

日式と書かれた抹茶スイーツの専門店という感じ。
金箔を纏ったソフトクリームが「将軍」という商品名で貼り出されています。

これがメニュー。私がオーダーしたのは、
「特濃宇治抹茶雪糕」のMIX。
〈雪糕〉はアイスクリームのことです。
抹茶とバニラのソフトクリームかと思ってミックスにしたのですが、女性店員の説明を聞くと、抹茶と焙じ茶のミックスだったようです。

お値段は32HK$。
マカオでもソフトクリームは500円が標準のようです。(この時期の為替レートは、1HK$=約14円)

お味はというと…、
抹茶の苦味より、焙じ茶の重みの方が勝っている印象。
ミルクの風味もあまりなく、食感もわりとネトッとしたものでした。
溶けて混ざってくると、味の境目は分かりません。

コーンの置くまで、ぎっしり詰まっています。


店内のレジの周辺に座って食べられる椅子も用意されていますので、抹茶がどうしても好きな方にはいいかも?

私はもういいかな。
「洪馨椰子」のココナッツアイスが恋しいです。
*「洪馨椰子」のココナッツアイスに関する記事はこちらです。〜「洪馨椰子」のココナッツアイスはマカオNO.1スイーツ?

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。