熱闘!海外カジノ・マカオ篇#2《リオカジノで退場!》~2015年11月~

同僚S君との共闘

2度目のマカオ遠征は、会社の後輩で同僚であるS君との共闘となりました。
今回は往路はジェットスター、復路はバニラエアーの変則日程。
LCCのはしごです。(笑)

1日目、S君の筆おろし

2015年11月13日㈮ 愛車プリウスαを駆り、蒲田でS君をピックアップし、成田空港へ向かいます。
8:45発のGK21便で、香港へは12:50着。片道運賃は14,790円でした。
香港国際空港からはフェリーで直接、外港碼頭へ。9月に来ているので手慣れたものです。
次の週末はマカオグランプリ(F3の自動車レース)らしく、街の至る所にフェンスや看板があります。
宿泊は再びリオホテル(利澳酒店)。2泊1室で1,718HK$。Booking.comで予約しました。
ツインルームにしたので2人で割れば1泊6,000円程度、経済的。


S君とは年齢が2回りほど離れていますが、なかなかのギャンブラーです。一昨年のマカオの社員旅行でも一緒でした。
おとなしめの風貌のため、警備員の眼には少年にしか見えないらしく、カジノの入口では毎度パスポートチェックを受けているほど。
それでも20歳台中盤の若者にしては、大小の卓で気持ちのいい賭け方をします。株式投資をやっているらしく、クレバーなギャンブラーです。
バカラは初めてなので、旅行前に本などでレクチャー済み。飲みこみが早そうなので大丈夫でしょう。

まずはリスボアホテル(葡京酒店)の水晶宮に向かいます。

ここはミニマムベット100HK$の卓があり、バカラ筆おろしのS君にはぴったりかと。隣同士に座りながら、1,000HK$をチップに換えて、実戦で説明していきます。
彼もバカラが性に合うようで、中国人の罫線の読み方を不思議がりながらゲームを楽しんでいる様子。
テーブルを200HK$ミニマムに替えたりしながら、あっという間に3時間が過ぎて、4,080HK$までチップが増えていました。
+3,080HK$で早くも5万円浮いてます。
腹も減ってきたので、グランド・リスボアへ。
「THE GRAND BUFFET」というレストランに、70mの巨大ビュッフェがあるとテレビ番組で紹介されていたので行ってみようと探しますが、見当たりません。*この頃はすでに閉店していたようです。
仕方なく、前回言った福隆新街のフカヒレスープをいただきました。

*こちらのお店については、別の記事でもご紹介しています。よければどうぞ。「譚家魚翅」~福隆新街はふかひれストリート《マカオの微妙なグルメ⑥》


リオホテルに戻って、 2階のカジノを見て回ります。リオの2階はミニマムが300HK$からとなりますが、S君も果敢に戦います。
私も調子がいいようで、ばんばんナチュラル9を絞ります。
3,000HK$のチップが、4,400HK$に増え、休憩後、2,000HK$バイインして、また1,000HK$増やしました。ここだけで2,400HK$の勝利。
ここでトラブル発生。

バカラ卓で退場の憂き目に遭いました。
それも二人揃って。
300HK$minのテーブルに並んで、調子よく勝っていました。
中国人のご夫婦が同席していて、私たちがオナーではないことが多く(バカラは同じ側に賭けている人がいる場合、最も賭け金が大きい人がカードをめくります。*これを絞ると言います)、夫人に運があるようで、良い札を持ってきてくれます。
我々もその恩恵を受け、拍手をしたり親指を立てたりして、感謝の意を表していました。
仏頂面だった中年の女性ディーラーの機嫌を損ねたのは、その後です。
S君と私が両方とも勝った時に、私の配当のチップにS君が触りました。
しでかした粗相はそれだけなのですが、ちょっとした騒ぎになりました。
ピットマネージャーを読んで、事態を説明して、怒りを露わにしています。マネージャーは天井の監視カメラで撮った映像を確認するよう、どこかに連絡しています。
S君と私はすぐに謝り、事態を収拾しようと試みますが、ディーラーは気が収まらないようで、ジェスチャーで怒りをぶちまけてきます。言葉がわからないので黙って座っていると、掌を返して、出口を指しています。
S君は席を立ちましたが、彼女は私にも何かきつい調子で言ってきます。
手を広げて「I don’t know」の表現をしましたが、お隣りのご夫婦に助けを求めると、拍手したのが許せないらしいとのこと。
中国人のいる賭博場でマナーなんかあるのかよ。
そう思いましたが、面倒なので二人揃って、リオカジノを後にしました。
S君は落ち着きがない一面があって、手元が怪しく映るときがあります。
社員旅行の時、MGMマカオの大小テーブルでも、賭けるのを止めるチャイムの後に、自分の賭けたチップを触って、ゲームを中断させていました。悪気は全くないのですが、ディーラーは注意して彼を見るようになります。
その時、私は絶対にディーラーは彼を勝たせないと思って、彼の逆の目に張り続け、5万円以上勝った覚えがあります。
それは「Sの逆を張れ」という格言として、我が社の伝説となっています。私が耳打ちしたので、みんな彼の逆に張ったのです。
納得のいかない我々は、ウィン・マカオに行き、バーで先程の一件を振り返り。
2年前から見つけていた1階のバーラウンジ「Bar Cristal」には絶世の美女がカウンターに立ちます。
広東系・東南アジア系どちらともとれるウェイトレスのいる場所で、コロナを一本飲むのが私の休憩の習慣となっています。
結局、S君と出した結論は、俺ら二人が日本語でゲラゲラ笑いながら得意げに話してるのが、ディーラーには気に入らなかったんだなということ。
でも、明日の夜もリオには行けないかも?



リスボアの水晶宮に場所を移します。

まだまだ私の幸運も逃げてはいないようです。
2,000HK$をバイインして、5,025HK$まで浮上。+3,025HK$。
あまりの私の引きの強さに香港人っぽい若い女性2人組が、代わりにカードを絞ってくれと頼まれるような調子の良さ。ローベットながら3勝1敗くらいのペースで勝ち続けました。もうやめようとうろついている時に、バンカーのツラ目に熱狂している卓を見つけて、後ろから手を伸ばし300HK$の立ち賭け。
これは外して今日はお終い。
初日の結果は、8,025HK$の勝利。
(この日のレートで+131,208円)
部屋に戻って、3,000HK$くらい勝っていたS君と、香港紙幣を数えながらバカラは簡単だと大はしゃぎ。
もう時間は午前3時。夕食を忘れていました。
ホテル前の北京街の台湾系の店で、排骨飯を注文します。S君は雲吞麺。
二人とも最悪でした。麺も丼もまずい。いつか機会があれば、罰として店名と画像を曝します。
2日目に続きます。

続きを読む
1 / 3

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。