熱闘!海外カジノ・マカオ篇#19《久々の3連勝で、いざ香港競馬へ》~2017年12月~

今年最後のマカオ遠征は、12月9日㈯からの3日間です。
とは言え、今回は翌日に香港に渡り、沙田競馬場で「香港国際競走」のG1レースを観戦するのが主な目的。
昨年と同様、

初日は「マカオでカジノ」&「2日目は香港で競馬」という、
まさに「東アジアでギャンブル満喫フルコース」の旅。

長くなりそうなので、マカオ滞在を前編、香港競馬観戦を後編としてお送りします。
*競馬の記事を先に読みたい方はこちらへどうぞ。
熱闘!香港競馬《2017年香港国際競走 in 沙田競馬場》〉

1日目は12月9日㈯。AM6:30に香港エクスプレス UO625便が羽田を離陸。
時間どおり飛べたのは久しぶりです。
数日前に羽田空港で自動化ゲート登録をしておきましたので、出国審査も指紋をセンサーにかざすだけ、並ばずに通過できました。
もっとも手荷物検査の列はスルーできるわけではないので、ここではあまりメリットを感じません。
*自動化登録の詳細はこちらの記事をどうぞ。
〈出入国審査の自動化ゲート登録に行ってきました《海外旅行快適化計画②》〉

香港国際空港へは、AM10:50に到着。
マカオへ直接渡る11:00のフェリーは間に合わず、タイパに着くフェリーなら12:15まで待つことに。
ここで迷います。

香港・上環からフェリーを乗ることにして、
「e道」を登録していくか、タイパのフェリーを待つか?

e道とは別名「e-Channel」と言って、香港市民のためにできた自動化ゲートのこと。
一定の条件を満たせば異国民の我々も登録することが可能です。
*私の場合、1年間で3回以上香港に入国していることで条件クリアとなりました。
せっかくなので、e道を登録していくことにしましたが、私を迷わせたのはこの行列。

うんざりしながら入境検査の列に並びます。ざっと500人。抜けるのに15分かかりました。
e道(e-Channel)の登録カウンターは、入境検査と荷物受取所の間の通路の両端に2か所。


ここには誰も並んでおらず、審査と登録で5分で終わり。指紋を読み取ってあっさり解放されました。

e道(e-Channel)の登録についての詳細な記事はこちらをどうぞ。
〈香港国際空港でe道(e-Channel)の登録に成功!(海外旅行快適化計画③)〉
上環の港澳碼頭へのアクセスはどうしようと、空港バスのターミナルをのぞくと、お目当てのA11バスはすでに50人くらいの列が。

110HK$の出費を我慢して、エアポートエクスプレス(機場快線)に変更です。

PM1:00にはフェリーチケット売場に到着。ところがエコノミークラスの乗船券は3:15まで売り切れの表示。
ここで手痛いミスをしました。焦った私は、「豪華位1:30」の電光表示を目にして、思わずカウンターで叫びます。

「Premier one, please!」

時間がなかったこともあり、求められるまま461HK$をカードで払います。
何かおかしいなと思ったのですが、チケットを渡されて後の祭り。
どうやら私は、プレミアクラス(尊豪位)とスーパークラス(豪華位)を同じものだと、ずっと勘違いしていたようです。


100HK$ほど余分な出費(普通位との比較で言えば約3倍)をやらかしたまま、1:30発のマカオ外港行きフェリーのプレミアシートに落ち着きました。もちろんランチも豪華?

ラムチョップ・ステーキでした。250HK$(約3,500円)の価値があるかと言えば、もちろん、NO。
昨日、医者でウィルス性胃腸炎の診断を受けていた私には、受け入れがたい脂でした。

今回の宿泊先、リスボアホテル(葡京酒店)には、PM3:00にチェックイン。

地下のベーカリーショップで買ったパンがいつもながら美味。左が菠蘿包(パイナップルパン)、右がチョコクロワッサン。

部屋が素晴らしいです。東側のタワーを予約したはずでしたが、西翼大堂の部屋にアップグレードされていました。
広さと言い、伝統を感じる質感と言い文句がありません。冷蔵庫のドリンクも無料です。




土曜ということもあり、1泊15,693円(税・サービス料込)でした。
最近、マカオのホテル代が少し値上がりしている気がします。

カジノは日が暮れてからにして、少しお散歩です。


いよいよカジノに参戦です。

PM7:30にリオ・カジノ(利澳娯楽場)で10,000HK$をチップに換えて、2階のバカラ卓に腰を落ち着けます。
500HK$ミニマムで、ちょこちょこテーブルを替えながら、2時間ほど粘りますが、最低8,500、最高で10,500HK$というところ。
派手なツラ目に乗れることもなく、±0で終了。
夕食にします。
グランド・リスボアから新馬路を少し進んだところにある「百福麺家」に目をつけていました。
炒飯が旨いという評判です。

楊州炒飯64HK$、上湯雲吞39HK$、レモンティー20HK$(レモンの枚数がハンパない)でした。
ワンタンが10個も入ってて、スープの味も優しくて、これはヒットです。


最後の勝負に備えて、部屋に戻り2時間ほど仮眠します。
*それにしてもリスボアのドアマンが渋すぎます。

深夜AM0:20に、徒歩でレジェンド・パレス(勵宮酒店)へ。

最初が肝心です。10,000HK$をバイインして、じっくり参加するテーブルを吟味します。
500HK$minで、いい雰囲気の中国人の中年男性4人組と同席。
その中心で、主に絞りを担っているおじさんが、母親方の親戚の浅井のおじさんにそっくり。
8勝2敗くらいのペースで、ツラ目がちな罫線を勝っていきます。
私も適度に見を混ぜながら乗らせていただき、黒いカードが現れた時点で
16,000HK$までチップを増やしました。

あと1,000HK$で10万円ラインを超えられるところまで来ています。うん、好調好調。

あとは前回、開眼した「人間罫線戦法」で、私の目標達成の後押しをしてくれる「負けてる親爺」を探しますが、なかなか見つけられません。
ちょこちょこと卓を渡り歩いて、ツラ目を押さえにチップを置きますが、じりじり減っていきます。
AM3時に撤退を決断。少し減らして14,000HK$で勝負を終えました。


就寝後、AM8:00に目を覚まし、ロビー階の朝食レストラン「不夜天」でブッフェ。

パンなど洋食中心で、145HK$払いましたが、
普通に食べられます。
さっさと片づけ、心はいざ香港へ。
カジノで勝利しての移動なので気持ちも軽いです。
やや? AM9:35の九龍行きフェリーは欠航?
まあ、いいや、上環経由で行きましょう。

さらば澳門。
今回のカジノは+4,000HK$。日本円で約58,000円の勝利です。
12勝7敗1分けとなりました。
さあ、今日は競馬です。

後編「熱闘!香港競馬《2017年香港国際競走 in 沙田競馬場》」に続きます。
*この時期の為替レートは1HK$=14.5円でした。

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*