年納めの鰻は着物を着て、「横濱八十八 吉田町店」へ〜にっぽん鰻旅【第37弾】

今年は29日から正月休みに入ったのですが、すっかり年の瀬は和服を着て、鰻を食べにいくのが恒例になってしまいました。
一年に一度くらいは、着付けを自分でやらないと、帯を締める手順を忘れてしまいそうですからね。

ということで今回の食べ納めは、

割烹蒲焼 横濱八十八 吉田町店。

横浜市の中心街で、鰻といえば昨年末に訪問した関内の「わかな」と、この「八十八」が二大有名店舗かと思われます。(まぁ、美味しいかどうかは好みもあるので別もの、としてと言っておきます。私の好みならコスパも含めれば、横浜橋の「八舟」かなぁ)
※わかなの記事はこちら。~2020年の鰻納めは、明治5年創業 横浜の老舗「わかな」に着物で訪問〜にっぽん鰻旅【第34弾】~
※八舟の記事はこちら。~横浜橋商店街の隠れた名店「うな丼屋 八舟」で間蒸しを愉しむ〜にっぽん鰻旅【第35弾】~
30日の昼前に訪れた「八十八 吉田町店」さん。
石川町駅前の元町商店街にもお店があって、創業は明治43年です。
店名「八十八」の由来は創業者・荒井米さんの名前から。米の一文字をばらしてひっくり返すと〈八十八〉になるんだとか。
※石川町店を訪問した際の記事はこちら。~明治43年創業の割烹蒲焼「横濱 八十八」〜にっぽん鰻旅【第27弾】~

年末の営業最終日で行列も覚悟して訪問したところ、客は私を含め3組くらいでした。
まだ11時15分くらいですからね。
この吉田町店は2001年までは別の場所にあって、一度閉店し、2013年に銀行の跡地である今の場所に再オープンしたのだとか。
なので、店内に金庫室を改造した部屋があると聞いています。

残念ながら私が通されたのは、窓際で入り口の近く。
たぶん衝立越しに見える部屋がそれでしょう。
見学したかったのですが、着物を着た初老の紳士を気取っているので、カメラ片手に店内を徘徊するのは無作法なので、遠慮しておきました。
メニューを拝見。

まずは薦められた御膳メニュー。
さすがに昼からお造りまで付けて、8千円以上の食事はやり過ぎとみて、やめておきました。

鰻重と蒲焼のお品書き。
一尾の〈月丁〉で5,440円。なかなかいいお値段。
石川町店はもっと小規模でカジュアルな店だったため、廉価な丼が中心で、蒲焼2枚のうな丼は3,340円で食べられます。
(ただうな丼でも一尾/4枚の特上だと5,810円するので同じくらいかも?)

そして、一品料理。
割烹蒲焼を謳っているだけあって、刺身の3点盛りや「入りちり鍋」なる鍋物も用意されています。
で、私のオーダーは鰻重の月丁(5,440円)と肝の山椒煮(1,300円)。肝吸い(320円)もつけました。
開店直後とは言え、うなぎが焼けるまで時間がありますので、最初にご披露した着物写真の自撮りで時間を潰します。(周囲に誰もいなかったので撮り放題)
まずは肝の山椒煮から。

卵黄がつくのは、小田原の友栄以来です。

1,300円の価格にしては、量もしっかりある肝煮です。
そのまま食べたり、卵に漬けたりといろいろな味を楽しめました。

味もそれほど濃くなくて、なかなかの美味。
特筆すべきは女中さんに教えていただいた、
しその葉で肝を巻く食べ方。
肝のくせをしその葉の青臭さがうまくカバーしていて、食べやすかったです。
続いて、鰻重の登場。

肝吸いが銀?の器で出てきました。
お新香の隣に置かれていたのはこれ。

レモンです。
「鰻は完全食に近い食べ物なのだが、唯一足りない栄養素がビタミンC」なんだそう。
「それを補うためにレモンを食べていただきたい」んだとか。
女中さんが教えてくれました。繊細な気配りです。
そういえば、石川町店でも添えられてきたのを思い出しました。

鰻重(月丁)の全貌。1尾で4枚です。

いい照り具合です。今日は鹿児島産のうなぎだと説明されました。
タレが変に甘くなく、醤油の風味が強め。
やや辛口で、江戸前の上品な鰻と言う印象です。

柔らかく、ふわっとした鰻です。
またご飯にあまりタレがかかっていないのが特徴で、粉山椒を白飯の上にかける(私の作法は鰻ではなくライスにかけます)ときりッとした風味で引き締まります。
ごはんを大盛りにしていただいたので、いいバランスです。

お新香をたまに口に入れながら食べ進めます。

そして肝吸い。

めかぶが入っているのが特徴で、肝はこんな感じ。
総合満足度は100点満点で
88点としておきます。
わかなの上うな重(5,000円/昨年末当時)と比較しても、同ランクで値段が400円程度高いものの、うなぎの厚みはこちらのほうがふっくらとした印象が強く、身の弾力を感じたので点数を高めにしました。
これで4,000円以下で食べられれば嬉しいのになぁ。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。