熱闘!海外カジノ・マカオ篇#7《サンズ・マカオの夜は更けて》~2016年5月~

▶ 目次
まさかの連絡不通
1日目:S君とのカジノ・ホッピング
2日目:真夜中の大勝利
3日目:あっさり勝ち逃げ

中18日でのマカオ遠征

前回の渡澳からまだ18日しか経っていない5月20日㈮。来ちゃいました。香港エクスプレスUO625便 羽田空港6:30発で香港行き。今回は約半年振りに会社の同僚S君が同行。
そう「リオで退場」の彼です。
田空港に向かう途中、彼の蒲田の自宅前でピックアップの予定。午前4時にマンションの下で電話したところ、まさかの留守電!?
LINEで電話しても、会社の携帯にかけても出ません。
さすがにビビりました。
部屋番号も分かりません。昨夜、絶対に留守電にしておくなと忠告しておいたはず……。
15分して、LINEにメッセージ。《もう来てるんですか?》………。
えー!!!!????
なんとこの余裕。さすがゆとり世代。私が放っておいたら、こやつはどうやって空港まで来たのでしょうか?
5分してマンションから出てきました。悪びれた感じもありません。
私もここはオトナの度量を見せてやらねばと思い、ぐっと堪えて、コンビニで買っておいたドリップ珈琲を薦めました。
旅前に説教してもねぇ…。


1日目:S君とのカジノ・ホッピング

香港から、空港直結のフェリーに乗れず、マカオへの到着は13:45。ホテルはカーサレアル(皇家金堡酒店)。外港碼頭から歩いて10分。


15:00  ファラオ(法老王娯楽場)からバカラ開始。3,000HK$バイインも±0。
16:00  リオ・カジノ(利澳娯楽場)で、日本円17万円をホールドし、4,000$をチップに換えるも、1,
000HK$減らします。
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情

19:00  新馬路ドン付きのポンテ16へ。

試しに1,000HK$で始め、200HK$minのバカラ卓で溶かします。
いやぁ~、客層悪いっす。本土の中華系が多く騒々しい。
珠海のボーダーへ往復している無料バスの混雑がハンパではありません。
海立方と双璧か、今なら、回力とどっこい。向こうはパンの配給で行列しているから同点かも?

この時間、ポンテ16の外はどしゃ降りで大変でした。

私はご近所へ避難したのですが、S君は
独りでずぶ濡れで帰ったらしい。

夕食は再合流して、「松花湖水餃」。ここも中華大陸度の高い東北料理の店。たいてい小籠包を注文します。

24:00  またまたリオ・カジノ。午前4時頃まで粘るも、3,000HK$→2,000HK$。
勝負手がことごとく負ける展開。終盤でS君との共闘した際の、彼の絞りによる挽回がなければ、マイナス5,000HK$が確定しかねない状況でした
初日は▲3,000HK$ 。S君は約5万円浮いているらしい。

2日目:真夜中の大勝利

私は9時に起きて、グランド・ラパの「カフェ・ベラヴィスタ」へ。朝食ビュッフェ217HK$。

S君は爆睡しているようなので放置しておきました。
11:00 リオ・カジノで戦闘開始。5,000HK$バイインし、3,500に。
不調は継続。 累計で▲4,500HK$。
15:30  グランド・リスボアを探索。1階の500HK$minのバカラ卓で少しだけ勝負。±0。

 やっとリワードクラブを見つけて、念願の会員証作成。
マカオで9枚目のメンバーズカード。S君に多謝。特にノベルティもらえませんでした。


この日の夕食は奮発し、S君
と連れ立って、サンズ・コタイセントラルの「鮮」にて火鍋のブッフェに。
飲み物別で夜は1名500HK$くらい。満足度は高いです。行列なし・予約不要。
*お店の詳細はこちらの記事。

21:00  サンズのシャトルバスで、マカオ半島側のサンズへ向かいます。

珍しくサンズ・マカオで共闘です。ツキを変えるため、10,000HK$の本気のバイイン。
21,500HK$まで増やして終了! ここだけで16万円超の大勝利!!
2時過ぎの出来事でした。500HK$minのテーブルで、
80歳くらいに見える中国人のお婆ちゃんに乗っかり、バンカーヅラで13連チャン。
寄ってくる中国人のおっさん達に絶対に絞らせないように、ガードして連勝連勝。
お婆ちゃんと2時間共闘した甲斐がありました。多謝!!
累計+7,000HK$で終了。約10万円の勝利です。
S君も同じテーブルで5,000HK$以上、勝っている模様。
*この頃の為替レートは、1HK$=約14.05円


3日目:あっさり勝ち逃げ

最終日は9:30にリオへ行き、ホールドしていた17万円を解放。
もう今日は博打をする気になれず、朝から足康楽へマッサージに。

帰国便は18:35発の香港エクスプレスUO622便だったが、外港碼頭から香港空港へのフェリーは選ばず、S君が14,000HK$の爆勝をしたため、尖沙咀の重慶マンションへ両替に。インド人の客引き(ホテルを薦めているようです)を掻き分けながら進みます。
私もついでに両替して、10,011HK$が、141,000円でした。


通算5勝2敗1分 。S君とのコンビだと2連勝。
《地元じゃ負け知らず。修二と彰みたい》

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。