熱闘!海外カジノ・マカオ篇#27《勝ちきれないマカオ遠征》~2019年1月~

▶ 目次
1日目は、萬龍娯楽場を中心に
2日目、ウィン・パレスでゴンドラ体験
3日目、挽回を期して、リオカジノへ

2019年最初の渡澳は1月10~13日の日程です。

前回は競馬観戦がメインだったため、香港をがっつり満喫しましたが、今回はマカオに3日間フル滞在。
こんな時は大敗しそうな予感が…。

往きの航空便は香港エクスプレスのUO33便。23:55に定刻どおり羽田空港を出発し、香港国際空港到着は現地AM4:00。久々の徹夜フライトで背中がバリバリです。
e-Channelでイミグレをスルーして、港珠澳大橋の香港口岸を目指し、4:35にB4のバスに乗車。運賃は6HK$。

マカオへ渡るシャトルバスの運賃は深夜は70HK$。5:09に出発して、マカオの入境施設へは5:50着。

たったの40分足らずで横断できました。

ここまで混雑知らず。どの局面もほぼ私が先頭です。夜間なのでバスターミナルもほぼ無人。タクシーもいません。
路線バス(101Xと102X)2系統でマカオ市内に入れます。12月下旬からは、102Xがタイパへ入る前に外港碼頭へ寄るように路線変更になりました。残念ながら102Xの運行は、7時かららしく、夜間でも動いている101Xに乗車。

6:00ジャストに発車して、リスボア前のバス停には6:20着。いやぁ、順調順調。
香港到着から2時間20分でマカオの中心地に着きました。
*港珠澳大橋ルートについての詳細はこちら。港珠澳大橋横断レポート(香港~マカオルート完全解説)《海外旅行快適化計画⑧》

一旦、宿泊先の「カーサレアルホテル」に向かい、荷物を預け、再度3番のバスで紅街市の「龍華茶楼」で飲茶の朝食へ。
7:20に着いたのですが、ここでも一番乗りでした。


昔ながらのワゴンスタイルの飲茶を堪能。4品とプーアル茶で115HK$。
龍華茶楼についての詳細は別の記事でご紹介しています。*「龍茶樓」~マカオ唯一のワゴンスタイルの飲茶~マカオの微妙なグルメ⑱
まだまだ時間が早いので、回力カジノ近くの「足康楽」でオイルマッサージ(60分243HK$)。

うたた寝していたら、なぜか勝手に延長され、130HK$追加請求。たぶん何か訊かれて「Yes」と答えちゃったんでしょう。反省。

さぁ、カジノの時間です。
13時に高美士街の「萬龍娯楽場」へ。

こちらはバカラのミニマムベットが200HK$(約3,000円)からなので、ウォーミングアップには持ってこい。
*この時期の香港ドルの為替レートは、1HK$=13.8円。やや円高です。
約3時間プレイして、バイイン3,000→3,630HK$。
チョロ勝ちのままカジノを離れ、
カーサレアルホテル(皇家金堡酒店)にチェックインの手続き
外港碼頭から歩いて10分のアクセスのいいホテル。


エリートキングルーム利用で、金・土泊で1,690HK$(約23,000円)。この広さでこの価格はコスパ抜群。
しかし、部屋の掃除が終っていないということで、手続きだけ済ませたら、再び追い返されました。
*マカオ半島のホテルの総合レビューはこちらの記事へ。〜マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜
仕方なく、セナド方面へお散歩。

ランチだか晩御飯だか分からない中途半端な時間に食事です。セナド広場近くの福隆新街には、フカヒレを安く提供するお店が居並びます。

本当は最も流行っている
「添發碗仔翅美食」(画像上)を試したかったのですが、行列に並ぶのが嫌で、訪問したのは…、

いつもの「譚家魚翅鮑魚店」。

元々はフカヒレを売る乾物屋らしく、店の軒先に大きな干物が垂らされています。だから安く提供できるってわけ。

フカヒレスープと「菜心の鮑汁炒め」と後から勧められて白飯をオーダー。ドリンクは缶のクリームソーダ。

平均気温が20℃以上あるマカオでは、敬遠しがちなフカヒレスープですが、短い冬の時期ならではのご馳走。
*それでもこの日の日中は22℃くらいあったのですが…。沖縄より暑い。

「石窩中鮑翅(55HK$)」の中サイズのスープですが、ふんだんにフカヒレが入っています。

約750円でフカヒレを堪能できる幸せ。
ライスを入れても旨みたっぷりで最高でした。合計で
120HK$でした。
このお店の詳細は、別の記事でご紹介しています。アクセス等はこちら。
譚家魚翅」~福隆新街はふかひれストリート《マカオの微妙なグルメ⑥》

17時にホテルに戻り、ようやく部屋に通されます。
フライト中もあまり眠れなかったので、さすがに横になった途端、爆睡。
あろうことか、起きたら午前3時。何時間寝とるんじゃい!!
朦朧とした状態のまま、部屋を出ます。ミニマムベットの高いカジノは危険なので、再度、萬龍娯楽場へ。

途中、神になった10ゲームもありましたが、5,000HK$をチップに替えて、最大は6,000まで。
弾けません。最後は4,000で終了。
初日は約370HK$(約5千円)の負け。

2日目は絶品の飲茶から。

1月12日㈯。10時に起床して、「聖龍酒家」へ。葡京路から続く羅理基博士大馬路沿いにあり、私が宿泊するカーサレアルから真っすぐの場所。

メニューにチェックを入れて好きな点心を頼むスタイル。

お茶はいつもの「ポーレイ」(プーアール茶)。

注文したのは、蟹肉小籠包(左下)と上湯鮮竹巻(右下)と聖龍蝦餃皇(右上)とエッグタルト。
今回のオーダーは完璧でした。
鮮竹巻と蟹入り小籠包はスープの旨みが凄く深くて、極めて美味。

〆て、130HK$の朝食でした。
聖龍酒家の詳細は別の記事にて紹介しています。*異例の再登場!「聖龍酒家」の点心を評価し直す~マカオの微妙なグルメ㉑
このままコタイ地区を観光する予定でしたが、トイレに行きたくて、財神酒店へ。
バカラは300HK$から賭けられそうです。
ちょっと暗いけど、想像したほど鉄火場ではない印象。確かコミッションあり。
近いうちお試ししてきます。

ウィン・マカオのバスでコタイ側のウィンパレスへ。12時着。

目的はゴンドラに乗ること。イメージはこんな感じ。

やはり夜乗った方が綺麗でしょうね?
まずはホテル内を歩き回って、ゴンドラの乗り場を探します。花をイメージに50mおきにオブジェが配置されている感じ。


そして、これがウィンパレスの名所〈花の気球〉。動画でご覧ください。

ホテルの装飾は圧巻。パリジャンと双璧かも?
館内で営業する日本風のラーメン屋でもこの高級感。(豚骨ラーメン約2千円ですが…)

さあ、いよいよゴンドラ乗り場に到着。2階でした。

待ち人は2組の家族だけで、危惧していた行列はなし。昼間は空いているのかな?
驚いたことにこれ無料なんです。
空いているので、独りで乗せてくれるのかと思いきや、急に3人の客が飛び乗ってきました。
しかも全部男。さらに単独客。
6人乗りの室内がむさ苦しいったらありません。
結構、揺れました。動画ではこんな感じ。

そして、同乗した3人は、一周することなく対面の乗降場で降りました。
嬉しそうに写真を撮っていたのも私だけ。
特に感動もなく、屋外に出るためのショートカットツールとして乗ったのでしょう。

約10分で一周しました。

夜と昼では全然印象が違うかも?
朝10時から夜24時まで乗れるようです。(最終乗降23:40)

ウィンパレスのカジノも見物してきました。もろラスベガスって感じです。(行ったことないけど)
なんと入口付近に、ミニマム300HK$のバカラ台が4台ありました!
ついでにMGMコタイも見学。

なんともアートなホテルです。ロビーにもライオンのオブジェがいっぱい。

長~いカジノが特徴。バカラのミニマム1,000HK$で、私なんかお呼びじゃない感じ。

MGMのバスで外港碼頭に戻って、レジェンドパレスへ。時刻はおよそ13時くらい。

5,000HK$をバイインして、勝負開始。
ここはコミッションの有り無しが混在していて、500HK$ミニマムでちょっとだけ浮いている展開。
途中まで調子よく増やしたテーブルで、中国人の女性に気に入られ、共闘を誘われます。
1,000minのテーブルに移り、勝負させられたのが運の尽きでした。
ここで負けた2千HK$が最後まで挽回できず。
5,000→3,050HK$。累計2,320HK$。
夕食にします。
相も変わらず、福隆新街へ。

マカオの家庭料理を紹介するテレビ番組で、必ず登場されるアンナさんというポルトガル系のマカニーズが経営されているお店をずっと探していました。福隆新街にあることは分かっていたものの、ずっと見つからなかったのが、偶然ゆうべ発見。
フカヒレスープの「添發碗仔翅美食」の3軒隣にあったんです。

店名は「老地方」。

マカオ料理の定番「ミンチー」と「バカリャウ(鱈)のコロッケ」とアイスティーを注文。

合計103HK$。安い。
最後にレジにいたアンナさんと握手。

*老地方についての詳細はこちらの記事でご紹介します。マカオの家庭料理の定番「ミンチィ」を本場で食べてみる(男子ごはんでも紹介)〜マカオの微妙なグルメ⑲
ホテルへの帰り道に、フェニックスというお店に寄ります。

ラーバ饅頭というどこかで見たことあるような中華まんが売りの店。ギュッと摘まむと、中のクリームが飛び出てくるのは、あの香港の「YUM CHA」のモルテン系と同じコンセプト。
YUMCHAの記事はこちら。*フォトジェニックな新感覚の点心「YUM CHA 中環店」《香港の微妙なグルメ④》


ドリアンとチョコと抹茶のフレーバーを1個ずつ購入。57HK$。

皮がちょっと硬くて、味はほぼ香港のパクリ。でも、まぁ美味い。
*ラーバ饅頭についての詳細はこちら。モルテン系の新感覚スイーツ「ラーバ饅頭」〜お前、それパクリやろ?〜マカオの微妙なグルメ㉒

観光とカジノで疲れたので、23時までホテルでうだうだ待機。
2千ドルの凹みをなんとかせねば。主戦場のリオカジノ(利澳娯楽場)にこの滞在で始めて訪問。
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情

週末のリオの夜に巻き起こるツラ目のビッグウェイブを期待しますが、ついに出現せず。

水面下で漂うのみで、バイイン1万HK$も、最後は手持ち8,000に。
日が替わり午前0時、萬龍娯楽場へ。
波に乗る瞬間もあるのですが長続きせず、水面に浮き出てきません。増えても+2千ドルというレベルが今回の全般の傾向です。負けている時はなかなか勝ち逃げしづらい金額。
1時に女神を見つけるも、ツラ目が7回目で途切れた途端に撃沈。
10,300HK$から、7,000への転落は早かった~。途中で人間罫線となって、逆張りされていた時間もありました。2時にたまらず終了。10,000→6,000HK$。
累計は▲8,320HK$。

今回は凹みを挽回するため、最終日も勝負です。

1月13日㈰、9:30に起床。
3日続けての飲茶の食べ比べを目指し、福隆新街の「陶陶居海鮮酒家」へ向かいます。

ここもなかなかの有名店で、お昼までは点心が食べられる人気のお店。

中に受付があって、整理券を渡されます。画像で見ると、大したことないように思えますが、結構な待ち人。
店内も含め30人くらいはお待ちの様子。

15分ばかり待って断念。チェックアウトもあるし無理です。
別の機会に再訪しましょう。
ちょっと肌寒かったので、お粥にしました。福隆新街の奥にある「三元粥品専家」へ。

頼んだのは、「猪肉丸粥」の小サイズと揚げパン(油條)のみ。

シンプルで温まります。胡椒を振るとさらに美味。これで39HK$は非常に有り難い。ローカルに人気なのも納得です。
*三元粥品専家についての詳細はこちらの記事でご紹介します。

「三元粥品専家」のお粥がコスパ抜群で意外とイケル話~マカオの微妙なグルメ⑳~
ホテルをチェックアウトして、カジノへ。最後の勝負はリオカジノ(利澳娯楽場)。

手持ちの香港ドルも少なくなってきたので、バイインは5千HK$。
腕をコルセットで吊ったオヤジが、片手でカードを捲るのが面白くて、相乗りです。
こういう人のところに運気が集まるかも?
淡い期待も途中まででした。やはり2千まではチップが増えますが、最大7,000HK$は一時間も持たず。
最後は5,000→3,000HK$。
累計で、▲10,320HK$。負債は約14万2千円。
リオホテル横のカフェスタンドで、ドリップコーヒー(38HK$)を購入。
公園で飲むと、沁みるなぁ~。
リスボア前のバス停まで歩き、101Xで港珠澳大橋の出国施設を目指します。

13時ジャストに乗車して35分で到着。13:50に越境バスに乗り、香港側へは14:40着。

B4の路線バスで空港へ。15:00着。やはり所要時間は2時間でした。
*港珠澳大橋ルートについての詳細はこちら。港珠澳大橋横断レポート(マカオ➡香港ルート完全解説)《海外旅行快適化計画⑦》
ランチは到着ゲート真ん前の「クリスタルジェイド」。

注文は「水煮牛肉麺(80HK$)」と「小籠包(40HK$)」、レモンティー(24HK$)。

所謂、これが蘭州ラーメン?
辛すぎて、麺まで辿りつきません。スープは絶対飲みこまないようにして終了。
それとは反対に、小籠包の肉汁が多くて、実に良い味。
「聖龍酒家」のは深い中華スープでしたが、ここんちのはあっさりめの御出汁。
10%のサービス料が足され、合計158.40HK$。なんとも微妙な昼食でした。無料で入れるプラザ・プレミアムラウンジで1時間ほど休憩し、18:00発の羽田往きUO32便に。
搭乗ゲートが案内の201から208に急遽変わっていて驚き。
でも定刻通り、離陸し、22時半過ぎに到着。
香港・マカオと東京の気温差が15℃近くあるため、カラダも財布も冷え込んでいます。
マカオ通算17勝10敗1分となりました。

《負けるときは大きく、勝つときは小さい》。
悪いスパイラルにハマらなければいいけど…。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 6 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. KazeMakase

    山P雅様
    コメントありがとうございました。
    Akasaka Cafeって、移転してますか? 半年ほど前に行ってみたら、元あった場所がUnimat Cafeに変わっていました。グランドラパの裏手だったと思うのですが…。
    リオのホールドについては、テーブルでカードのポイントを付け始めたので、別のプログラムでも開始したのかもしれません。3階の会員カウンターで訊けば、道が開けるかも?
    ご質問の答えですが、
    ①102Xの路線は以下のリンクのとおりです。
    http://www.dsat.gov.mo/bus/site/bus_service.aspx
    総統酒店(プレジデントホテル)の前で乗れば、越境大堂まで乗れます。また越境大堂発なら、外港ターミナルしか泊まらないと思います。M254友誼馬路が怪しいですが、これはタイパへ渡る橋の近くじゃないですかね? コタイ側のホテルには寄らないようです。
    マカオのバスは、香港ドルのコインでも乗れますがお札は断られます。
    ②すみません、電子ゲームに疎くて、スロットすらほぼ経験なしです。モカクラブもETGも意味がわからなくて、検索して調べてしまいました。ミニマムベットについては、米国資本のカジノは手が出なくなってきました。

  2. 山P雅

    前回は丁寧なレスをありがとうございました。今回もワクワクしながら、読ませていただきました。
    映像等も綺麗で、私も3月の訪奥を楽しみにしております。
    「聖龍酒家」は何度か行った事がありますが、よくピーナッツの突合せが出てましたねw
    お茶も私は鉄観音(ティンクワンニャン)が好みで、ほかだとAkasaka Cafeや日式焼肉 浪花さんによく行きます。
    どうやら、リオでの1万~2万HKDぐらいのホールドは難しそうですね?

    また少しご教授願いたいのですが?
    ①102Xはウイン前に止まりますか? 現状マカオパスがないのですが6HKDの小銭もないのですが、空港で小銭を用意すべきですよね?
    ②個人的にはMGMが好きwですが、どこもミニマムベットが上がっていますスロットは下がったのにw モカクラブ以外でETGのおすすめカジノは?

  3. KazeMakase

    olemp様
    コメントありがとうございました。
    今回は香港ドルの手持ちが割とあったので、リオで両替しませんでした。12月にホールドを頼んだ時は、日本円を見せる前から拒否されました。
    ただ1月の訪問の際に変化があったのは、テーブルでカードを見せろと言って、ポイントをつけるようになりました。もしかするとホールドも3階のケージで頼めば、やってくれるのかもしれません。

  4. olemp

    はじめまして、olempと申します。
    過去に遡って読ませていただき、2019年のレポートも楽しみにしておりました。
    三元粥品専家のお粥は安くて美味しいですよね。
    僕も滞在中は、無性に行きたくなります。

    さて、今回はホールドされなかったみたいですが、やはりリオはもう
    ハードル高いんでしょうかね。
    3万とか5万からならやってくれそうな話も聞きますが・・・。
    3月に訪マの予定なので、リオが無理ならウィンかスターワールドで試してみますかね。

  5. KazeMakase

    もりもり様
    さっそくのコメントありがとうございました。
    マカオ航空の成田-マカオ便はもうすぐ1日2便になるようですが、あまりいい時間帯を割り当てられていないようで、無駄が多いですね。羽田発のLCCの方が絶対効率がよくてお薦めです。

  6. もりもり

    バカラの様子やフカヒレやゴンドラのくだり等、楽しく読ませていただきました!成田16時発マカオ9時発のマカオエアーに比べ、羽田2355発香港夜発の香港エクスプレスで大橋経由マカオ入りというのは、随分便利なんですね。今度有給休暇を使わない形でトライしてみようと思いました。