熱闘!海外カジノ・マカオ篇#25《決戦の日曜日》~2018年10月~

今回の旅の途中、香港へ帰るフェリーを待っている間、天皇賞(秋)の馬券を買いました。
1番人気のスワーブリチャードを軸で、馬連で3点購入。
なんということかスタートの苦手なデムーロ騎手が、ゲートで出遅れ。
さらに直後の接触が響いて馬群に沈みました。
勝ったのは、またもやルメール騎手。
3週続けてのG1勝ちです。

バカラではツラを追えるのに、なぜ競馬ではルメールの連勝を信じられないのか?

不思議ですよねぇ。ある意味、今後の課題です。

韓国への社員旅行からまだ2週間しか経っていないので、どこかとっちらかった旅でした。
仕事を無理やり終わらせ、ノープランのまま日本を離れたため、予想外の展開が続きました。


出発は10月26日㈮の早朝。
AM4:50に羽田空港に到着。
六厘舎の特製つけめん(1,080円)から始まります。


香港エクスプレスのUO625便の搭乗開始は5:50 。
※今回の運賃は往復とも4,880円。税等含め23,360円でした。
サイパンあたりまで来ている台風26号は大丈夫なのでしょうか?
到着は10:30と、予定より15分遅れ。
残念ながら11時のマカオフェリーターミナル行きには乗れず、タイパ行き12:15発を選択

金光飛航〈コタイジェット)もガラガラ。

中国人はほぼ皆無で、インド系の集団が幅を利かせています。

それもこれも10月24日に「港珠澳大橋」が完成したからでしょうか?

当然、私も興味津々で空港内をうろつき回ったものの、案内表示を発見できず。
どうやら一度、イミグレーションを出て、B4のバスで移動し、橋を渡るバスに再度、乗り移るようです。
またマカオ側も、珠海と共有する人口島に着いた後、また路線バス(101X等)で市街地へ移動することになります。
橋を横断する時間は40分程度で、運賃も65HK$(約950円)と安いのですが、乗り継ぎのタイミングが合えば、空港からフェリーで外港へ渡ったほうが、早いような気がします。


空港内から直接、乗り継げるルートはまだ工事中とのことなので、それに期待です。
 
フェリーの中でWi-Fiが繋がるのは驚きでした。
タイパへの到着は13:30頃。
路線バスを待ちますが、なかなか来ないのでウロウロ。
ホテルのシャトルバス乗り場まで歩いていくうちに雨が落ちてきて、また引き返したり、タクシーに乗ろうか逡巡してみたりと、迷ってばかり。

40歳で不惑といいますが、50歳を優に超えた最近の私は、迷い続けている気がします。

結局、MT1 のバスで半島側へ渡ります。
車中の次のバス停の表示が、ずっと〈タイパフェリーターミナル〉になっていて、気が気でない状況。
14:40にチェックイン。

ホテル名が「ランカイフォン(蘭桂坊酒店)」から「ミリオン・ドラゴンホテル(萬龍酒店)」に変わったのはいつのことでしょう?

金龍グループがこの一帯を牛耳りはじめています。

しかし「萬龍」とは、なんとも悪趣味なネーミング。

宿泊は、1216号室のグランドスイート。
※宿泊費は2泊で34,128円(ポイント割引含む)。
いつもながらに良い部屋です。


ただし外壁工事中なのか、窓の外は足場が架かっていて、風景はゼロ。

まずは向かいのリオホテルのカジノ(利澳娯楽場)で、日本円(29万円)を2日間ホールド。
19,575HK$になりました。※この時期の為替レートは1HK$=約14.8円。
昼食は3番のバスで、十月初五日街へ。

目的は「牛記咖喱美食」という店の、カレー麺(咖喱牛腩麺)。

これで29HK$(約400円)。
しかも激辛。翌日昼までお尻にダメージありました。
*こちらのお店の詳細は別の記事で紹介しています。よければどうぞ。
〈「牛記咖喱美食」~ミシュランも認めたカレー麺?~《マカオの微妙なグルメ⑯》〉


歩いてホテルまで帰ったため、疲れて仮眠。
部屋に戻ると、なんとフルーツの差し入れが。
さすが、グランドスイート。
さらに壁にはバラのシルエット。エロい…。

2時間をほど眠って。19:30に起床。
ホテル内にある、「萬龍娯楽場(旧ランカイフォンカジノ)」へ。

200HK$ミニマムのバカラ卓で、ツラ目を追い、堅実に稼ぎます。

3,000→6,000HK$で、22:00終了。

3,000HK$(約45,000円)の勝利で、幸先よく夜のお散歩。

遅い夕食は、セナド広場近くの「百福麺家」。

私の定番は、炒飯とワンタンとアイスティー。

これで147HK$。(約2,000円)
ここで昼間の激辛麺のダメージが、私の腹を襲います。
グランド・リスボアでトイレを借り、その足でリオ・カジノ(利澳娯楽場)へ。

500HK$minのバカラ卓で、衝撃の6連敗

夕方の勝ち分を完全に吐き出しました。
ここで格言。

お腹の具合が緩い時は、バカラで賭けてはいけない。

半千切りで止めるつもりだったのですが、途中でコーヒーを頼んで待っている間、手持無沙汰でちょっとだけ勝負。

ここから3連敗で、1杯4万円のコーヒーになってしまいました。

2時半終了。
リオは最近調子悪いかもしれない。


2日目、27日㈯。
9時に起床。
10時前に25番のバスで、コロアンへ。
終点の「路環市区」までは20分ほど。
車窓を眺めていると、目的地の2つ前のバス停は、パンダ館で有名な「石排湾郊野公園」。
帰りに寄ってみっか?
まずは、お目当ての「ロードストウズ・ガーデンカフェ」。
*こちらのお店の詳細は別の記事で紹介しています。よければどうぞ。
〈「ロードストウズ・ガーデンカフェ」~エッグタルトだけじゃないコロアン村の素敵なカフェ《マカオの微妙なグルメ⑧》〉


ハンバーガーとエッグタルトとローズカフェで、151HK$。

このあたりは、ザビエル天主堂があって人気の観光名所。

最近は取り壊した建物の跡地から、カラフルな壁が出現して、格好のインスタスポットとなっています。

昨夜のトラウマか、カジノへ行く気がまったく湧きません。

パンダでも見て気分転換することに。

2駅先のバス停を目指します。
上りのバス停の名前は、「石排湾郊野公園」ではなく、「聨生圓形地」となります。向かい合っていても名前は別のよう。


道路を横断して、石排湾郊野公園へ。
大熊猫館を目指します。

1時間毎の入替制らしく、入場料は10HK$(150円)。安い!

実際のパンダを見るのは、小学校4年の上野動物園以来。

内心、期待しておりました。
で、
見えたのが、この光景…。

……。

……。

寝てるパンダしか見えんじゃないかぁ~!!

目の前にいる「開開」と「心心」はピクリとも動かず、汚れた縫いぐるみにしか見えません。
*もしかするとその子供の「健健」と「康康」かもしれません。
パンダは夜行性らしく、日中は眠っていることが多いそう。
とんだ見世物小屋です。
 空虚な気持ちを神様に癒していただくため、26番のバスで「媽閣廟」へ向かいます。

20HK$で線香を買い、6連敗の痛みの解消のために、拝み倒します。

すでに14時近かったので、 10番のバスでホテルへ戻り、
とりあえず、ひと眠り。
(パンダと大して変わりません)
起きたら15時過ぎでした。
少しだけ気が向いたので、レジェンドパレスのカジノへ行ってみます。

が、まさかの大混雑。
土曜の午後とは言え、珍しく客でごった返しています。
残念ながら、席が空かず撤収。
仕方なく、再び長いお散歩に。

お金と時間をいっぱい浪費してしまいました。
日が暮れた、帰りの十月初五日街はお祭りらしく、露店で溢れかえっていました。

時間は夜20時。
晩ご飯にしましょう。
宋玉生公園の近く、グランド・ラパ裏に、「新東海美食」という地元で有名なステーキ屋があると聞き、来店。
しかし全く言葉が通じず、手元には千ドル札とクレジットカードしか持っていなかったので、身振り手振りで大丈夫かと尋ねると、にべもなく門前払いを食らいました。
やむを得ず、近くにあった「新派火鍋・南亭」というお店に。
そもそも鍋の店で、火鍋のスープだけで3,000円近く取られそう。
丁寧に断り、「黒野米炒飯」と「鮑と豚頸肉炒め」とコーラをオーダー。



「黒野米」って調べても、何だか分かりませんでした。
でも、まぁまぁイケる味。
そして鮑と豚肉の炒め物は柔らかくて、美味でした。
合計で、225HK$。
千ドル札は受け取ってくれましたが、マカオパタカでお釣りを返されました。
これも拷問。
(パタカは香港では一切使えません。明日、帰国の身には無用の長物)
満腹になり、部屋に戻って、ベットに横になったら、5分で落ちました。
起きたら午前2時。

思えば、昨日は1秒たりとも、カジノで賭けていません。

何しにマカオに来たのやら。
(これじゃ、パンダを見に来たことになる…)
慌てて服を着け、階下の萬龍娯楽場へ。

プラマイ0円からのリスタート。
ここからの数時間が、今回の遠征の勝敗を分けることに。

これはまさに〈決戦の日曜日〉です。

唄の歌詞では、大丈夫と3回掌に書いて飲み込みますが、私の場合は手首のパワーストーンをくるくる回します。

5,000HK$をチップに替え、200HK$minのコミッションバカラのエリアで、小一時間肩慣らし。
勝ったり負けたりで、水面スレスレを往復。
今回のテーマの一つは、「コミッションバカラの克服」。
久々でしたが、やってるうちに結構、慣れてきて、バンカー(庄)で勝った際に、5%分の小さいチップを添えて出すアクションも瞬時にできるようになりました。
そして、午前3時過ぎ。

300HK$minのテーブルで、一瞬、神が乗り移りました。

プレイヤー(閒)の8連チャンを絞り続け、6対5を2度、7対6を1度のギリギリの戦いを制します。
何回か、逆張りしてくる輩もいましたが、悉く跳ね返しました。
私の追っかけとなった一人のオバちゃんが、ずっと相乗りしてくる始末。

▲1,300HK$からプラスに転じ、3,900HK$の黒字まで逆襲。

惜しむらくは最大500HK$しか、賭けていないこと。
今回は少額でもいいから勝ちたいというプレッシャーで、強く張る気になれません。
最後は、手持ち8,000HK$で終了。
再び3,000HK$の浮きに戻します。
日本円で約44,000円。
苦手意識を払拭できたかな?
プレイヤー(閒)ばかりに賭けていた気もしますが…。
朝5時過ぎ部屋に戻ります。
28日㈰ AM8:30起床。
無理やり起きて、フェリーターミナルへ。
ATMで6,000HK$出金します。
そう、ホールドの解除にお金が少し足りない状態。
ついでに、15:15発の空港行きのフェリーチケットを予約。
ここでは、マカオパタカが使えました。
やっぱりお釣りも、パタカだったけど…。
その足でリオ・カジノに寄り、ホールドした日本円を奪回。
レシートに書かれていたホールド期限がなぜか10/27だったため、軽くトラブル。
昨日で質流れしているってわけ。
「自分は2daysでオーダーしたよ」って、巧みな英語力で交渉し、無事、私の29枚の1万円札を返却していただきました。
最近のリオは、前より優しくなった気がする。
まだチェックアウトまで時間があったので、朝食へ。

お目当ては、「聚龍酒家」。飲茶のお店です。

※夜は火鍋メインのお店のようです。

場所的には、グランドリスボアの近く、レクサスの隣り、富豪酒店の向かいです。

ワゴン式じゃないけど、流行ってます。
オーダーは写真入りのメニューを見て、ペンでチェックする方式。


お茶はプーアール茶にします。
洗杯の儀式はやらなくていいみたい。


春巻と焼売とマーラーカウにお粥をオーダー。

ピータンと豚肉が入ったお粥がいいです。
薄味だったので、塩を足したら絶品になりました。
焼売も最初の味はやや甘め。
醤油が甘いのかなぁ? 海老の風味はしっかり味わえます。
春巻きもパリパリでOK牧場。
マーラーカオは、「添好運」の方がフワフワ感があって美味いかも。
合計で133HK$。
さくっと朝飲茶するなら、ホテルにも近いしグッドなお店です。
このお店の詳細は、別の記事でも紹介しています。よければどうぞ。
「聚龍酒家」~マカオ半島でも本格的な飲茶が食べたい!!~《マカオの微妙なグルメ⑮》

チャックアウトは11:00。
荷物をクロークに預け、リオ・カジノ(利澳娯楽場)へ。
最近の私にしては珍しく、最終日もカジノで勝負する気持ちが湧いてきました。

立ち張りでパターンを追い、一度も凹まずに、4,000HK$→6,000HK$。

2時間弱、きっちり勝ち逃げできました。

累計5,000HK$(約74,000円)の勝利。

リオ横のコーヒーショップで、勝利のコーヒー(38HK$)&クロワッサン(20HK$)。

久々の空港行きフェリーは、5分遅れで出発。
しかし、マカオはまだ暑い。
Tシャツと短パンでも、昼間は無問題(モーマンタイ)でした。
フェリーが空港の手前で急停止しました。
結局、足止めを食らい、1時間半かかりました。
帰路の香港エクスプレスUO32便は18:00発。
搭乗開始は17:30なので、あまり時間がありません。
空港に着いたのが、16:50。
フェリーを降りてから、全部先頭を走り、荷物検査とリファウンドを10分で通過。
17:10には、207の搭乗ゲートに着きました。
機内への搭乗もなぜか先頭。
26Fのスイートシートで3,
000円の僅かな贅沢。
隣り2つの席も、日本人の女子。
今回は日本語をよく耳にした旅でした。
実は、出発の前日に同行される予定だった方がキャンセルになり、大幅な予定の変更と、心の動揺を余儀なくされた旅でした。
調子が狂っていたので、カジノでも敗北を覚悟していたのですが、なんとか負けないで帰還できました。

5,000HK$(約74,000円)の勝利。
マカオでの通算は、16勝9敗1分となりました。 

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*