「彈起小食 」はコミュニケーションに問題あり〜マカオの〈カレーおでん〉食べ比べ③〜

いちいち記事にする必要もないとも思いましたが、せっかくなのでご紹介します。
高美士街にできた新しいカレーおでん屋。
お店の名前は「彈起小食 」

割と最近、オープンしたようです。萬龍酒店(ミリオンドラゴンホテル)の裏手にあります。
リオカジノの帰りに、セブンイレブンに寄ったついでにテイクアウトしました。
アイスケースに並ぶ練物や牛モツ(牛雑)を選んで、お店の人に湯がいてもらい、カレースープをかけるお馴染のスタイル。
私は、出前一丁を入れたので、合計42HK$(約600円)でした。
*麺は米粉を含め、何種類かあり、出前一丁は〈チョッチンヤッデン〉と言えば伝わります。インスタントラーメンは〈コンジャイミン〉。

画像で見ると、ラーメンとハムしか見えませんが、麺の下にイカボールやはんぺんが埋もれています。
注意があるとすればコミュニケーション。
英語も日本語も全く通じません。
通常のカレーおでん屋は外人慣れしているので、辛くするかどうかを「Spicy?」とか訊いてくれるのですが、そんな様子はありません。
私はあまり辛くしてほしくなかったので、「No spicy, please」と告げたのですが、その女性店員には理解していただけません。
おまけに私の前に先客がいたので少し待たされたのですが、何かを広東語で尋ねられ、適当に答えていたら、器と箸を渡され、その辺で食ってろと顎で示されました。
なんとかジェスチャーでテイクアウトしたいという意思を伝え、プラステックの丼を覆う蓋をもらい、ビニール袋に入れてもらって帰りました。
ホテルで食べたら案の定、激辛でした。美味いんだけどね。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。