熱闘!海外カジノ・マカオ篇#32《マカオカジノ20勝目は土壇場の大逆転》~2019年11月~

▶ 目次
香港デモの最新情報

1日目:令和1年11月1日はマカオにて
2日目:マカオGP直前の市街地を徘徊
3日目:20勝が懸かった最終決戦

香港デモの最新情報

6月に発生した香港の逃亡犯条例改正に端を発するデモが収束する気配がありません。
テレビ等のニュースで、香港の市街地で民衆に催涙弾を打ち込む香港警察の様子が報道されていますが、昨日(11月3日)帰国したばかりなので、いち早く現地の情報をお伝えしたいと思います。
結論から言うと、空港とその周辺でデモは実施されていません。
7月に香港に立ち寄った際は、香港島の中環〜湾仔で100万人規模(という噂)のデモが毎週末に発生している状況でした。
9月上旬の渡航はもっと深刻で、8月に香港国際空港のロビーにまでデモ隊が押し寄せ、空港に繋がる道路も封鎖したため、やむなく欠航となったフライトが続出した日がありました。日本の外務省が香港を危険レベル1に指定したのもこの時期です。
私が香港に着いた日も、空港周辺での抗議活動が予告されていたのですが、エアポートエクスプレスが午後から途中駅には停車しないという程度で、全く市街地へアクセスできないというようなこともありませんでした。(私の場合は空港からフェリーで直接マカオに向かったため、警官すら目にしませんでした)
そして、今回の11月初頭。香港島だけでなく、九龍側の太子や尖沙咀でもデモ参加者への警官隊の攻撃及び逮捕が連日続いています。地下鉄は22時頃には営業を終えています。
われわれ観光客も巻き込まれないように注意することが重要です。警官隊の中には、香港人でない助っ人が混ざっていて、デモ隊と観光客や報道記者の区別がついていない輩がいて、誰彼見境なく砲撃してくるという話。
くれぐれも黒い服を着ないこと。マスク禁止規則なんていう条例も制定されていますので、真似して顔を覆ったりしないことが肝要です。
ただし、空港は現状は概ね無風状態。適当なことは言えませんが、午前中にさっさと移動してしまえば、バスやMTRも使えそう。注意すべきは、空港を警備している警官とのトラブルです。
帰国の際には、空港への入口でパスポートと航空券(またはそれを証明するオンラインチケットの画面やコピー)を見せる必要がありますので、すぐに提示できるよう準備しておきましょう。またSNSで発信されるのを嫌っていますので、バシャバシャ写真を撮ったりするのは控えましょう。*この章に画像がないのはそのせいです。
香港入国については、あくまでも自己責任です。ツイッターで「#香港デモ」を検索すると随時、デモの予定や状況が入手できますので、自分で判断してください。*見ると行きたくなくなっちゃうかなぁ?
ちなみにマカオについては、拍子抜けするくらいお気楽な雰囲気です。
ここだって香港の数年後には一国二制度の終焉を迎えるはずなんですけど…。

令和最初の1のゾロ目の日

出発は令和1年11月1日。狙ったわけでないけど縁起がよさそう。大小でゾロ目に賭け続けましょうか?
33回目のマカオ遠征となります。
羽田空港の国際線ターミナル着がAM4:35。3連休の前日ですが出国検査もガラガラ。
フライトは香港エクスプレスUO625便。帰国便10円キャンペーン適用なので、往復運賃10,790円。最近はそれ以外にかかる諸税の方が高く感じます。
6:35頃離陸し、香港空港着は10:25。最近はバスに乗せられることもなくなり、空港に直結です。
10:50には到着ロビーに出てきました。ここまで恐ろしく順調。警察官も想像したほど巡回してません。
今回は、港珠澳大橋を使って、バスでマカオに渡ることにしました。香港口岸に向かう路線バス(B4)のバス停へ。
11:10にバス(6HK$)が来て、香港口岸に5分後に到着。出国手続も自動化されて列もなし。
マカオ行きのバスは11:25発。65HK$でした。

※この時期の香港ドルのレートは、1HK$=約13.8円。
*香港→マカオへのバスの乗り方はこちらの記事でご紹介しています。〜港珠澳大橋横断レポート(香港~マカオルート完全解説)《海外旅行快適化計画⑧》〜

約40分でマカオに到着。入国手続を済ませ、マカオ外港フェリーターミナルに向かう路線バス(102X)に12:25に乗車。

バス停4つほどなので10分で外港碼頭へ。向かい側にいた3番のバスに飛び乗り、今回の宿泊先の萬龍酒店(ミリオンドラゴンホテル)には12:45に到着。

香港の空港から2時間を切ってマカオの市街地へ着いたのは最速記録かも?
フロントも大した混雑はなく、約束の時間より2時間も早く部屋に通してくれました。

デラックスクイーンルームのダブルの予定が、図らずもグランドキングスイートにグレードアップされていました。
画像右上に見える壁に投影された薔薇の影絵が、いつにもまして卑猥です。
これで金土の2泊で諸税込で31,186円。
*マカオ半島の中堅ホテルのレビューはこちらの記事となります。マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜

夕方にはわざわざ果物の差し入れがありました。ナイフが部屋にないから食べられないけど…。

今回は観光は置いといて、真面目にカジノに取組むつもり。
前回、10万円以上負けていますので、リベンジを期しています。
往きのフライトでもスマホのバカラゲームで2時間以上、特訓してきました。
すぐに荷を解き、着替えて、香港ドルを引き出しに、HSBCのATMへ。

ここはリオホテル(利澳酒店)の向かい、セブンイレブンの隣りにある24時間営業の現金引出コーナーなのですが、7月に強盗があり、中国人男性がナイフで襲われた場所。周囲に注意を払いながら1万HK$(約14万円)をマネパカードで下します。
*マネパカードとは、FXのマネーパートナーズが提供している海外でのキャッシュサービスで、日本国内で為替レートが有利な時期に、米ドルや香港ドルなどに両替しておき、それをマネパカードにチャージしておくことで、現地の提携銀行のATMで現地通貨が引き出せるシステム。キャッシングや銀行の両替よりも手数料が安いので、ずっと利用しています。
そして、14時にはリオカジノ(利澳娯楽場)へ。

最初から張り切り過ぎると、ろくな結果が待っていないと自制して、3,000HK$のバイイン。300HK$ミニマムのバカラ卓でゲーム開始です。
早くも特訓の成果がありました。
私が賭けるチップにやたらと載せてくる短髪美人の中華系熟女と共闘して、最高5,300HK$まで増やします。約2時間後に手持ち4,500HK$で終了。
△1,500HK$の勝利に気を良くして、しばしのお散歩。

徒歩で媽閣廟(マーコーミュウ)へ向かい、17時半に開店すぐのリトラル(海灣餐廳)へ。


ポルトガル料理で有名なお店。

入口に近い4人掛けのテーブルに案内されますが、1階・2階とも座席数が多く、なかなかの大箱のようです。
日本の有名旅行会社が添乗する宴会も催されていました。


定番の〈アフリカンチキン〉と〈ダックライス〉をハーフサイズで注文。ダックライスは初めて食べるので興味津々です。

追加で〈カルダヴェルデ〉いう名前のケールがたくさん入ったベジタブルスープを追加。

デザートは〈エッグプリン〉と〈アイスレモンティー〉。
アフリカンチキンはお店によって結構、味に違いがあります。ここんちのは玉ねぎとニンニクが効いたソースでトマトの酸味は少なめ。手羽元のような鶏肉がちょっと食べにくい。
ヘンリーズギャレーマキシムの方が私は好みかなぁ?
ダックライスもスープも、日本にはあまりない風味で美味しかったです。金曜だったので余裕でしたが、店がデカいので飛び込みで来店しても大丈夫だと思います。お勘定はサービス料10%を入れて437HK$。
*リトラル(海灣餐廳)の詳細は別の記事で紹介しています。〜「リトラル(海灣餐廳)」のダックライスとアフリカンチキン〜マカオの微妙なグルメ㉞〜


スーパーで菓子とドリンクを買い込み、ホテルへ戻ります。出前一丁味のポテトチップスを見かけたので買っちゃいました。

まだ19時半でしたが、歩き疲れと食べ疲れでベッドに横になります。
案の定、起きたら日は変わりAM0:50。顔を洗い、30分後にリオカジノ(利澳娯楽場)へ。

勝てそうな気配はあるのですが、バイインした1万HK$をなかなか越えられない展開。
まあまあ下に落ちる罫線が多いものの、強く賭けた時にはだいたい負けるので、行き切れない状態。
手元に残ったのは7,500HK$。
本日の累計▲1,000HK$。
和(タイ)の後と6半バンカーの次に日和るのをどうにかせねば。初手や迷った時は対子(ペア)に張るのがいいかも?

カジノからの帰りに、ホテル裏で〈カレーおでん〉をテイクアウト。

出前一丁を入れてもらって合計42HK$。
空港や散歩の途中にバームクーヘンやチョコドーナツを間食しているため、この日2度目の食事です。
言葉が全く通じず、テイクアウトもノースパイシー(辛くしないでねという意味)も理解してもらえなかった。
このお店、要注意です。案外美味しいけどね。
*カレーおでん屋「彈起小食 」の詳細は、別の記事でご紹介しています。「彈起小食 」はコミュニケーションに問題あり〜マカオの〈カレーおでん〉食べ比べ③〜
AM4:30に満腹と軽い腹痛のまま就寝。

マカオGP直前の市街地を徘徊

2日目はAM8:40に目を覚ましました。シャワーの後、のんびり着替え。

朝飯は飲茶です。5分ほど歩いて「聖龍酒家」へ。道の反対側から工事中に見えましたが、営業しておりました。

オーダーは写真入りのメニューに自分でチェックを入れる方式。

私のオーダーはピータンと豚肉のお粥、湯葉の鮮竹巻、春巻、マーラーカオ(蒸しパン)とプーアール茶。

何回か来店しているので、メニューの選択に迷いがありません。
ここのお粥は相変わらず美味。調味料が一切置いていないのですが、塩や胡椒を加えて味を調える必要が全くありません。
ただ画像を見て、お気付きの方もいるかと思いますが、あり得ない量の料理(笑)が一品あります。

こんなホールケーキのような大きさの蒸しカステラを一人で食べ切れるはずがありません。

身振り手振りで食べ切れないことをアピールして、持ち帰り用の入れ物をもらいました。
*「聖龍酒家」の詳細はこちらの記事でご紹介しています。

~異例の再登場!「聖龍酒家」の飲茶の朝食~マカオの微妙なグルメ㉑
〜「聚龍酒家」~マカオ半島でも本格的な飲茶が食べたい!!~《マカオの微妙なグルメ⑮》
飯を食ったら、また眠くなったので(食い過ぎだ!)ホテルに戻ります。
起きたら12:30。泊まっているホテルの2階にある「
萬龍カジノ」へ。

寝起きで頭が冴えないので、200HK$ミニマムのバカラ卓を中心に、地道にツラ目とパターンを追い、チップを増やします。
3時間近く粘り、最後のテーブルで見かけたオジサンが傑作。
風貌は花形満のかつらをつけた水木一郎!?
顔立ちはアニメ歌手の水木一郎似のくっきりフェイス。そして髪型は劇画の中でしか見ることのない20cm以上斜め上に伸び固まった巨人の星・花形満ばりのサイドリーゼント。
視界に入るだけで吹き出しそうになるのですが、持っているツキの量も半端ではありません。
6回続いているプレイヤーのツラ目で、卓の皆を説得してバンカーに張らせます。
私もよく分からないまま、チップをバンカーサイドに置き直したのですが、水木一郎は凄い気合でナチュラル9を絞って見せました。
私もこれで勝ち確定。5,000→6,750HK$。
累計でも再びプラス領域に返り咲き、△750HK$。約1万円の勝ち越しです。
15時に萬龍を出て、新しいカジノなどを見学しながら、マカオ市街を徘徊します。

こちらはワルドカジノ(華都娯楽場)。萬龍酒店の隣りにあります。
16時半には福隆新街に顔を出します。

添發碗仔翅美食」の前を通りかかったら、夕方はいつも20人くらいいる行列がなんと3人。

並んでみたところ、1分後に入店できました。

これはラッキー。
念願の添發碗仔翅美食のフカヒレスープです。

相席の狭い丸椅子に座らされ、フカヒレとナマコ入りの〈大隻翅〉(100HK$)を注文。

スープの色が他店より濃い気がします。フカヒレは5cmくらいのが5~6キレ。しっかりした歯ごたえです。
ただ以前はもっと安かったような気が…。

私が店を出た時は、行列が凄いことになっていました。
*添發碗仔翅美食の詳細は別の記事でご紹介しています。「添發碗仔翅美食」で念願のフカヒレスープ〜マカオの微妙なグルメ㉝〜

セナド広場を抜けた道中、プチワッフル(15HK$)もつまみ食い。

こういう〈何でもないようなものが幸せ〉だと思うこの頃です。

リスボア裏にある「カムペックカジノ」も見学。

数年前、店内で殺傷事件のあったカジノです…。かなりの鉄火場。
マカオ半島の市街地はすっかりグランプリモード。

スタンドや道路の準備もかなり進んでいます。

これがあの有名なリスボアコーナー?
ニュー・ランドマークホテル(新東方置地酒店)にあったファラオ・カジノも改装されて、ランドマーク・カジノ(置地娯楽場)としてリニューアルされていました。

なんか入口だけはギラギラして目立っていますが、カジノはホテルの3階にあります。
*マカオカジノのレビューはこちらの記事となります。〜マカオ・カジノを勝手に評価 #6【友誼大馬路の鉄火場】〜

ホテルに戻り、また仮眠。今日の差入れはジャスミン茶でした。

20時に萬龍カジノに再出動します。

200HK$ミニマムのテーブルに陣取り、いきなり対子(ペア)を当て、新戦術は好調なスタート。
ツラ目は3度までという罫線を忠実に追い、沈みなく勝ち越します。
2時間近く粘り、最後と決めた勝負で、手持ち6,700から4
手目のプレイヤーを嫌い、バンカーに700HK$張り自分で絞ります。
ナチュラル8で9に負けました。
突き抜けません。5,000→6,000HK$で22:20に終了。
累計は△1,750HK$。
夕食の時間。ステーキ屋を探し、スターワールドの裏手の知っている店を訪ねましたが、20時で閉店していました。
やむなくグランドラパ2階のラウンジへ。

クラブサンドイッチ108HK$とアイスコーヒー50HK$。

最高に美味いサンドイッチですが、ラウンジの弾き語りが少しうるさい。
24時。リオカジノ(利澳娯楽場)へ。

土曜深夜なのに2階もなぜか閑散としていたので退散。
萬龍カジノに戻ります。

1万HK$をチップに替えて、11,000までは
割とすぐ増えたのですが、対子戦法が不発。途中から調子を崩します。
終いには眠くなってきて、場に逆らって自らカードを捲りだしたのが敗北への呼び水でした。
最後に500HK$賭けて連敗。勝ち分をほぼ吐き出しました。AM2時に終了。
10,000→8,500HK$。累計はとうとう△250HK$。浮きは僅か3千円。


20勝が懸かった最終決戦

10時起床。昨夜の敗北で外に食べに行く気があまり湧いてきません。
リオホテル横のパン屋で、テイクアウト。

合計63HK$。

ここのマンゴージュースが果肉たっぷりで気に入っていて、たまに飲みたくます。25HK$なので300円超。でも美味しい。
11:40にホテルをチェックアウト。さあ、最終決戦。
正直250HK$の勝ち逃げも考えたのですが、心に問いかけました。
自分は何をしにマカオに来たのか?
リオカジノ(利澳娯楽場)へ。あと2時間でどこまでやれるか。

5,000HK$をチップに替え、2階の300〜500HK$ミニマムのテーブルを徘徊。
そして、適当な罫線を見つけ、ツラ目に乗ったところ…、
まさかの3連敗。
300→300→400HK$で、呆気なく千HK$凹みます。
あろうことかマイナス領域の▲750HK$。
ヤサを替えねば。一目散に萬龍カジノの2階へ。
もう勝つしかない展開です。再び5,000HK$のバイイン。
いきなり2連敗したのですが、今度は腹が据わっているのか、三度目から勝ち始めました。
海老蔵似のディーラーとの相性抜群で、800HK$負けているところから、奇跡の浮上を果たします。
200HK$ミニマムでしたが、10勝2敗ペースで勝てました。
黒カード後の最後のバンカーも快勝。気分よく終えられました。
手持ちは6,470HK$。通算で△720HK$。
1万円だけ勝ちました。負けなきゃなんでもいいや。
クロークに預けていたキャリーバッグを引き揚げ、総統酒店前のバス停で路線バス(102X)を10分待ち、14:05に乗車。
香港口岸行きの港珠澳大橋バスは14:40発車。香港への到着は15:30でした。18時頃の飛行機なら、14:30にマカオを出発しても間に合うと思います。
行きと同じB4バスで空港へ向かい、15:40に第2ターミナルのカウンターで搭乗券を受け取ります。
警官の身分証チェックを受けたのはこの直前です。
帰りのフライトは香港エクスプレスのUO32便。17:55香港発で、羽田空港には22:40到着でした。
久々にカジノ(バカラ)に時間を費やしたマカオ遠征でした。
200〜800HK$のレンジでチップを張っていて、もっと賭けたい場面もあったのですが、多めに張ると殆ど負けている現実が立ちはだかり、大きく勝ち越すことが叶わなかったのが、歯痒い展開でした。
マカオ通算20勝12敗1分け。
記念すべき20勝目も、ショボいなぁ…。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。