熱闘!海外カジノ・マカオ篇#17《食い倒れマカオの旅》~2017年9月~

▶ 目次
1日目:譚家魚翅鮑魚店〜祥記麺家〜鮮 Xin
2日目:南屏雅敘〜マーガレット〜添好運〜
佛笑楼
3日目:粥麺荘〜プラザプレミアムラウンジ

6月のマカオ・7月の仁川とカジノで大敗

なんとか挽回したい今回の遠征。
それとブログ用の足りない画像を撮影するため、昔訪れた食事場所をリピートするのもミッション。9月の連休を使っての旅行です。

香港エクスプレスで往復運賃12,780円。手数料と諸税含めて20,710円。航空会社のポイントを約3,500円分利用。
スイートシート(指定料片道1,500円)と快適さで変わらない普通席を発見。秘密です。*答えは下のチケットに…。

1日目。9月14日㈭

羽田空港発UO625便、6:30のフライトが遅れ、8:00発に。前夜からウェブチェックインができなかった理由は、オペレーティング機械の故障だと判明。
地上1階の特別カウンターを使っていたのが、何かを隠していそうで怪しげです。手書きのボーディングパスが緊迫した状況を物語っています。出国してホントに大丈夫?


無理やり手伝いに駆り出された香港エクスプレスの中国人スタッフの方が、遅れて困っている客の私たちより、機嫌が悪かったのはなぜなのでしょう。
11時発の空港フェリーに乗れないなぁと思いながら、搭乗ゲート内の「六厘舎」で特製つけ麺1,080円。


11:05 香港空港着。空港内のフェリー切符売り場に着いたのが11:30。次のマカオ外港行きは13:15。
さぁどうしようと見渡すと、あった!香港島の上環側に回るより早いルート発見。タイパ・フェリーターミナル(氹仔客運碼頭)行きが12:15発。初のCotai Water Jet(金光飛航)です。
254HK$のエコノミー席をマネパカードで決済。買った瞬間、座席確定。乗り場は同じ。船内でフリーWi-Fiが入ります。正直、古くて冷房の効き過ぎたTurboJet(噴射飛航)より、内装も新しくて好感が持てます。



タイパのフェリーターミナルは人口密度が低くて巨大。臨時ターミナルを締め、本格開業したそうです。


屋外に出ると、外港と同じように各ホテル行きのシャトルバスと案内嬢が並んでいます。サンズ・マカオかスターワールド行きを探して、サンズのバスに乗り込みます。
徒歩で、リオホテル(利澳酒店)にチェックイン。



2時でしたがダブルベッドの希望を取り下げると、すぐに部屋を用意してくれました。
宿泊料金は2泊で1,199HK$。*この時期の為替レートは、1HK$=約14.16円
氹仔碼頭の自販機で買ったCTMのSIMカードを、スマホに入れて通信確保。


2階のリオ・カジノ(利澳娯楽場)で20万円をホールド。(交換レートは1HK$=14.63円)
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情
まだカジノは始めず、食事に出かけます。
福隆新街に出て、「譚家魚翅鮑魚店」でフカヒレスープ(43HK$)

*このお店の詳細はこちらの記事でご紹介しています。〈「譚家魚翅」~福隆新街はふかひれストリート《マカオの微妙なグルメ⑥》
続けて、「祥記麺家」で雲吞撈麵(34HK$)をハシゴ。
あくまでもブログ用の撮影なので、1品だけ食べてすぐ出ます。




腹ごなしにお散歩です。

夕方7時に、ホテルに戻り、サンズの免費バスで、コタイ地区のシェラトンにある「鮮 Xin」へ。
本日の夕餉は火鍋ビュッフェ。
平日なので、ドリンク込みで474HK$。


*2019年7月現在、このお店は閉店しています。
21:00となり、ようやくここでカジノに入店。

リオ・カジノ(利澳娯楽場)でノンネゴチップを10,000HK$バイイン。300~500HK$ミニマムの2階のバカラ卓で勝負。
ローリング終了時は▲1,000HK$。
気を取り直して、ツラ目の罫線が出ているテーブルを探し、立ち張りで14,000まで増やし復活。
少し減らしたところで、大小の卓をのぞき、地道に上昇。バカラに戻った最後の1時間は、立ち張りで賭けたゲームも連敗が続きます。
午前2時に、+500HK$ で終了。
戦果は時給1,500円でした。弾けず…。

2日目。9月15日㈮

8時に起床して、十月初五日街の「南屏雅敘」で出前一丁と沙翁(サーヨン)とミルクティーの朝食。*このお店の詳細はこちらの記事にて。十月初五日街「南屏雅敘」の出前一丁な朝食《マカオの微妙なグルメ②》


セナド広場に続く裏道を歩き、珍しく観光。


マカオ博物館が隣接するモンテの砦では、大砲の横でダンスするマカオの婦人たちを観賞。

両手をヒラヒラさせるところが結構、揃っていて微笑ましい。

9月なので朝でも30℃超。現代のマカオでは太極拳より、こちらが流行かも?

マーガレット・カフェ・エ・ナタ」でエッグタルト4個(1個10HK$)とコーラゼロ(10HK$)をテイクアウト。
*このお店の詳細はこちらの記事にて。《マカオのエッグタルト比較①》アンドリューVSマーガレット、美味しいのはどっち?
金曜の朝のため、10時頃でしたが行列なし。


9月のマカオはさすがに猛暑。観光で汗だくとなり、ホテルに戻り、疲れてお昼寝。。
13時に外港埠頭からギャラクシーホテルの免費バスで、ブロードウェイホテルのフードコートにある「添好運(チム・ホー・ワン)」へ。
香港で行列の絶えないミシュラン1つ星に輝く飲茶のお店。マカオにも出店してました。

*このお店の詳細はこちらの記事にて。【東京・日比谷でも大人気!】香港の飲茶の名店「添好運」の点心がマカオで食べられる幸せ《マカオの微妙なグルメ③》



マーラーカオ(蒸しパン)とチャーシュー入りメロンパンは相当美味い。しかし小籠包と焼きそばも注文したため、ひとりでは完食できず。それもそのはず、朝から出前一丁やらエッグタルトを食い続け、腹が苦しい~~。
俺は彦摩呂か!
平日14時で9割の入り。全部で134HK$。
食レポはまだ続き、半島側に戻り、セナド広場近くの福隆新街へ。
ポルトガル料理で有名な、「佛笑楼」へ。
アフリカンチキン車エビのソテーを堪能。期待していたデザートのスフレは今日は作れないとのこと。

*このお店の詳細はこちらの記事にて。「佛笑楼餐廳」ポルトガル料理店なのにアフリカンチキン?《マカオの微妙なグルメ④》
お酒なしで合計670HK$。金曜日夕方で予約なしで入れました。というか私ともう1組だけ。



21:00 本日はじめてのカジノへ。利澳娯楽場。10,000HK$をチップに換えます。
バンカー1回の法則で盛り返し、プレイヤーのツラ目7連チャンで浮上。最高は14,000HK$。

→罫線(出目表)ではこんな流れでした。
結局、2時間後に、+3,500HK$で終了。
累計4,000HK$、約56,000円浮いています。
ここで日本円のホールドを解除して、部屋に戻ります。
気をよくして、深夜のパトロール。


8月下旬の台風ハトの影響で、レジェンドパレスやポンテ16のカジノはまだ閉鎖されていました。海の近くは浸水したのかも?
この夜はもう博奕はせずに就寝。
カレーおでんの写真を撮りたかったけど、さすがに食べ疲れました。

9月16日㈯ 最終日

勝者の朝食をいただこうと、グランド・ラパに行くも、「カフェ・ベラヴィスタ」は改装工事中。
仕方なく、食事を諦め、向かいの「知心按摩中心」で全身マッサージをお願いします。天井から吊るされた鉄棒を使った足踏みプレイが強力。
首筋を背後から踏みつけられたときは、生命の終焉を覚悟しました。
160HK$の他に、チップ60HK$を強引に要求されました。
↓ 私を殺しかけたのはこのお方。


今回は、深夜のフライトのため、まだ時間がたっぷりあります。
ランチは、グランド・リスボアの「粥麺荘」にて上海炒飯(回鍋肉の小鉢付)。お茶も頼んで計105HK$で、安定の旨さ。


リオ・カジノに顔を出します。

16時からの30分で、軽く1,100HK$ほど稼ぎます。
累計は+5,100HK$。

今回はしつこく粘りません。旅行代が浮けばもうお腹いっぱい。
空港行きのフェリーは19:45発の最終便を予約。
足康楽でフットマッサージ(108HK$)で時間を浪費。
上手いけどやる気はなし。


21:00 空港着。
40ゲート付近のプラザ・プレミアム・ラウンジで食事。椅子が固くくつろげない。
1番ゲート付近の方がいい。麺は相変わらずイケます。



台風18号が西日本を襲っていて、欠航になるか不安でしたが、23:50発のUO624便はなんとか飛び立ってくれました。
あと半日後だったら、東京着は全便欠航だったようです。
K委員長がいないと飛行機も予定通り動くみたい。
今回の遠征は思いがけず、カジノよりもレストランにいた方が長いというグルメ旅となってしまいました。人間ドック後とはいえ、ダイエットが台無しになっていないか心配です。炭水化物ばかり食べていた気が…。
ただ、振り返ると過去の遠征では、3日間のうち30時間近くギャンブルに費やしていたこともありましたが、その時の結果は芳しくありません。
やはりカジノはやればやるほど負ける確率が高くなります。
無理せず食事と睡眠をしっかり摂って、集中して賭けたほうが戦果はいいのかも?
しかし、かの有名なウィンストン・チャーチルも語っておられました。

「ギャンブラーにとって最も不幸なことは、ギャンブルができないこと」
*松井政就著「本物のカジノへ行こう!」より
悩ましいお言葉です。
最終成績は+5,100HK$。約71,400円の勝利!
マカオ通算10勝7敗1分です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。