熱闘!海外カジノ・マカオ篇#15《続・マカオで勝ち逃げせよ》~2017年5月~

ゴールデンウィーク真っ只中のマカオ旅行。なんと航空運賃は4,490円!

1年振りのS君との共闘です。日程は2017年5月4~6日。
香港エクスプレスの往路10円キャンペーンで、申し込んだのは半年以上前の2016年11月でした。
会社でこの割引料金を見つけた時、すぐさまS君に声をかけ、速攻で予約を入れておきました。
何かの間違いなのでしょうか? 往き10円+帰り4,480円、知る限り最安値。
直前に
販売料金を確かめたら、往復で7万円以上していました。
航空料金はナマモノと心得ておきましょう。
*手数料と諸税込で総額11,980円。



さて、S君といえば、昨年も5月にマカオ旅行したカジノ仲間。早朝、自宅に迎えに行った際に電話しても出ず、15分待たせた挙句、LINEで「来てるんですか?」と返してきたあの彼です。
*このくだりは「熱闘!海外カジノ マカオ篇#7」にて。
5月4日㈭ 香港は雨のようです。UO625便でAM6:35に羽田空港発。
S君とは機内で待ち合わせ。(懲りたわけではなく、彼が横浜に引っ越したことが理由)
搭乗ゲートの放送で何度も名前を呼ばれていましたが、離陸寸前に乗り込んできました。さすがに大物です。
夏の気候に変わっているため、11時に香港空港発のフェリーで予定どおり、マカオへ。

さくさくトランジットが進み、13時には宿泊先のリオ・ホテル(利澳酒店)にチェックイン。
2名1室で2泊で19,304円です。1泊1人あたり5,000円以下とリーズナブル。

安いのは理由があって、外壁が工事中で窓からの景色は皆無。足場しか見えない状態でした。
まぁバスルームも広いし(この価格でシャワーと浴槽がセパレート!)、文句を言ったらバチが当たります。

まずは腹ごしらえと、近所の「松花湖水餃」で、酢豚と小籠包の昼食。味が落ちたのか、あまり美味しく感じない。

PM3:00より、レジェンド・パレス(勵宮酒店)のバカラ卓で共闘開始。

3時間粘って、なんとか勝ち越します。5,000$→5,975HK$。*この時期の為替レートは、1HK$=14.41円。
調子の出ないS君は途中で消えてしまいました。海立方へ回遊したそうです。 

PM7:00に合流してサンズの免費バスで、コタイ地区に開業したばかりのパリジャン・マカオ(澳門巴黎人酒店)へ。

夜景にまったく感動しなかったので、写真にもやる気がありません。
お約束でカジノをお試し。3,000HK$→3500HK$。累計+1,475$
特徴はありませんが、それなりの規模できれいなカジノです。

シェラトン側に移動して「鮮 Xin」で火鍋ビュッフェ。
*このお店の詳細はこちらの記事にて。
〈火鍋ビュッフェ「Xin 鮮」inサンズ・コタイセントラル《マカオの微妙なグルメ①》〉
2名で約800HK$。
2万円近く勝っていたので、ここは私が払いました。平日なので少しだけお値打ちです。満足度高し。
マカオ半島に戻り、お決まりの場所を徘徊し、

AM1 :00には疲れ果てて就寝。

5月5日㈮ AM5:30、朝っぱらから部屋を出て、リオ・カジノの1階へ。

寝起きなので200minでまったりバカラ開始。2,000HK$を溶かします。
心を入れ替えて本腰を入れます。5,000HK$→6,000HK$。収支をプラスに戻し、累計+475HK$。

AM10:00 S君を起こし、十月初五日街の「南屏雅叙」で出前一丁と菓子パン。
これぞ、マカオの茶餐廳(チャーチャンテーン)。ドリンク込みで80HK$。
*このお店の詳細はこちらの記事。
十月初五日街「南屏雅敘」の出前一丁な朝食《マカオの微妙なグルメ②》


サンズ・マカオ(金沙娯楽場)に移動し、15:00にゲーム終了。

バイイン5,000HK$で始め、8,000HK$で終了。最高は10,000に到達も、突き抜けることはかなわず。
累計は+3,475HK$まで上昇。約5万円浮いています。

17時からの約30分間、私は神となり、ツラ目を絞り続けました。
たった7,000HK$程度の価値しかない神様ですが…。

レジェンドパレスに移り、3,000HK$バイインで勝ち負けなし。
PM8:00に、リオ・カジノ(利澳娯楽場)へ。

5,000HK$をチップに換え、いきなり衝撃の5連敗。
ナチュラル8を2回続けて、9に負けるかい!?

もう神様でも何でもありません。敵は勝ち逃げしようとする気持ちかも。
2,000HK$までチップを減らし、累計+475HK$まで後退。
2階の300HK$minのテーブルで、やけに対子(トイツ)が来る場でした。
錦織圭に似た若い日本人のVIPと同卓していて、きっちり対子に張っているのが印象的。
お世辞でもなく、こんなに上手で、スマートにバカラで遊ぶ日本人を初めて見ました。それもリオで…。

いい加減、お腹も減ったのでS君と夕食に。彼の戦績はここまでチョボチョボとのこと(S君談)

PM8:30にリオ・ホテルに近い「新口岸葡国餐」で、カレー蟹とアフリカンチキン。

パカリュウとポテトの炒め物が美味。蟹のカレー煮込みは時価です。ただ手がベタベタになり食べづらい。
でも二人で1,000HK$はなあ… 。
*料理の画像はS君が撮影。私はこんな適当に撮りません(笑)。

 いったん疲れたので仮眠後、日付が替わったAM3:30より、再び一人でリオ・カジノへ。

朝の5時頃、バンカーの17ヅラに遭遇。

途中から加わり、500HK$で6回ほど相乗りさせていただきました。多謝。
7,000HK$→10,000HK$! 再び+3,475HK$ 強く張ることが重要。


5月6日㈯ 晴れ。今回の旅程は深夜の航空便で帰国なので、夕方までマカオに滞在予定。
午後になり、久々にヴェネチアン・マカオ(澳門威尼斯人度假村酒店)に行こうということになり、ホテルをチェックアウトして、路線バスで向かいます。

相変わらず巨大過ぎて、全貌がつかめず迷子になります。
一応、カジノに寄り、どうにも落ち着かず、3,000HK$→1,000HK$。
雲行きが怪しいです。S君も知らぬ間に消えていました。
探すのも面倒なので、フードコートに寄り、初めて「
鴛鴦(インヨン」という香港名物のコーヒーと紅茶のミックスを買ってトライ。 残念ながら味がしない。

PM5:00 単独でリオ・ホテルに帰還。LINEでS君からここにいると連絡あり。
勝利が心許ないので、あまりやる気が起きない。2,000HK$だけチップに換え、案の定1,000HK$減らして終了。
勝ち逃げしようとする時は勝てないものです。

最終結果、累計+475HK$。チップ1枚分に満たない勝利。


見物に回っていると、座って賭けていたS君が、2人の中国人のオバサンに両脇から挟まれたまま、外張りされています。
自分が張ったチップの上にチップを乗っけられて、払い戻しの時に収拾がつかなくなっています。
オバサンに手元のチップまでいじくり回されて、何か言われています。
説教されてはいないようでしたが、S君の閉口した表情に大爆笑。

私としては、ショボくても勝って帰国することが最優先。

7,000円くらいの浮きでも、飛行機代が賄えただけで良しとします。
S君も引っ掻き回されながら、結局5万円くらい勝ったのでは?

これでマカオ通算9勝6敗1分。

九龍行きのフェリーで香港に渡り、重慶マンションで両替。

10mほど中に入った両替店で、香港ドルを日本円に。22,000HK$が315,000円。
尖沙咀(チムチャッツイ)よりA21バスで空港へ。所要時間約50分。帰国の途へ。

23:50発のUO624便で羽田空港へ。今回は日曜の朝帰りでした。

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*