熱闘!海外カジノ・マカオ篇#31《進むべきか退くべきか、それが問題だ》~2019年9月~

▶ 目次
台風上陸、しかも到着当日が空港封鎖!?

1日目:案外さらっとマカオに到着
2日目:官也街を初観光
3日目:ラザロ地区で世界遺産を実感

台風上陸、しかも到着当日が空港封鎖!?

今回のマカオ遠征は4月頃に予約を入れていたのですが、台風は毎度のことながら、香港のデモがここまで拡大するとは予想外の展開でした。
渡航前週の空港封鎖デモの様子をネットで見たり、行政長官の逃亡犯条例改正撤回などを知るたびに、心が揺れます。外務省の危険度もレベル1になっていますし、旅行を決行すべきか逡巡していました。
極めつけは、到着日の9月7日の午後から、香港国際空港で封鎖デモが予定されていることが発表されました。その情報を入手したのが前日の夕方。さらに大型の台風も上陸しそうでフライトも微妙。正直、帰宅した時には諦めようと決めていました。
では、なぜ断念しなかったのか、その理由。
まず天候の問題。よく調べると台風13号は出発前日に韓国に抜け、14号はフィリピンから台湾へ向かう途中で熱帯低気圧に。そして15号は帰国の半日前に東北地方へ北上しそう。ある意味、奇跡的な旅程です。
さらにデモの開始は午後1時かららしく、10時に到着してフェリーかバスで空港を離れれば、逃がれられそうと判断したわけ。
これは私に風が吹いている
と思えてきたのです。
まあグダグダ続きで仕事に飽きてきていて、家で台風をやり過ごすのに嫌気がさしたというのが本音でしょうか。
我が運に賭けてみましょう。

案外さらっとマカオに到着

9月7日㈯。AM3:35に家を出発。クルマを国際ターミナル駐車場に入れ、4:30に羽田空港で搭乗手続き。
フライトは香港エクスプレスのUO625便。復路10円キャンペーンで往復10,790円。座席指定料と空港税などを含んで総額22,430円です。キャンセルが効かないチケットを予約していますので、行かないとこれもパー。(ホテル代も同様です)
離陸時間が10分早まり、6:25発に変更されていました。気持ち飛行機が空いています。それもこれもデモのせい?
羽田の荷物検査でなぜか引っかかり、靴まで脱がされ、X線チェックへ。
まさかオークションで入手したプラダの靴の底に、刃物や麻薬が仕込んであったとしたら洒落にならん…
と不安に駆られましたが、犯人はスニーカーのベルクロの留め具だったようです。
あと、ボディチェックのブースは立ち止まらないで歩き抜けるんだって何度も注意されました。
最近はバンザイしなくていいんだ…。
30分近く余裕があったので、「六厘舎」で特製つけ麺(1,080円)の重い朝食。

9:20に香港着。第2ターミナルに直結され、シャトルで移動し、フェリーチケット売場へ直行です。
今回はデモを避けるため、港珠澳大橋の越境バスを使わず、空港からマカオへ渡るターボジェットを利用します。
これなら到着ロビーに出なくて済むので、最善策かと。

搭乗口もガラガラ。

11:00発のマカオ外港埠頭行きのエコノミーは270HK$(約3,645円)。
*この時期の為替レートは1HK$=約13.5円。
香港の気温29度。対岸から口岸を眺めるとバスは普通に動いていそう。

でも空港ロビーには行きたくなかったので、これが正解と信じたい。

約1年ぶりの船旅。乗客も少なめ。橋ができたので1日2往復に減便したようです。

ボロボロだった内装がリニュアルされて、椅子が新品になったのは企業努力?
12:10にマカオに上陸。そのまま徒歩で、今回の宿泊地であるグランド・ラパ(澳門金麗華酒店)へ。

マカオ半島に古くからある名門ホテル。スタッフの笑顔での対応がマカオ随一のホスピタリティ。

チェックインが15時の約束のため、部屋の準備が間に合わず、13:30に出直すことに。
2階の「カフェ・ベラヴィスタ」で休憩。窓から映る緑が爽やか。

ここの名物の絶品セラデューラとアイスコーヒーで88HK$。
*カフェ ベラヴィスタのセラデューラの詳細はこちら。「カフェ ベラヴィスタ」のセラデューラはマカオNO.1デザート〜マカオの微妙なグルメ㉛〜

まだ時間があったので、ホテルの中にある東方娯楽場で15分だけお試しカジノ。

2,000HK$をバイイン。バカラだけのようです。
200HK$がミニマムで、以前見かけた100HK$の設定はありません。
連敗スタートのまま、1勝4敗1分で1,600HK$までチップを減らし終了。
あまり調子よくないみたい。
部屋にチェックイン。宿泊費は土日の2泊(朝食付)で1,935HK$(日本円で26,226円)。

クラシックでとても雰囲気のいいホテルです。リスボアより清潔感が高め。
ベッドの上に大きな丸いアズレージョ。何気ないセンスが秀逸です。
*マカオのホテルについてはこちらでまとめてレビューしています。〜マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜

荷を解き、ちょっとお散歩。新馬路のドン着きにあるポンテ16カジノを視察します。

バカラ卓は200HK$minがなくなり、卓の6割が300HK$からになっていました。土曜だからかも。
1階は残りの3割が500、場所を区切って1,000HK$minです。全てノーコミッションで潔い。
大小のテーブルが中央に集まり、そこに大勢の客が集まり賑わっているのは、大陸系のお上りさんが多いからでしょうか。土曜午後の混雑に気圧されて、プレイしないで退出しました。
17時頃、水坑尾街に向かい夕食。
「坤記餐室」へ初めての訪問。

マカオ料理を食べさせる大衆的な人気店だそうです。
日本人びいきの店主らしき男性がしきりに話しかけてきます。
注文は、ミンチーライスとカレービーフ。そしてゼロコーク。
会計は170HK$。なんか勘定が私の計算と合わないんですが、勢いで払わされました…。
*「坤記餐室」についてはこちらの記事でも紹介しています。マカオ料理の大衆食堂「坤記餐室」は日本人びいき?〜マカオの微妙なグルメ㉚〜
あまりの蒸し暑さにたまらずデザート探し。
同じ水坑尾街を先に進み、ラザロ地区近くの「禮記雪糕」



アイスクリームを中心とした甘味処といったお店。(実際は土曜の午後なので満員です)

ココナッツアイスとアイスミルクティーで37HK$。

箱入りウェハースの頼み方が分からん。
19時頃まで放浪していたのですが、汗だくでヘトヘトになり、ホテルに戻ります。
疲れ果て仮眠のつもりが、起きたら午前1時。カジノの時間です。
徒歩で萬龍カジノへ。

まだ眠気が覚めず、200HK$minでチマチマ張ります。波に乗れません。
3,000→1,990HK$。▲1,010HK$。
すぐに見切りをつけて、リオカジノ(利澳娯楽場)へ。

気合を入れ直し、1万HK$をチップに替え、立ち張りでパターンを追うことに。
300HK$minのバカラ卓。出だしは調子よく3連勝。すぐにプラス1,500HK$に

原点復帰まであと10HK$といったところでツラ目が終了。
結局これがピークでした。波に乗れず中途半端に飛び込み自殺を繰り返し、最後は6連敗で手持ちは8,000HK$。
ツラとパターンを追っての6連敗って、かなり運がない。
やめておけという神の啓示です。▲2,
500HK$でリオは終了
体力的にはまだ元気だったので、カーサレアルと回力カジノを見学して帰ります。午前3時にホテルに帰着。
*今回、お試ししたカジノの評価とレビューはこちら。マカオ・カジノを勝手に評価 #5【大陸系中国人に人気のカジノ特集】
1日目の結果は累計▲3,910ドル。
安全な入国で運を使い果たしたのでしょうか?

官也街を初観光

9月8日㈰、2日目。8時に一旦起床し、2階のカフェ・ベラヴィスタで朝食。

麺類とパンを同時に食べるという悪食ぶりを発揮。今回は朝食付にしたため元を取ろうと浅ましさが爆発した感じです。
満腹となり11時まで二度寝します。
まだカジノへ向かう気は起きず、シャワーを浴びて、
タイパの官也街(クンヤーガイ)を観光に。
22番の路線バスで向かいます。まずは北帝廟で必勝祈願。

エッグタルトで人気の「新好利珈琲餅店」

店内が満席だったので、1個10HK$(約130円)のエッグタルトをテイクアウト。良心的な値段です。

サクサク感少なめでカスタード多いのが印象。他店よりサイズが気持ち大きいような。
*「新好利珈琲餅店」の詳細な記事はこちら。〜
タイパ地区でエッグタルトを食べるなら「新好利珈琲餅店」〜《マカオのエッグタルト比較③》
官也街を引き続き見物。
6年近く前に社員旅行の食事会で言った木偶(ピノキオ)を発見。ポルトガル料理のお店です。

その隣りはお土産屋の咀香園餅家。壁画が印象的。

商店街の入口です。日曜なのでアメ横並みの人混み。

ポークチョップバーガーの大利来記。これがホントのサンドイッチマン。(ウーマン?)

中秋節が近いのか、広場にも派手な飾り。

マカオ料理で定評のあるダンボやアントニオの場所も自然と発見できました。


朝食の食べ過ぎで、ランチはせずに半島側へ戻ります。
33番のバスでリスボア前。28Aに乗り換えて、回力カジノへ。本日最初のカジノ。

エントランスがあっさりした外装なのが特徴です。
ここでも最初は好調なのですが、長続きしません。
3,000HK$バイインして、200HK$ミニマムのバカラ卓で小1時間のプレイ。
最後は
2,025HK$になり、▲975HK$。初日から全部のカジノで負けています。
嫌気がさして新馬路方面へお散歩。

リトラルでアフリカンチキンを食べようと、媽閣廟まで歩いたものの、開店が17:30と分かり、断念。

お祈りして戻ります。

半島に戻り、「忠成餃子王」のリオ店で早めの夕食。

炒飯とマーボー豆腐。ドリンクはスプライト。

麻婆豆腐がピリリときて、炒飯が進みます。暑い日はこれに限る。全身汗びっしょりで、〆て175HK$。
*「忠成餃子王」については別の記事でも紹介しています。「忠成餃子王」の五色餃子の違いが分からない話〜マカオの微妙なグルメ㉘〜
19時にホテルに戻り、シャワーして仮眠。35℃近い中を歩き回ると、疲労もひとしお。
深夜0時過ぎに起きると、テレビでは香港の中環や旺角(モンコック)での激しいデモの様子や、日本の台風被害が流れていました。見るほどにやりきれなくなって、しばらく出かける気を失いました。
とはいえ、4千HK$の負債をなんとかしなくてはなりません。
夜中の3時にリオカジノへ向かいます。

300HK$minのバカラ卓でいきなり3連勝。
なかなか好調なスタート。
慎重な
押し引きを繰り返し、3,000HK$浮上までは来たものの、パターンの罫線を追った次の1,000HK$の張りで負けて混迷します。
今一歩伸びきれず、5,000→7,000HK$で4:30に終了。
日曜の深夜でテーブルがあまり開いてないので、盛り上がりに欠け、勢いがつきません。
部屋に戻り、スーパーで買っておいた青島ビールを呑んで眠りにつきました。
本日の収穫は+
1,025HK$。累計では未だ2,885HK$の負債。これならなんとか挽回できるかも?

ラザロ地区で世界遺産を実感

9月9日㈪、最終日。今回は23:40香港発の深夜便なので、有り余るほど時間があります。香港があんな調子なので、観光で戻るわけにもいかず、カジノに専念するつもり。
8時半起床して、今朝もベラヴィスタで朝食。

部屋で二度寝したあと、11時過ぎにチェックアウトし、荷物を預け、レジェンドパレスのカジノへ。
ギリシャ調の綺麗なホテルです。


前回7月の遠征で、奇跡の復活を遂げた場所なので縁起を担ぎました。

やはり出だしは好調で、500HK$minではじめ、すぐに3回勝ち越して、+1,500HK$の状況。
すぐに借金を返せると高を括っていたところ、そうは問屋が卸してくれません。
立ち張りの飛び込み自殺で4連敗。1,000HK$張ると必ず負けます。
10,000HK$のバイインで最終的に手持ち9,000。 弾けず終わりました。13時終了。
散歩を決め込み、10番のバスで水坑尾街へ。

「禮記雪糕」のウェハースアイスを食べるために再訪問。

これが三文治雪糕。17HK$。

ココナッツアイスとココアとバニラの3色。まぁ想像通りの味です。
アイスレモンティーと合わせて37HK$。
*「禮記雪糕」の詳細な記事はこちら。〜「禮記雪糕」のアイスクリーム三文治って何?〜マカオの微妙なグルメ㉜〜
涼んだところで、世界遺産のラザロ地区を散策します。

坂道と階段が調和した素敵な街並。まさにマカオの谷根千。

まずは瘋堂斜巷。

聖ミカエル教会。

マカオでバカラに堕ちる青年を書いた沢木耕太郎の小説「波の音が消えるまで」でも、貴重なシーンで登場する静かな教会です。

旧仁慈堂婆仔屋(Old Lady’s House)。中庭にある二本のクスノキの古木が印象的。

カラフルな建物がマカオっぽいです。

心が和んだところで、カジノに戻ります。
14時、今回3度目のリオカジノ(利澳娯楽場)


9,000HK$をチップに替え、最後の聖戦。月曜の午後なのに結構盛りあがっています。
祭りになっているテーブルを探し、人混みから手を伸ばし、賭けに参加。
ツラ目を追いますが、勝てません。1勝3敗のペースでチップが減っていき、一度も浮上せず。
1時間半粘るも勝てず。
9,000HK$→5,000HK$。
3日間合計で、7,885HK$(約106,500円)の負債で終わりました。
もう気力はありません。
2時間ほど休憩し、グランド・ラパに戻り、荷物を引き揚げ、丁度来たホテルの免費バスで外港ターミナルへ。
やっぱこんな日はフェリーが確実。
ターミナルのトイレで汗まみれの服を着替え、最後の夕食。

心が欲したのは、ビッグマックセットでした…。
19:45のフェリーに乗り香港国際空港へ。今のところ遅れはなく23:40発の予定。
プラザプレミアムラウンジの1ゲート側で時間潰し。(楽天プレミアムカードを持っているため無料)

目の前に座る欧米系の女が、口やかましくどこかにクレームの電話をしていて目障り。「ドクター」「ストマック」という単語を100回以上、聴かされました。ラウンジの係員にも食い物に文句を言い、取り替えさせていました。
自己主張ばっか。嫌なら出てけばいいのに。これが民族性なんですかね?
辟易して早めに205ゲートへ。ほぼ定時に搭乗して離陸。AM4:40に無事、羽田空港に戻りました。
成田空港は前日、台風の影響で交通アクセスが遮断され、陸の孤島と化したようですが、羽田は平穏無事でした。
通算19勝12敗1分け。
記念すべき20勝目はならず。思えば今回は、極端なツラ目や悪運を背負った輩に出会わなかった気がします。
でも本当の敗因はこれだと思います。

数日前に、家の玄関に飾っておいたガロの置物を不意に落として、鶏冠を割ってしまいました。
幸せを呼ぶ雄鶏に嫌われたら、勝運に見放されるのは当然です。
勝ち方を忘れてしまったようなので、次回は1日10万円の予算でトコトン賭けるとか、レートを1,000HK$単位に上げるか検討してみます。
とりあえずロッキーのテーマを部屋で流してからカジノに向かうのは必須でしょうね。
次回は11月上旬の遠征予定です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 6 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. KazeMakase

    七七様
    こめんといつもありがとうございます。勝負の仕方がセコ過ぎるのかもしれません。次回はもっと腰を落ち着けて頑張ります。
    マカオ直行便なら大丈夫かと思いますが、香港経由の場合はくれぐれもご注意ください。日本で流れている情報以上に、香港の市街地は平日でも酷いことになっています。

  2. KazeMakase

    もりもり様
    先日はありがとうございました。
    聖ミカエル教会の雰囲気いいですよ。空気が凛としています。10月のマカオ遠征記をくれぐれもお気をつけください。

  3. KazeMakase

    山P雅様
    毎度、コメントありがとうございました。今回の香港は本当エグかったですね。いつ終わるんでしょうか?
    ところで、足康楽のフットマッサージ270HKDって高くないですか? それとも2時間コースだったりするのでしょうか?
    以前は100HKD以下だったのが、最近は値上げしているようです。

  4. 七七

    風まかせさんのレポート楽しみに待っておりましたが、まさかの展開…飛び込み自殺モードが続くときの気持ち…わかります(涙)。でも毎回どんな展開でも読み応えがあるんです。写真から中秋節、街の様子が伝わってきました。11月の遠征でリベンジですね!私は本日からマカオ入りでまたまたすれ違いです。

  5. 山P雅

    お疲れさまでした。今回も素敵な映像と情報をありがとうございます。
    私も9月4日~9月8日と出撃していました。
    もしやドコかで『風まかせ』さんと遭遇か?とは思ってはいましたがw 連日茹だるような猛暑で移動も大変でした。
    深セン(蛇口港)からフェリーでマカオ入りしたのですが、当日は台風の影響か暴風雨もあり少し危うかったです。
    少し贅沢にコタイ側のパリジャンに宿泊、サンズ系のベネチアン、パリジャンやウインパレス、MGMコタイが感触良かったw
    半島側では、MGM、カーサレアル(ココは多分同日に行ってますね?)プレジデント、サンズ、スターワールド、ウインを徘徊。
    2日目までは、私も+16000でしたが、最終日には-収支でした。共闘いただいた中国人は私が500の所に毎回50000張ってくるので
    いやーなんだかなーw拍子ぬけると言うか何かw 片手で持てるチップは18枚ぐらいかと思いますが。(私は良くチップ落とします)
    恐らく少なくとも500万以上のバイインかと思います。どこも200以上の卓しかないので私もレート上げしかないかな?とは思います。
    100倍上げは無理ですので、倍上げですかね?

    目ぼしい情報ありませんが。

     ①北海道日本食(財神娯楽場の斜め前2階)清潔でよかったのですが、天婦羅蕎麦がなぜか?カツ蕎麦にww
      新しい目の日本食屋さんです。味も普通にイケます。

     ②足康楽(ルアーク裏)フットマーサッジ270HKDぐらい、歩き疲れた足休めに良かったです。軽い昼寝もOkのようでした。

     ③港珠澳大橋珠海口岸 深夜早朝の時間帯は入場ゲートが違うようで、広大すぎて注意が必要です。
      香港口岸側のB4バス乗り場の表示ももっとわかりやすくして欲しいですねw

     ④NEWパスポートになり、eチャンネルの更新(ラベル乗せ換え)に行ったところ×でした。
      各航空会社上級カード所持か新たに年3回で4回目申請と言われました。まーいいですがw

     ⑤空港はT1T2入り口に赤いバリケードが設置、パスポートチェックで入場でも混乱なかったです。

  6. もりもり

    風まかせ様  今回も楽しく拝見させていただきました。台風やデモに係るトラブルを回避されてのスムーズな渡澳旅、お見事です。小説「波の音・・・」に出てくる教会界隈の散策、次回トライしてみようと思います。幸運のシンボルであるマカオの鳥ガログッズも手に入れたいです。