熱闘!海外カジノ・マカオ篇#23《奇跡の生還、俺は負けん!!》~2018年7月~

久々のマカオ遠征記

5月のGW以来となりますので、2か月のブランクしかないのですが、凄く久し振りな感じがします。
最近は、御朱印やらパワースポットやらで、開運ブログの様相を呈してきた当サイトですが、本来の趣旨に戻って参りました。
お待ちかねの読者の方がいてくれたら、幸いです。

1日目:リオの奇跡

早めの夏休みとして、会社も有休です。ネット予約でエアーとホテルを押さえているのですが、驚くことに2月下旬に申し込んでおりました。
用意周到というか確信犯というか、仕事が忙しくなっていたら、どうするつもりだったのか?
たぶん当日に急性大腸炎になっていたことでしょう……。

西日本方面の歴史的大雨と、その後おとずれる沖縄方面への台風8号の隙間という、ある意味、奇跡的に安全な道程となりました。
*被害に合われた方々には申し訳ありません。
でもって、フライトはいつもの香港エクスプレスの羽田発。香港行きのUO625便は5:40に搭乗開始で、定刻通り6:30発。
運賃は、手数料と座席指定料込で、20,120円でした。
*帰り10円キャンペーン適用です。
そろそろ人間ドックでの体重計測もありますので、今朝は「六厘舎」のつけ麺はいただきません。
今回は羽田の荷物検査が15分かかり、結構な行列。なにかあったの?
それに、この時期の服装は難しいです。外は30℃の酷暑で、室内はこれでもかの冷房攻撃。長袖を着忘れたため、機内が寒くて、ずっと鳥肌を立てていました。定刻よりも早く9:40に香港国際空港に到着。
11:00のフェリーに乗るのは久々な感じ。運賃は270HK$。なんか空港やフェリー乗り場があまり混んでいません。

空港のフェリー乗り場から。もうじき港澳珠大橋が完成して、バスでマカオに渡れる日も近いとか。この景色を眺めるのは、ぼちぼち終わりかも?
対岸に見えるのは、バスターミナルかなぁ…。

25度目のマカオ渡航です。
外海碼頭から3番のバスで、宿泊するリオホテル(利澳酒店)へは、13:00着。まだ早いので、荷物だけ預けようとドアマンに頼むと、なんとチェックインOK。フロントの女の子が、カタコトながら日本語で説明してくれました。

塩対応のリオホテルらしからぬホスピタリティに感激。
「リオの奇跡」*と呼びましょう。
*ワールドカップの時期ですからね。
お部屋はと言えば、Bookin.comで予約。スーペリアルームで無料アップグレードしていただけたらしく、結構な広い部屋。1601号室でした。宿泊料金は2泊で22,396円でした。

バスタブとシャワーブースが別々です。

外壁の工事も終わり、窓からの風景も眺められるようになっていました。
*マカオ半島のホテルの総合レビューはこちらの記事へ。〜マカオ半島の中堅ホテルのベストはどこ?〜快適度チェック〜

荷を解き、気を良くして、2階のカジノで、30万円をホールド(48時間)。この時期の為替レートは、1HK$=14.58円でした。やや円安。
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情
早速、2階のバカラ卓でゲーム開始。
見ると、少しレイアウトが変わっています。このフロアにあったブラックジャックのテーブルが消えています。また、ミニマム500HK$と300HK$のテーブルに混ざって、800HK$のバカラ卓がお目見え。そう言えば、1階にあった大小のテーブルも消えていました。
完全にバカラ専用カジノ。
(3階のVIPフロアや、地下のスロットフロアに移動しただけかもしれませんが…)
とにかく、500minのバカラ卓でゲーム開始。
夏時間のため、マカオ到着も早かったのですが、14時前から座っているのは、カジノに夢中だった2~3年前を思い起こされます。そんな感傷的な思いとは裏腹に、まったく勝てません。
いきなり4連敗。そして和(タイ)。
1万HK$をチップに替え、ものの1時間で、4,000まで減らします。その後、30分で8,000HK$まで戻し、また4,000に。2時間足らずで、6,000HK$(約8万5千円)の負債です。
まるで立ち上がりが悪い野球の投手のよう。
「俺はジャイアンツの田口かいっ!?」と言いたくなります。
バカラ愛好者の間で、《飛び込み自殺》と呼ぶ行為があります。
見物中に、続けて同じ目が出ているテーブルを見つけ、慌てて立ち賭けをして、あっさり負けてしまう残念な習性。
それが3回ほど続きました。私が流れを絶ってしまったような申し訳ない気持ちにもなります。
今回は旅程が長いので慌てる必要もないのですが、やはり出だしから負けると不安なもの。このまま負け続けたらどうしようとか、負のイメージが心を襲います。

こんな時は食事にしましょう。

15:00に水坑尾街にある、「皇冠小館」へ。
アヒルの卵を混ぜ、竹の棒で打った腰の強い麺と、新鮮な海老の卵を使った《蝦子撈麵》で有名なお店。

ミシュランガイドにも掲載されたそうです。「黄枝記」や「祥記」等、これに近い人気メニューがマカオ市内にはありますが、それとの違いはいかに?
*詳細は別の記事でご紹介しています。〈皇冠小館の「蝦子撈麵(ロウミン)」は本当に美味しいのか?《マカオの微妙なグルメ⑩》〉

5分ばかり待って、蝦子撈麵(83HK$)の登場。
置かれた途端、もの凄い海老の香り。
振りかけた海老の粉の量にも驚きです。
お土産用に単体で販売されているほどの逸品だとか。細麺でもしっかり腰もあり、美味しいです。
少し味が明確じゃない印象がありましたが、奥に置かれたラー油?をかけたら最高の味に変貌しました。
この調味料は必須です。
続いてもう一品、鮮蝦雲吞(48HK$)。
いわゆる海老入りスープワンタン。

スープ系が欲しくて頼みました。これも優しいお味で癒されます。
土曜の3時で、特に混んでいることもなく、気楽に入れていい店です。マカオのブロードウェイホテルのフードコートにも、出店していますが、このクオリティが保たれているなら、お薦めです。
この時期のマカオの天候は最悪。滞在中、雨は降らなかったものの、酷い湿気。徒歩だったため、あまりの蒸し暑さにホテルに戻り、シャワーを浴びて仮眠します。
で、なんと起きたら22時。5時間近く眠っておりました。休養十分。じっくり借金を返しましょう。
リベンジを期して、ランカイフォンカジノ(蘭桂坊娯楽場)を覗き、レジェンドパレス(勵宮酒店)へ。

10,000HK$をバイインして、最後は10,250HK$に。累計はここまで▲5,750HK$。
調子はあまり良くなくて、2,000HKほど凹んでいる状況もあり、負債も10万円を超えていましたが、美人ディーラーとのサシの勝負で、少し盛り返しました。
どうにも弾けないので、2時間ばかりいて終了。

帰り道、回力酒店近くの「新発達美食」という店で、楊州炒飯と油菜心の遅い夕食。カジノフリークの間では、常連さんもいる食堂ですが、接客レベルは酷いもの。ずっと、客を無視してお喋りとテレビドラマに夢中です。
炒飯は普通。青菜の炒め物は食いきれない量で、しかもオーダーを忘れていたようで、かなり遅れて出てきました。典型的な中華レベルのお店なので、心に余裕のない時は入らないほうが無難です。
*すみません、スマホを忘れて画像は残っておりません。
明けて1時半。ランカイフォンカジノに立ち寄ります。

ここはミニマムベットが200HK$からありますので(というより200HK$の卓が殆ど?)、再調整にはピッタリ。
調子が上向くまで、焦らずじっくり勝負です。
最初の卓で1個2個の罫線を忠実に追い、チップを増やします。テーブルを一度替え、最後は1,000HK$ベット2連勝で、大きく浮上。
3:30に終了で、5,000→11,000HK$。

一晩かけて負債を完済しました。転じて+250HK$に。
基本に忠実に、初心に帰ったのが功を奏したのでしょう。
2日目に続きます。

続きを読む
1 / 3

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ハマトラ

    勝利の帰国お疲れ様でした。
    食事のバリエーションが凄いですね。
    色々と調べておられますね。美味しい店を見つけるには
    食べてみないとわかりませんね。
    香港もマカオも自分の庭のように回っておられますね。
    また、ご一緒できる事を楽しみにしてます。