熱闘!海外カジノ・マカオ篇#4《カジノの会員カードをGETせよ!》~2016年1月~

2016年最初のマカオ遠征

11月から3か月連続の訪澳です。日程は1月15日㈮からの3日間。
今回も香港エクスプレスUO625便で、羽田6:35発。冬場なので香港国際空港は11:00着です。
この頃はキャンペーンを待たず無邪気に申し込んでいたので、航空料金は座席指定なしで28,930円。*手数料など含みます。
空港から直接、マカオへ行くフェリーの乗継時間が合わず、上環経由となったため、マカオ到着は午後3時頃でした。

宿泊はメトロパークホテル(澳門維景酒店)。Booking.comで1,640HK$。*この頃のレートは1HK$=15.2円

北京街にあるこのホテルは、珍しくカジノがなく、最上階のレストランが回転するそう。(たぶん行くことはありませんが…)
1室12,000円のレベルだとリオやリスボアより少し割高かも。
普通にいい部屋ですが、エアコンが効き過ぎて、調整が上手くいかず眠っている間に凍死するかと思いました。なぜ1月なのに冷房が必要なのでしょう。
朝食のビュッフェも試しましたが、NO VALUE。

人間罫線になった1日目

17:00 肩慣らしはお決まりのリスボア水晶宮に。

100$min(約1,500円)でバカラを始めたのですが、完全に裏目にハマっています。
カジノの最強の必勝法はツキのない人間を探して、そいつの逆を張ること。
常々負けて熱くなっているオヤジを探して、テーブル間を彷徨っているのですが、今回は、気づいたら自分が負けてるオヤジとなっていました。
100HK$minの卓で300も賭ければ、オナーとなってカードを絞る役目となりがち。
けれど、調子は最悪で、相手の3枚目の合計が1で、こちらに配られた2枚は足して3。7以外は負けないような絶好機にきっちり7の札を持ってきます。

そんなのが3回くらい続くうちに、自然と卓の全員が私の逆に張るようになりました。
その時は8人座れるテーブルで3番の私以外は中国系の家族らしい一団が席を埋めていました。私を挟んで大声で会話しあい、こちらが裏目を引くたびに馬鹿にして笑っています。
家族の中の息子らしい若い男が勢いこんで張ろうとすると、私が張るまで待てという感じで制されています。そして私がバンカー・プレイヤーのどちらかにチップを置くと、家族全員で逆張りしてきます。

まさに人間罫線!
これは傷つきますねぇ。
チップに換えた2,000HK$が30分で溶けました。テーブルを替えて、あらためて3,000HK$バイイン。すぐにさっきの家族の中の何人かが追いかけてきて、再び逆張りしてきます。
ハイエナに食い尽される獲物です。
ツキは変わらず、ここでも3連敗して、3,000$→2,100HK$。トータルで▲2,900HK$。
今後、水晶宮ではバカラをやらないと心に決めました。
次ページの、カジノの会員カードの作成行脚に続きます。

続きを読む
1 / 4

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。