• HOME
  • ブログ
  • うなぎ
  • 〈甲州 うなよし〉山梨・富士吉田の鰻は関東風だった〜にっぽん鰻旅【第23弾】

〈甲州 うなよし〉山梨・富士吉田の鰻は関東風だった〜にっぽん鰻旅【第23弾】

▶ 目次
1.山梨県で旨い鰻は食べられるのか?

2.うな重の竹でも満足のボリューム

山梨県で旨い鰻は食べられるのか?

富士吉田の北口本宮冨士浅間神社に御朱印をいただきにいった帰りに訪問した鰻屋です。

店名は「甲州 うなよし」。
場所は、富士急ハイランドの脇の川沿い。
金曜の11時ちょっと過ぎだったので混んでいませんでしたが、土日なら予約必至の人気店のようです。
キャパも170席と多く、法事など大型の宴会も対応できる広さ。

浜松風の鰻なんですかね?
三島の「うなよし」とは姉妹店ではないそうです。
入口に芸能人の色紙がたくさん飾ってあります。

ほぼ客が誰もいなかったので、1階の好きなテーブルに座っていいと案内され、一番奥に陣取ります。


掘りごたつ風になっていて、足元にヒーターがあったのが嬉しいです。

メニューを拝見。

松のうな重は、なんと鰻が2尾。あまり見ない量です。
白焼と白蒸しの違いはなんなのでしょう?

鰻川鍋という柳川に似た鍋物を用意しているのは、ほうとうに対抗しているのかな?

そばや定食もあるんです。

海なし県の山梨に来て、刺身やサザエを食べたがる客はいるのか疑問。
蒲焼割烹と謳っているのも、何でもありということでしょう。

なんでこんなに単品の料理メニューがあるのかも意味不明。
注文はうな重・竹(5,400円)と、半白焼(1,700円)
ご飯は大盛りにしておきました。
肝焼きもお願いしたのですが、品切れだとか。*予約制のようです。

うな重の竹でも満足のボリューム

約20分で続けて運ばれてきました。

まずは白焼からいただきます。

ハーフなので半尾でしょう。わさびと塩でいただきます。

蒸されているので、見た目より柔らかいです。

塩の方がお薦めでしょうか。フワフワという程でもなく、感動は控えめでした。
次はうな重に取りかかります。
竹とはいえ、立派なうな重。一尾半だとか。

普通のお店では、重箱の長い辺に平行に鰻を並べますが、ここは短い辺に沿って鰻を4列で置いています。

うな重は関東風の蒸し焼き。
じっくりと蒸されています。
その証拠に新規で入ってきた客には30分以上時間がかかると伝えていました。

見た目の鰻の照りは凄かったのですが、タレはそれほど甘辛ではなく、江戸前とは一線を画しているようでした。
タレの主張がそれほどでもなく、鰻本来の味に重きを置くのは、静岡寄りと言ってもいいかも?
お吸い物は普通に薄味。

肝もちょっと小ぶりかなぁ?

香の物と酢の物が付いてきます。やや寂しげ。

とにかく完食です。

総合満足度は100点満点で
86点としました。
白焼の脂のノリとインパクトが弱かったように思います。
うな重は普通に美味しいのですが、竹で税込み5,500円超は地方では高額のような気が…。
また肝吸いや香の物などのクオリティが一流店と較べると厳しい。肝焼きがないのも残念でした。
ただ鰻のボリュームには満足できたので、夏場の本栖湖でのウィンドサーフィンの帰りにリピートしたいと思います。
店の中にちょっととした池もあって、座敷も綺麗。

立派な店なので、皇太子時代の天皇陛下も来店されたのでしょうか。それともただの皇室好き?

民芸品が飾られた玄関口。

よく見ると、小鹿の剥製が…。

大丈夫なんだろうか…。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。