熱闘!海外カジノ・マカオ篇#3《ノンネゴチップをローリング!?》~2015年12月~

3回目のマカオは、再び単独での遠征となりました。

今回、初めて香港エクスプレスを利用します。
嬉しいことに羽田空港発着です。
私の家は世田谷の環八付近ですので、車で空港に向かえば首都高を使う必要もなく40
~50分で国際線の駐車場に入れます。
駐車料金は1日2,000円かかりますが、残念ながら私の自宅付近からは空港へのシャトルバスが出ていません。
下北沢からも三軒茶屋からも便がなく、バスタ新宿へもタクシーで3,000円以上かかりますので、結局、自動車利用が割安と
なります。

ということで、2015年の暮れも押し迫る12月11日㈮早朝6:35に羽田空港を出発します。
往復料金は手数料や座席指定料を含めて37,830円です。
往きだけは足元の広いスイートシートを予約しました。
香港へは現地時間11:00着。冬時間なので結構かかります。
できれば日曜日の香港・沙田競馬場での国際G1レースを観戦して帰りたいなぁと考えていました。
夕方の便なので、どうなることやら。

宿泊は金龍酒店をBooking.comで手配しました。

1,441HK$で税・サービス料別です。
回力酒店なき後、男の欲望を最高に満たす竜宮城とも言える場所。
エレベーターで他人とすれ違う際は、少し恥ずかしい思いをします。

↓夜はこんな感じ。
香港の上環フェリーターミナの怪しい旅行会社で、クーポン券が買えるあんな店・こんな店が入っています。

青少年と金を持っていないオトナは、絶対に近寄ってはいけません。

夕方4時、肩慣らしにリスボアの水晶宮のバカラ卓に腰を落ち着けます。

2,000HK$をチップに換え、100HK$ミニマムのテーブルでセコく勝負開始。
300HK$だけ増やし、200HK$ミニマムに移ります。
少し沈んでいたところ、プレイヤーの13連チャンに遭遇。
4,300まで増やしますが、最後は
3,000HK$で終了。
とりあえず+
1,000HK$。

まだまだフラットベットで怖々賭けているので、連ら目でも信じることができません。

夕食後、ウィン・マカオのバーラウンジに顔を出した後は、ラルクホテル・マカオ(澳門凱旋門酒店)のカジノを覗きます。

なかなか洒落た外観のホテルで、カジノの内装も明るいです。
ただし熱気はあまり感じません。
冷やかしで1,000HK$バイインして、すぐに倍になりますが、最後の1,000HK$勝負で負けて、元返しで退散します。
ここで絞れないバカラテーブルを発見。
min100HK$でディーラーがひとりで淡々とカードをめくります。展開早すぎ。なんかつまらん。


22:30となり、リスボア 水晶宮に戻り、ここで1,000HK$負けて、チャラになりました。

日付が替わり、リオホテルの娯楽場に向かいます。

深夜になると、鉄火場っぽい、ここの熱気が活力となります。
2,000HK$をバイインし、一時は4,400HK$まで増やし、午前2時近くなったので終了しようと思い、立ち上がりかけます。

小腹が減ったので隣りの客が食べていたパンを私も身振り手振りで注文します。
リオカジノはウェイトレスがテーブルを回っていて、コーヒーや軽食の注文を聞いてくれます。
ただし、席に座っていることがルール。
これが運の尽き。
パンが来るのを待っている間、申し訳ないので賭けに参加しているうちに、集中力が途切れて負け始めます。
結果、1,000HK$までチップを減らし、初日はジ・エンド。累計▲1,000HK$です。

2日目のミッションは、カジノのメンバーズカードを作ること。

AM11:00に、サンズ・マカオのリワードクラブで会員カードを作成します。


食事クーポンが期限付きでついているようですが、中国語のため詳細は不明です。
3,000HK$バイインして、300HK$ミニマムのテーブルでバカラに投じるも、100HK$だけ増やして終了。
累計▲900HK$。

PM1:30 にリオカジノを訪れ、3階でカード登録を試みます。

ノベルティを渡され、いろいろ説明を受けますが、どうやら作成の条件は10,000HK$分のチップを買うこと。
引き下がることもできず、金を渡しますが、受け取ったこのチップはいつも見るチップとデザインが違います。
「まぁ、すぐに両替所で金に換えればいいや」と思い、キャッシャーに直行したところ、このチップでは両替できないと突っぱねられました。
賭けて使わなきゃいけないと言っています。
なんかネットでVIPルームの仕組みを調べていた時に読んだことがある……?

もしや、これがノンネゴシエーション・チップ?

VIPルームのプログラムでは、最初に持ちこんだキャッシュは、ノンネゴチップ(NNチップ)と呼ばれる賭けることしかできないチップに換えられます。
これは残った場合も、換金できません。
ゲームに勝った場合は現金化できるチップ(キャッシュチップ)が配当されます。
勝つたびにキャッシュチップを集め、負けて回収されるNNチップと結果的に入れ替えていくことになります。
最初に交換したNNチップと同額のキャッシュチップを窓口に持っていき、またNNチップを受け取ります。

これをローリングといいます。

その際に、持ち込んだ金額により1%前後がポイントとして戻ってくる仕組みです。
恐らく私のキックバック率は0.6%。10万円で600円。
1泊分浮かせたければ、150万円は賭けなければならないわけ。
これがVIPのお客が、宿泊費や食費をカジノから提供してもらえるコンプと呼ばれるシステムです。

私もプチVIPになったつもりで、必死でリオの2階でローリングを目指します。

10,000HK$のNNチップを2時間かけて回収します。
リオの場合、NNチップは平場のバカラ卓でも賭けられるため、最初はミニマム300HK$から始め、最後はまどろっこしくなって500HK$のテーブルで回します。
勝って受け取ったチップは、次に賭けずにポケットに入れます。
そして手元のNNチップをまた張るという単純作業。

ローリングが完了した時には、手元にキャッシュチップが11,000HK$残りました。
累計△100HK$ プラス域に回復。
3階のVIPキャッシャーに赴き、再びNNチップと交換しようか迷いましたが、気力がつきて現金化します。
浮いた分の1,000HK$だけを持って、ゲームを続け最後は溶かします。
計▲900HK$でここは終了。
一旦、カジノは終わりにして休憩に。

PM8:00となり、リスボア水晶宮に行き、2,100HK$バイインして、0に。
これで2日目を終えて▲3,000HK$!
失意のまま、ふて寝です。

最終日の12月13日㈰となり、朝5:00 。性懲りもなく、利澳娯楽場に向かいます。

3,000HK$を1,000HK$増やし、累計▲2,000HK$でホテルに戻ります。
なんとか負けを取り返したい。AM10:00 に相性の良いリオカジノへ。

勝ったり負けたりしながら、 最後は2,000HK$浮かして、なんとかトータル±0に戻して終了。

もう気力が残っていませんでした。
割とまじめに記録をとったのですが、3日間通算で65,000HK$近く賭けていたらしい

日本円で約1,040,000円。
カジノでの滞在時間は18時間に及んでいました。
勝負に行った張り目をことごとく落としていた印象。止め頃の見極めがつけば、5,000HK$勝てたかも?
途中、リスボア100HK$minで裏目を引き続け、
全員から逆目を張られて、弱気になった事も屈辱です。

通算3勝0敗1分 未だ不敗神話継続中。

復路は香港エクスプレスのUO622便で、18:15発(羽田着23:10)です。空港に午後4時には入らなければいけないので、どうやら競馬は無理と判断し、断念します。来年の課題です。
*ちなみにトップの画像はノンネゴチップではありません。普通の1万HK$チップです。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*