熱闘!海外カジノ・マカオ篇#33《香港競馬の前哨戦》~2019年12月~

▶ 目次
1.1泊3日の弾丸トラベラー

2.いよいよカジノで勝負開始

1泊3日の弾丸トラベラー

4年連続の観戦となる香港国際競走の季節となりました。
今回は土曜1泊だけの予定のため、マカオには寄らず、香港観光だけで過ごそうと企んでいたのですが、予約していたホテルがデモ真っ只中の太子・旺角に近い油麻地地区。
さすがに夕食の移動にも困りそうなので、初日はマカオで泊まり、競馬開催の朝に香港に入るよう予定変更しました。
ということで「熱闘!海外カジノ・マカオ篇」の第33弾をレポートします。


出発は厳密には12月6日㈮の香港エクスプレスの羽田発のUO33便。
今回は金曜深夜出発で、月曜早朝着という久々の弾丸トラベラー。
今回の航空運賃は往復で10,790円でした。(復路10円キャンペーンに乗っかったためです)
週末ながら国際ターミナルの駐車場はまだガラガラで、22時でも2階に余裕で駐車できました。
23:55の離陸が前倒しとなり、23:45に変更されていました。まぁ早く着くなら無問題。

香港到着は4:15AM。今回は時間がたっぷりあるのですが、こんな時は遅れないもの。というより、最近の香港エクスプレスは滅多に遅延しなくなったような…。
深夜便だったためか、タラップが下ろされ、空港内のバスで第1ターミナルまで移動。羽田早朝発の便だとこれがないので油断していました。あるのとないのじゃだいぶ時間が違います。
結局、e道で入国審査を潜り抜けたのは4:50。そのまま屋外に出て、B4の路線バス乗り場へ。港珠澳大橋香港口岸を目指します。

まだ朝の5時頃なのでバスが30分に1本の時間帯です。いつ来るかは運次第。

バス乗り場で待つ乗客は5人くらい。どう見ても全部日本人でした。

運よく5分後にバスが来て、香港口岸へ。

もう10回近くこのルートでマカオに渡っているので、移動も流れ作業。オクトパス(八達通)でチケット(深夜料金で70HK$)を買い、約40分のバス旅行。5:20AMに発車です。
*香港〜マカオルートの詳細はこちらの記事をどうぞ。〜港珠澳大橋横断レポート(香港~マカオルート完全解説)《海外旅行快適化計画⑧》〜

ここまで特にデモの影響を感じませんでした。少し乗客が少ないかなぁという程度。
でも香港もマカオもけっこう寒い。気温20℃を超える予報になっていたのですが…。
ちなみに12月16日からは、マカオ側のイミグレーション施設から香港国際空港へ直接乗り入れるバスが営業開始するそうです。
香港側で一度下車して入国検査という噂で、運賃は185HK$と発表になっています。
いまのシャトルバスより1,500円増しなのは微妙だなぁ。
そうそう、帰国直後の12月10日からはマカオ発の鉄道(LRTタイパ線)も開業します。マカオの目まぐるしい変化に驚きです。

そんなこんなで港珠澳大橋を横断。

マカオに到着し、リスボアホテル前の広場行きの路線バス101Xに乗車。ここでも最初の乗客は3人でした。

まだホテルにチェックインするには早いため、朝食を食べることに。

ポンテ16(十六浦)前のバス停で下り、6Aのバスに乗り換え、高徳士方面へ。
向かった先は「新鴻發美食」。

フレンチトーストが有名な茶餐廳(チャーチャンテーン)。

ピーナッツバターを挟んだ分厚く巨大な香港式のフレンチトースト(法蘭西多士)。
それに牛肉とマカロニの甘辛醤油炒めを、ミルクティーでいただきます。

まさに悪食の極み。
ローカル向けの食事処のため、英語すら通じない状態。

地元客の方に通訳してもらって、ようやくオーダーを理解してもらいました。
フレンチトーストはそのまま食べたところ、味がなく油揚げかと思いましたが、蜂蜜をかけたら激変。甘さを抑えたピーナッツバターとうまくマッチしていました。
マカロニについてはノーコメント(笑)。
会計は79HKD(約1,100円)。※この時期の香港ドルは1HK$=約13.8円。
*「新鴻發美食」についてはこちらの記事でも紹介しています。「新鴻發美食」の法蘭西多士(フレンチトースト)〜マカオの微妙なグルメ㉟〜
時間が有り余っていたため、帰路は砲台を左に見ながら、徒歩で水抗尾街を目指します。

こちらは澳門中央図書館。

公園で何かのイベントがあるみたいですが、香港のデモのような緊迫感はマカオでは皆無。

途中で出会ったバスを2本乗り継いで、北京街の澳門理工学院前へ。
今回の宿泊先、萬龍ホテルのフロントへ。

お隣りのビルの工事も概ね終わったみたいです。

当然ながらまだ8時なので部屋の用意ができず、チェックインは叶いませんでした。
荷物だけ預かってもらって、回力カジノ前の足康楽へ。

時間を潰すための出費です。フットマッサージ60分で178HK$。
ベトナム人の淡白なマッサージで、すぐに爆睡。そのまま寝かせていただいて、起きたら12時過ぎでした。

いよいよカジノで勝負開始

ちょっとだけ目が覚めたので、萬龍カジノの2階へ。

5千HK$をチップに替えて、誰も座っていない200HK$ミニマムのバカラ卓に参戦します。
自分で絞るも、いきなり3連敗!!
あれだけ飛行機の中で、スマホのバカラゲームで特訓してきたのに…。センスの欠片もありません。
テーブルを移り、慎重に仕切り直し。
途中、半ちぎりの2,500HK$まで手持ちを減らしますが、慎重に罫線を読み、徐々に挽回。
最後は20HK$(約300円)だけ水面に浮上したところで、ゲーム終了。14時過ぎに勝ち逃げします。
リオホテル(利澳酒店)横のカフェで、ブラックコーヒー33HK$とスコーン10HK$。

15時に再度、ホテルのフロントに立ち寄りますが、部屋の準備が追い付いていないらしく、16時以降にしてくれとのこと。
徘徊を続けます。徒歩で十月初五日街へ。

新馬路へ向かい、o-moonでスマホのグリップを買い、

お次は福隆新街を抜けて、

ポルトガル製の缶詰屋で時間潰し。

今回はこれを密輸します。トマト味のツナ缶。

*こちらのお店については別の記事でご紹介しています。マカオ土産で人気のポルトガル缶詰店「LOJA DAS CONSERVAS」〜実食レポート


部屋への入室がかなったのは17時過ぎでした。

残念ながらデラックスクイーンルームのまま。グランドキングスイートへの無料グレードアップはありませんでした。
愛想の良かったコンシェルジュが一生懸命に英語で説明してくれていたのは、この事だったのね。
バスタブもなく、部屋の広さも含めかなりの差でした。
土曜1泊で1,165HK$(約16,100円)です。
*マカオ半島側のホテル評価の記事はこちらです。〜マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜
ちょっと部屋で休憩して、競馬でご一緒する約束のMさん(このブログの読者の方)と19時に合流します。
実は、今回の香港国際競走の開催が危うかったのと、デモの状況が毎週のように変わるため、10月くらいから東京で何回か飲み会を行っておりました。
Mさんはマカオではポーカーに興じられることが多いらしく、この日もウィンマカオで遊んでいたとか。私には想像しがたい情景です。
夕食を共にするため、北京街のホリディイン裏の「鉄板焼・日本料理 三井」へ。

日本風の居酒屋チェーンを思い描いていましたが、照明がダークで落ち着いていて、なかなか良い店でした。

大阪風お好み焼き、スペアリブ、トマトの豚肉巻、天ぷらでビール2本。ふたりで800HK$(約11,000円)くらい。
*「鉄板焼・日本料理 三井」については、こちらの記事で紹介しています。侮れないマカオの日本食「鉄板焼 三井]〜マカオの微妙なグルメ㊱〜

食事中に、7月のマカオ遠征でもご一緒したHさんがグランドリスボア4階にいることを知り、Mさんと共に緑金會へ。

Hさんは300HK$minのバカラ卓で、2個2個の罫線に乗って1万HK$近く勝っている真っ最中でした。
一区切りついたところで、再会を祝し3人で5階のカフェで乾杯。私はアイスティー。
Hさんは明日の競馬には向かわず、マカオに残るとのこと。リスボア水晶宮のノンネゴプログラムで参加しているそう。
まだ時間は22時頃。再度、4階のバカラ卓に3人並び、ゲーム開始。
三者三様の取り組み方が現われていて面白かったです。
対子が何度も続く奇異な罫線でしたが、私はペアには基本張りません。(ミニマムが300HK$で、対子と和が100HK$っておかしくない?)
元々、テキサスホールデムを興じるMさんの場合、バカラはずっと見てるだけ。30分後に2回だけお付き合いで張ってました。
対子好きのHさんはといえば、毎回ペアに100HK$ずつ置いて、何回も美味しい思いをして大はしゃぎ。
右隣りに座る勝負強い中国人の兄ちゃんが何度もトイツを絞り出してくれるので、終いにはお礼に500HK$チップを握らせてました。
いいのか、オイ。
Hさんは結局、この対子祭りでまた1万HK$以上浮いた様子です。
私も1万HK$のバイインで、始めのうちは1,500HK$近く凹んでいましたが、若者のツキを借りて、しぶとくチョイ勝ち。10,000→10,900HK$。900HK$ほど挽回して終了。
ここまで累計△920HK$
翌朝も早いのでお開きにして、単独でリオカジノ(利澳娯楽場)へ。

2階のキャッシャー前のコミッションバカラ300HK$ミニマムで小1時間勝負。
眠くて最後は気力ゼロでしたが、ここでも負けずに済みました。
10,000→10,030HK$。チョイ浮きで終了。
初日の合計は+950HK$。
日本円にして13,000円くらい。
マカオ通算21勝12敗1分けとなりました。
ホテルに戻る途中で、小腹が空いたので、新しく出来たカレーおでん屋で、出前一丁入りおでんを注文。

これのクソまずいこと。
調理をしているおじさんは全く言葉が通じない上に、完全な素人。
いちいち私に作り方を目で確認しながら進めている始末。出来上がりは汁なし担担麺のカレー味といったところ。

スープが少なくて最低でした。
でも全部食べちゃうんですけどね。悲しい性です。
就寝は午前2時近く。
集合は7時。
いよいよ明朝は香港競馬です。おやすみなさい。
熱闘!香港競馬《2019年香港国際競走 in シャティン(沙田)競馬場》の記事はこちらです。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。