熱闘!海外カジノ・マカオ篇#13《正月早々、トラブル続出! 苦境のマカオ》~2017年1月~

2017年のマカオ初遠征は、新年早々1月8日~1月10日の2泊3日です。

昨年は結果的に9度のマカオ渡航となりました。行かなかった月は3月と7月と11月。社員旅行も今年はなし。
マカオも通算14回目になりますので、そろそろ別の都市にも興味が湧いてきています。
シンガポールのマリーナ・ベイサンズや仁川・パラダイスシティ、サイパンにもカジノが本格営業するという噂が…。

1 月8日㈰ 羽田空港6:35発の香港エクスプレス UO625便で、香港へ。日曜日出発は初めてかも?
航空運賃は13,220円。手数料などとスイートシートの座席指定料を入れて総額26,710円でした。
風向きの影響で冬場のフライトは長く、飛行時間は5時間半。上環経由のフェリーでマカオへ到着。

リオ・ホテル(利澳酒店)でのチェックインの際に予約名でトラブル発生。

フロント係の女性がなんだか早口の英語で捲し立ててきます。
広東訛りの強いイングリッシュをなかなか理解できずにいると、私と同様に隣りで叱られていた日本人らしい眼鏡の若者が助け舟を出してくれました。
「Booking.comのアカウントの登録名を漢字にしてませんか?」
私が「たぶん」と頷くと、「僕もそうなんですけど、パスポートの名前と予約名が一致してないって言ってるようですよ」
と教えてくれました。
「今すぐ予約サイトの登録名を直せと言ってますよ」と彼。
まだスマホのSIMカードも入れ替えてないし、ホテルの無料Wi-Fiのパスワードも知らないし…。
苛々しているフロント係に、パスポートの日本語のサインを見せ、滞在中に登録名を変更しておくってことで交渉成立。
できなければ定価を払ってもらうときつく念押しされて、宿泊を許されました。(よく英語で話がついたと思います。奇跡です)
とは言っても、まだ午後2時。チェックインの予定時間にはまだ1時間ありますので、部屋には入れてもらえず、追い出されます。
仕方なく、傷心のまま、グランド・ラパのカフェ・ベラヴィスタへランチに向かいます。

アフリカンチキンとセラデューラで心を癒します。
その後、リオに戻り、部屋で荷を解きます。散歩に出て、しばし休憩へ。

ここで2度目のトラブル。マッサージ中に首の筋を違え、脳天に向かって激痛が走りました。


元々、変形性頚椎症を抱えたまま旅に出ているため、何かの拍子に悪化することは注意しているのですが、今回はまじ、このまま脳卒中で逝ってしまうかと覚悟しました。
数分で症状は弱まり、起き上がることはかないましたが、首すじとつむじ付近の痛みが止まらず。ホテルに戻って眠ります。
もうひとつ信じられないことが…。
ここ半年以上、首の右側の痺れと痛みに苦しんできたのですが、今回の衝撃で、患部は首の左側に移動していました。
 
目が覚めたのは、AM2:30。脳の左側が微かに痺れて朦朧としたまま、リオ・カジノの2階でバカラを始めます。

一時は2,000HK$ほど
浮いていましたが、このコンディションで勝てるほど、マカオは甘くはありません。
バイインした5,000HK$は約3時間で溶けました。
1月9日㈪ 8時頃起床。首の状態は、いつもの普通に悪い時くらいまで回復?しています。
朝食は、ホテルのお隣りのパン屋で買ったパンを公園で食べます。

負けてる人間の食事です。なんか凄い自虐的な雰囲気ですが、意外とここのパンは美味しくて、たまに買って食べています。
AM9:30にはリオ2階でゲーム開始。
5,000HK$→5,000HK$。最高は7,000HK$ 。やはり2,000浮いたら、止めるべき?
累計いまだ▲5,000HK$。
2時間後、フェリーターミナル近くまで歩き、足康楽でヘッドマッサージを60分。肩まわりを入念に揉んでもらいます。
No.28のベトナム人がソフトタッチでなかなか上手。


12:30に年末にオープンしたばかりの回力娯楽場へ。

海立方と渡り廊下で繋がっていますが、平日のためか雰囲気はいくらか静か。
1階に200HK$ミニマムのバカラテーブルが
あります。ただしコミッション5%適用。
少しお試し。2,000HK$→2,020HK$。2階に上がって、3,000HK$→2,000HK$。

すると、大小で156の大を発見。日本のカジノ狂の皆さんの間で有名なオカルトです。
 そう、156の大の次は「小」。
1,000HK$を小に賭けたら、432の「小」、ビンゴ!

+20HK$で回力は退散。PM2:00に、リオ・カジノ。

再び悪夢到来、いきなりの4連敗。ここで止めるべき?

結果、5,000HK$溶かします。累計は▲9,980HK$まで悪化。昼間の時間帯は勝てる気がしません。

 PM4:30 グランドリスボア「粥麺荘」で遅い昼食。

上海炒飯。色は黒いけど、なんか美味い。これに小皿のおかずが選べます。私はいつも回鍋肉。

そのままグラリスのカジノで、200HK$minのバカラ卓を見つけ、誘惑に負けて着席。
3,000HK$→2,000HK$ 累計▲10,980HK$。すでに16万円近い負債。*この時期の為替レートは、1HK$=14.79円

PM7:00に、リオ・カジノに戻り、心を入れ替えます。

立ち張りに専念し、奇跡のバンカー19ヅラとL字罫線4連発で、10,000HK$の挽回!

結果、5,000HK$バイインで、11,500HK$で終了。

5時間近くかけて、トータル▲4,480HK$まで戻しました。途中、初日のチェックインの際に助けてくれた眼鏡の日本人の彼と、大小の卓で再会しました。

北海道からひとりで来られている会社員の方とのことで、マカオもカジノも初めてだそうです。
この鉄火場の雰囲気に呑まれているので、立ち張りで中国人の熱狂の波に便乗する〈バカラの醍醐味〉を伝授して差し上げました。彼も最初は恐る恐る300HK$をベットしていましたが、ツラ目が見事に続くため、次第に500HK$ずつ張れるところまで短期間に成長。
おそらく12勝3敗くらいのイメージでツラを取り、およそ4,000HK$の勝利と推測。驚きとご満悦のまま別れました。私も恩返しができて嬉しいかぎりです。
1月10日㈫  最終日はAM7:30より、リオの2階へ。昨夜の勝利でモチベーションも上昇。
1,500HK$ではじめ、最高で3,500まで増やしますが、2,000HK$でお終い。累計▲3,980HK$。
この後は恐怖のホテルの精算が待っています。
サイトの登録名は変更してありますが、私の予約は果たして認められているのか?

認められてました。ホッ…。

AM10:30 足康楽で、90分のマッサージ。
昨日と同じNo.28のベトナム人を指名したものの、意気に感じてくれたらしく、力をこめられてかえって痛い。ちゃっかり100HK$のチップを持っていかれました。

外港碼頭でフェリーのチケットを購入し、その足でPM1:30に回力娯楽場へ。
大小で156のジンクスが崩れます。300HK$やられたのを、バカラで取り返すのがやっとでした。
UO622便で香港をPM6:35に出発。23:10に羽田空港に到着です。

累計▲3,980HK$変わらず。約6万円の敗北です。通算7勝6敗1分

次は絶対に負けられん。
 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*