【結果検証】宝塚記念(2022/6/26 阪神競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

上半期の最後を飾る春のグランプリ。GⅠ「宝塚記念」の馬券予想。
昨年の年度代表馬のエフフォーリア、今年の天皇賞春を圧勝したタイトルホルダー、一昨年の無敗の3冠牝馬デアリングタクトなど、有力馬が精力的に参戦。
しかし、どうも人気馬には
それぞれ不安点が見え隠れしています。
④エフフォーリアは初の関西遠征となった前走の大阪杯で謎の大敗。
鹿戸厩舎の関西遠征(阪神&京都)の成績を調べると、ほぼ全滅のデータを発見。
(先週のウィンカーネリアンで初勝利を挙げてましたが)
ファン投票1位に選ばれた⑥タイトルホルダーには、逃げられないと勝てないという展開の不安があります。
今回はパンサラッサという飛び道具が参戦していますので、有馬記念同様、邪魔な存在です。また天皇賞春1着の馬の連勝は近年ありません。
有馬記念と天皇賞春2着の⑮ディープボンドについては、上りが速いレースへの対応が未知数。高速決着が続いている開催2週目の今の阪神で、好天のレースでは厳しいかも?
4番人気の⑦デアリングタクトは、最後の勝利が一昨年の秋華賞。本当に復活はあるのか?
調教では、4頭とも悪くは見えないので、なんとも悩ましい。
また、内枠をゲットしたルメール騎乗の①オーソリティーについては、右回りへの不安が囁かれています。
逃げ馬⑪パンサラッサを狙ってみたいという衝動にかられましたが、伏兵の逃げ切りが期待できるのは、前哨戦のGⅡまでという気がします。さすがにマークされて早めに捕まる予感。

ということで、私が狙いのは、大阪杯で惜敗したあの2頭。
⑬アリーヴォと⑩ヒシイグアスを馬券の中心に置きます。
アリーヴォは、小倉で好走を続けた小回り適性を期待。
ヒシイグアスは一昨年の中山記念勝ちがあり、右回りの急坂コースに対応ができそう。
リスグラシューで宝塚記念を制したレーン騎手の、帰国前の花道に期待します。4週続けて調教に騎乗したというのも良い情報。
⑩ー⑬の馬連も買いますが、ヒモはさすがに絞り切れないので、デアリングタクトを除いた人気牡馬3頭へ流す予定。

馬券購入


まずはった2頭の馬連⑩ー⑬を千円。

ワイドも押さえるか考えます。
⑬アリーヴォから有力馬へ3点流し

⑩ヒシイグアスから3点流し

馬連は基本、@1,000円の予定。
恒例の横山親子の3連複も買っておきます。

これがホントの親子丼。いつか当たらないものだろうか?
②アフリカンゴールドを⑪パンサラッサと⑥タイトルホルダーに絡めた前残り馬券も、少額押さえておこうと考えています。

競走結果

⑪パンサラッサの強引な逃げに対して、厳しくプレッシャーをかけた⑥タイトルホルダーが、⑩ヒシイグアスに2馬身差をつけて、圧勝しました。
2分9秒7台というレコードで、まさに高速決着。
3着には⑦デアリングタクトが勝負強さを見せ、⑮ディープボンドを凌ぎきりました。
1番人気の④エフフォーリアは、スタートから精彩を欠き、見せ場なく6着です。
私のもう1頭の軸馬⑬アリーヴォは敢え無く14着に敗退。ゲートで出られず、最後方追走ではきついよね。

配当です。

馬連は20.6倍。
①オーソリティーのスタート前の出走取消で、オッズに影響しないかと危惧しましたが、ほぼ想定通り。3連単は252倍の高配当となりました。

勝者の結果論

軸に置いた⑩ヒシイグアスからの馬連が見事的中。
レーン騎手のインを突いた好騎乗が光ります。池添さんではこうはいかなかったかも?

千円買っていますので、20.6倍で、20,600円の払い戻し。
そして、もう1券種当たっていたわけです。
デアリングタクトを捨てきれなくて、3連複フォーメーションを押えておりました。

⑦ー⑩⑬ー⑩⑬④⑥⑮
という組み合わせを買ってました。
配当は51.5倍としみったれていますが、700円の投資なので効率よし。
しかし、今年の上半期のGⅠは1番人気全滅でしたねぇ。
ゲート前で、エフフォーリアの腹回りが汗で真っ白になっているのを見て、呪われていることを実感しました。秋はどうなることやら。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。