熱闘!海外カジノ・マカオ篇#16《K委員長の暴走を止めよ ②》~2017年6月~

「熱闘!海外カジノ・マカオ篇#16《K委員長の暴走を止めよ》」の続編です。

勤務先の問題児・K委員長とのマカオ遠征をお伝えします。

6月17日㈯ 初日。彼の目黒の自宅まで私の車でお出迎えです。
噂では目黒本町にある購入当時1億円を超すマンションだとか。
羽田空港に着いて、LCCのチェックインカウンターでさらっと最初の不運が通告されました。

災難① まずは飛行機が3時間遅れます。

AM6:35発の香港エクスプレスUO625便が、香港の天候不良で9:30発に遅延。
思えば、香港は水曜日までシグナル8の台風。
(8だと社会的機能の全停止です。因みにその下はシグナル3で、なぜか4~7の基準がない)
ちなみに今回の航空運賃は10,790円。*手数料と諸税含めて18,720円。
*この時期の為替レートは、1HK$=約14.2円

朝食を食べるくらいしかやることがないので、搭乗ゲート内にある「六厘舎」で特製つけ麺。

K委員長は六厘舎のことを知らなかったので、つけ麺では東京で有数の人気店で、あまりの行列に近所からクレームが多くて移転せざるを得なかったエピソードをレクチャー。
彼も「それはいい」と大げさに同意していたものの、席に着いたときは、なぜかラーメンが置かれていました。

違和感① 先輩がつけ麺を薦めているのに、無視してラーメンを頼めるのだろうか?

実直な彼にはそんな常識は通じないらしい。
食べたいものが正義なのでしょう。

長い待ち時間のあいだに、身体を伸ばせる椅子を確保し休んでいたものの、落ち着きのないK委員長はどこかにぷらぷら。
荷物の見張り番を私に任せて消えてしまうため、忠告。
「消えてもいいけど、自分のバッグは持って歩け」。

さらにLCCは食事はおろかドリンクも有料になることを教えて、できるだけ売店で買っておくように伝えておきました。
いざ搭乗準備の段になり、「水は買ったか?」と尋ねると首を振ります。
そんなことだろうと思って、私が購入しておいた予備のエビアンを渡します。

「ありがとうございます。いただきます」と爽やかに言い放った彼が、ペットボトルの封を開け、半分以上、飲み干します。

違和感② その時の欲望しか、彼をコントロールできるものはないのだろうか?

「おまえさぁ、さっき機内でドリンクのサービスがないって話したろう?」
「すみません、喉が渇いていたもので」
「知るか!」

香港国際空港への到着も13:30となり、13:00に出る空港発のフェリーにすら乗れず、A11バスで上環経由で向かうことに。
マカオ外港行きのフェリーも最短で16:15発ということが判明。
すでに家を出てから12時間経過で、さすがに疲れます。
17時過ぎにようやく到着。

災難② フェリーターミナルの入国審査場でK委員長を見失います。振り向いたらいません。

泊まるホテルの地図は渡してあるので大丈夫かと案じ、出口を出て、売店でSIMカードを買っていたら、情けない表情で駆け寄ってきます。
K委員長ときたら、路線バスに何回も乗るから買っておけと勧めたマカオパス(日本でいうsuicaですな)の購入もやんわり拒否(なぜ?)。
さらに通信手段についても、ポケットWi-Fiは借りてきていないし、最悪なことにスマホの充電ケーブルを忘れてきていることを告白されました。

違和感③ 迷子になったら、どうやって連絡とるつもり?

17:30 今回はリスボアホテル(葡京酒店)に宿泊です。2泊で26,461円。

部屋は西翼大堂側で、広めの部屋にアップグレードされていました。多謝。
K委員長もそのクラシックな内装に妙に感激し、ご満悦な様子。

この時を借りて、タオルを全部使わないよう忘れずに忠告しておきます。
たぶんお構いなしでしょう。


19:00  腹も減っていないとのことなので、K委員長にカジノのレクチャーのため、弱い雨の中、リオ・カジノ(利澳娯楽場)へ。 


1階のミニマム200HK$のバカラ卓で投了開始。
ルールは道中の飛行機の中で説明しておいたので、K委員長と並んで座ります。
2~3回実践して見せると、微かに震えながらも同様に賭け始めます。
当然ながら勝ったり負けたりしています。
でも、妙な事に気がつきました。
勝っても負けても表情が変わりません。
バンカーとプレイヤーの双方のカードが捲られれば、数秒で勝ち負けが理解できるものです。

疑問① どうやらこいつ、一桁の足し算もできないんじゃないか!?

問い詰めると、ゲームのスピード感についていけてないと必死で言い訳していましたが、緊張しているとは言え、こんな頭の悪い日本人がいたとは……。
確かに思い当たるふしは沢山あって、彼の作る見積書は誤りが多いと定評があります。
エクセルの数式を使いこなせないだけではない理由があったのです。
カジノのゲームと言えば、バカラだけでなくBJも大小も足し算が基本。
この先、楽しめるのか不安です。
私の戦果はと言えば、2,000
HK$→1,000HK$
夕食のため、リオを後にします。
 
21:00 コタイ地区で火鍋でもと企んでいましたが、雨が強くなり断念。
金龍酒店近くの「陶香居酒家」で回鍋肉とフカヒレスープ。
炒飯はないと断られました。
勿論、容赦なく広東語オンリー。
ここは塩対応が基本の店。
不思議なことに卓上に置かれたコースのメニューには、炒飯が載っています。なぜ?


22:00 徒歩でサンズ(金沙娯楽場)へ。
K委員長もやや慣れてきて、300HK$minのテーブルで参戦しますが、流れとかツラ目が理解できず、少しずつチップを減らし、2,000HK$近くの負債を抱えて小一時間で撤退します。
疲れたので一人でホテルに帰るとのこと。
「お好きなように」と放置した私も、徐々に負け始め、23時過ぎには、2,000HK$凹みます。
累計で▲3,000HK$。
 
後を追ってホテルの部屋に戻りましたが、K委員長がいません。
冷蔵庫を漁ってコーラを飲んでいる(リスボアでは有り難いことに冷蔵庫のドリンクが飲み放題)と、彼が帰ってきました。

災難③ 帰り道が分からなくなって、1時間以上、彷徨っていたそうです。

歩いて10分程の距離だし、サンズから明るい側に歩けば、葡京酒店のネオンがすぐ目に入るはずなのですが…。
ほっとしているK委員長を置いて、再度、夜のお散歩へ出かけます。

AM3時頃に戻ってきて、深夜の熱狂を求め、ひとりでリオ・カジノを訪れます。

5,000HK$→0  やっちまった~!

初日の累計▲8,000HK$、約115,000円の重い負債を抱えました。 

6月18日㈰ 9時頃に起きて、二人で十月初五日街の「南屏雅叙」で出前一丁と沙翁(サーヨン)。
*こちらのお店の詳細はこちらの記事にて。
十月初五日街「南屏雅敘」の出前一丁な朝食《マカオの微妙なグルメ②》

ローカルの賑わいを味わいながら、美味しい朝食をいただいている最中に、その不幸は起きました。

災難④ 気づいたら、前歯が根元から欠けて消えていました。

揚げパンを齧った拍子に完全に右の前歯が消失しました。
治療費にいくらかかるか不安です。
(*後日談:保険適用で約3万円)

ホテルに戻り、路線バスで媽閣廟(マーコーミュウ)へ行こうと提案。

中国の神様に拝んで、この不幸を断ち切りたい。が、しかし……

災難⑤ バスを降り立った途端、もの凄い土砂降り。たまらず停留所からそのまま引き返します。

神にさえ拒否られました。私に振りかかる災難を煽っている輩がどこかにいます。

AM11:00 ホテルと隣接しているグランド・リスボアのカジノに入場します。
K委員長に記念の会員カードを作らせるのが目的で、それならグラリスが最適だろうと。
カードはあっさり作成できたものの、特典の引換場所が見つからず放浪します。

バカラだけではつまらないと思い、K委員長に大小をレクチャー。少し儲けます。
156の後は「小」のオカルトは有効でした。3,000HK$→4,200HK$。
 
13:30 彼を連れ、リスボア娯楽場に場所を移します。
3,000HK$→3,130HK$、
累計▲6,670HK$。少しだけ持ち直しました。
ここでK委員長にバカラの極意(罫線の見方)を授け、別れます。
私は昼のお散歩。
果たして彼に勝利はあるのか?


19:00にK委員長と合流し、サンズの免費バスでコタイ地区へ夕食。

シェラトンの「鮮 Xin」で火鍋バイキングを、K委員長にご馳走する約束を果たします。
*こちらのお店の詳細はこちらの記事にて。
火鍋ビュッフェ「Xin 鮮」inサンズ・コタイセントラル《マカオの微妙なグルメ①》

スープがひとりずつ選べて、肉や海鮮、デザートも取り放題で、K委員長も「この店なら、女性にも勧められますね」とご満悦だったにもかかわらず、再びやらかしてくれました。

災難⑥ 最も辛いスープを選び、腹を壊しトイレから戻ってきません。

オーダーする際に、メニューに書かれている唐辛子のアイコンの数が、辛さを示す指数だと教えたはず
↓ これがK委員長が選んだスープ。外国の味覚を嘗めてはいけません。


↓ 私のチョイスは、「ラクサ」(東南アジア系の米粉麺なんかで使うスープ)。
唐辛子マーク1個のスープしか頼んだことがありません。
やはり色がずいぶん違います。


彼はこの後、帰国するまで満足に食事を摂ることができなくなりました。

トイレに駆け込むこと十数回。愚か者。

尻を手で押さえたK委員長と、ヴェネツィアン、パリジャンなどを見物です。

おそらく彼の記憶には残っていないでしょう。

21:00 再度、免費バスで半島側に戻り、サンズ隣りのレジェンド・パレスへ。
最後の夜はここで勝負。

23:00  ずっと負けていましたが、

バンカーのツラ目7連チャンを絞って終了。倍々で賭けられない自分に猛省。

3,000HK$→4,600HK$、累計▲5,070HK$
すでに通算3,000HK$近く負けているK委員長も、残って見ていましたが、一緒にホテルに戻ります。
私は仮眠です。なんとか負けを消す覚悟。
 
6月19日㈪ 最終日。7:00に早速、リスボア娯楽場でバカラ開始。
頭も博奕も冴えません。5,000HK$→2,520HK$。
累積▲7,550HK$に拡大です。

9:00 グランド・ラパのカフェ・ベラ・ヴィスタで朝食ビュッフェ。

K委員長もついてきていましたが、やはり腹の調子が悪いようで飲み物だけ注文。
落ち着きがありません。
13:00 リスボアホテルに別れを告げ、フェリーターミナルで航空機のインタウンチェックイン。
フェリーは15:15発を予約。手続きを終えると、私のパスポートが戻ってきていません。

災難⑦ K委員長が私のパスポートを受け取って、鞄に入れていました。

なぜ確認しないのでしょう。
これが全く見ず知らずの他人との取り違えだったら大トラブルです。
この後、彼を見捨ててカジノで勝負する腹積もりだったため、厳しく注意しました。
 

13:00 勝負の前に、海立方のクロークに荷物を預けます。

そう、あの怖~い受付のオバちゃんが君臨している預り所です。
K委員長も一緒でしたので、「ファスナーを自分で開いて見せなければ絶対に預かってくれなかった」恐怖体験を説明し、粗相しないことを約束させます。
無事、荷物を渡して、レジェンド・パレスで最後の聖戦へ。
K委員長も所在なげでしたが一緒です。

思うようにいきません。
4,000HK$→2,000HK$ 一時は2,600HK$浮いていたものの、立ち張りで5連敗。
特に最後は1,000HK$賭けの連敗が痛かった。
累計▲9,550HK$。日本円で15万円近い敗北です。
 
心折れた私と、何も食えなくて憔悴しきったK委員長は、海立方に預けてあった荷物を受け取りに戻ります。
フェリーの集合時間まで残り10分といったところ。
ここで最後のトラブル発生。

災難⑧ K委員長がバッグの引換証を紛失!

伝えると、カウンターのババアは案の定、猛烈に怒っています。
K委員長はポシェットの中や、着ていた服のポケットを裏返して探していますが、慌てているため見つかる雰囲気もありません。
やがて、カジノ側の係員も集まってきて、大騒動に。
↓ 修羅場はこの扉の向こう。

K委員長は土下座せんばかりの平身低頭な態度で、なぜか日本語で「すいません、すいません」と平謝り。
私もフェリーの時間が迫ってきているので気が気ではなく、

「こんなに怒られるなら、鞄なんか捨てていこうぜ」

と彼に言います。
貴重品は持っているはずなので特に困らないのでは?
結局、始末書らしき書類に、何か所かサインさせられて、K委員長のバッグが持ち主のところに還ってきました。
呆れ果てた私は説教する気にもなれず、「だから言ったでしょう、用心しろって」と彼に笑いかけましたが、自らのふがいなさに本当に男泣きしていたK委員長。
 
16:30 香港国際空港に着くも、帰りの便も1時間半遅れるとのこと。明日、仕事だよね?

夕食のため、プライオリティパスが使える空港の西側のラウンジへ。
下の画像の麺が名物。旨し。


腹痛と傷心で何も食えないK委員長は放っておいてあげることに。
ひとりぼっちで頭を冷やす時間も必要でしょう。
旅のバディが食事ができない状況というのは、行動に制約が多いことを今回学びました。

腹ごしらえを終えた私は、ラウンジで戦利品のドリンク類を何本かせしめ、搭乗ゲートに向かいます。
K委員長もすでに搭乗を待つ客と一緒に、椅子に座っていました。
彼にペットボトルを投げます。
「ありがとうございます。いただきます」
どこかで見た光景です。

疑問② 人は学習しない生き物なのだろうか?

彼が栓を開けて、ごくごくと水を飲み干しました。
まだ帰りの道中も長いというのに。

UO622便は20時頃、香港国際空港を離れ、無事、羽田に帰還。
機中でK委員長が、しきりに今回の出来事は、上司のH・Kに話すのだけは勘弁してくれと懇願してきます。
こんな面白い話を黙っていられるかと思いましたが、一応、交換条件を提示。
彼は実行すると約束していましたが、いまだ果たされません。
やっぱり他人の話なんて聞いてないのね。
ということで、ブログで暴露します。
K委員長を送り届け、家に着いたのは深夜2時。
ただ不運のスパイラルは終わってはいませんでした。

災難⑨ 家の目前で、角のコンクリート壁に車を擦りました。ドアの修理費13万円。

とほほ。この3日間に起こった出来事を反芻していたため、完全に油断していました。

マカオ通算9勝7敗1分。次回は7月、今度こそ単独で仁川へ。

4 Comments

  1. 風まかせさん、こんにちは。

    近隣某国委員長かと思いました。
    先日の武蔵野ステークス翌日の京都10R観月橋ステークスは12頭立てでしたが、1着はなんと12番人気でアハハー・・・と、もちろん取れてません。
    しばらく先のことですが、GW頃マカオへ行こうかと思っておりますので、タイミングが合えばよろしくどうぞ。

    • getaさん、コメントありがとうございます。
      来月、香港の国際競走に行ってきます。
      サトノダイヤモンドかキタサンブラックでも遠征してくれたら
      楽しみが増えたのですが、なかなか難解なレースになりそうです。

      GWいいですねぇ。ただ、仕事が休みが取れるか微妙なところで、飛行機の予約を入れるか逡巡しています。行くなら5月2日~4日という感じです。
      はっきりしたら情報入れます。ではまた。

  2. こんにちは

    k委員長との旅行記が楽しそう。「すみません」
    大変でしたね。40歳を越えておられるのにと思いましたが・・・
    私も一人が多いので二人で行けるのは楽しいですよね。
    特に食事の時がキツイですよね。独りで食べる食事は美味しく無いですね。
    私も元後輩連れて行きますよ。やっぱり楽しいですよね。

    追伸、私は武蔵野ステークスは馬連取りましたが、三連単170万は
    取り逃がしました。アキトクレッセントを・・・。残念

    • コメントありがとうございました。
      マカオの二人旅は、カジノメインだと難しいですね。
      特に資金の差があると、気を使ってしまって…。実は少し懲りました。当分は一人で行きます。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*