【結果検証】宝塚記念 (2021.6.27 阪神競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

1番人気はグランプリ連覇中のクロノジェネシス。でもルメールへの乗り替わりが気がかり。
宝塚記念との相性が悪く、6戦全敗。阪神2200の複勝率も低い。
ドバイ帰り(3月開催)に体重が激減していたという厩舎情報も気になる。
2番人気はレイパパレ。GⅠ大阪杯も含め6連勝中。ただ距離とかかりそうな気性を川田が過去に懸念していた。
馬場は良馬場が濃厚。いつものボコボコの馬場でやる宝塚記念ではない。

宝塚記念はGⅠ初戴冠が多い事で有名。いつも負けている馬が勝てる魔物が潜んでいるということ。
クロノジェネシスは基本2着付けにしましょう。
悲願の重賞制覇を目指すカレンブーケドール、鳴尾記念勝ちの1枠の逃げ馬ユニコーンライオン、前走好走のカデナあたりでしょうか。
レイパパレを買うなら1着のみでいいかも? 距離延長で凡走も。
アリストテレス、モズベッロは3着に置くだけかな。
キセキは軽視。3年連続好走馬はいない。アーネストリーもゴルシも連対すら叶わなかった。福永は怖いけど。

馬券購入

最初に思いついたのは逃げる2頭がそのままなだれ込む①-②、そして、先行抜け出しのクロノをカデナが追い込んでくる⑦-⑧の馬連は買っておかねばと決めました。

一応、①ユニコーンライオンと⑧カデナを穴軸ということで、②⑦⑩に流します。
3連単も買い足すので購入額は抑えめです。(①-②は33倍、①-⑦は27倍、⑦-⑧は80倍もつきます)
あとは流儀を貫きます。
カジノ(ギャンブル)では、同じ目や張り方が上手くいっている時は継続が基本。
当然1番人気牝馬の2着づけのフォーメーションを迷いなく。
ただクロノに勝てそうな馬(展開)があまり思い浮かばない。
レイパパレが逃げて追いつけず、足を使わされての2着。出遅れて前差ししたカレンブーケドールに少し届かず2着。
そこまでかなぁ。

3着は①②⑧⑨⑩⑪⑬へ。
意外と配当がつかない(最低22倍〜最高459倍)のが不満です。⑪モズベッロと⑬キセキは不要かと思いましたが、外すとショックなので入れてしまいました。
⑫のミスマンマミーアをどうするか相当悩みました。で、結局、

昨冬の有馬記念のサラキア(同じピンク帽)の再現イメージで、⑦クロノジェネシスとの馬単⑦-⑫(予想配当81倍)を200円購入。
前述した①ユニコーンライオンと⑧カデナ関連の3連単を押さえます。

ついでに①と⑧の馬連(419倍!?)と①&②の行った行ったケースの3連単も拾います。

本当はこれでお終いだったのですが、テレビ中継でパドックを見ていたら、⑨アリストテレスと⑬キセキが気になり始めました。
〈男馬の意地だってあるよなぁ〉と悪い癖。

挙句の果てに⑦クロノ2着のフォーメーションにも組み込む始末。
先行した①と②が飛んで、⑦クロノの後に⑨と⑩が天皇賞春の順番入替えで来るパターン。

競走結果

予想通り1枠1番の坂井騎手のユニコーンライオンが注文通りの逃げ。
それを追った2番のレイパパレはそれほど煽らず千メートル60秒ジャストのペース。川田がハイペースに持ち込まなかったことが結果を分けたのでは?
クロノジェネシスが4コーナーを回り切ったあたりで抜け出して2馬身半差の圧勝。
残り200mの坂での加速力が違い過ぎる。最後の3ハロンは34.4秒。

ユニコーンライオンはレイパパレに一度離されるものの、最後に差し返し2着キープ。
レイパパレは距離の壁なのか?
福永騎手が乗ったキセキが1コーナーで3番手につけて、クロノジェネシスの前を塞ぎ、同型の先行差しを目指したように思えましたが、最後のキレが全くなく、カレンブーケドールにも交わされ5着。現状の能力がこれで分かりました。
そんなキセキにも先着できないアリストテレス(と鞍上の武豊)は今後、信用してはいけません。GⅡで好走がせいぜいでしょう。
カデナは乗り替わりが響き(?)7着。
向こう上面で20馬身以上離された最後尾では、浜中に勝つイメージが全くないことが明白。キセキの福永を見習いなさい。
先行した好調の2頭を交わせる足とスピードが、カレンブーケドール以下の馬にない事が露呈したレースでした。

勝者の結果論

結果的に、クロノジェネシスに勝てる馬はいなかったということで、
私の2着付け理論は崩れました。
ゲートの出も安定していて、坂があってもゴール前で止まらないクロノジェネシスにして、阪神内回り中距離なら、ルメールの呪縛くらいでは惜敗していい理由にはならないということでしょう。
馬券的には馬連と3連単が的中。


先行する2頭①-②の馬連バリエーションで買った馬券が引っかかったと理解して、結果的にはOK牧場。
馬券購入合計1万円に対して、27,240円のリターンは上出来としましょう。
※②のレイパパレが2着のまま粘ったら、全外しの状況。その惨事を思えば…。
カデナ絡みの馬券を買ったのが14時半頃で、その段階で乗り替わりに気づいていなかったのがあまりにも愚か。知っていたら買い目が替わって、3着のヒモ以外で⑧の馬券は買わないはずなので、もう少し儲かったかも?
最後にアリストテレスを買い足したことは猛省します。
(福永騎手が乗ったキセキは許して)
弱い現4歳牡馬世代を読み切れないと、今後も無駄な馬券を買わされることでしょう。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。