高美士街にある飲茶の店[麗濠閣海鮮酒家]〜マカオの微妙なグルメ㊵〜

意外と知られていない飲茶できる店

私のマカオでの常宿は、リオホテル(利澳酒店)とミリオンドラゴンホテル(萬龍酒店)。
どちらも高美士街の通り沿いにあるのですが、朝食で飲茶をしたい場合は10分程度歩く必要がありました。
歩くのは特に苦ではないのですが、今回の遠征の機会にマカオの情報サイトを流し見していたら、丁度いい中華料理店を発見しました。
店名は「麗濠閣海鮮酒家」。
リオホテルの通りを挟んで、斜め前にありました。

言われてみれば、女性店員が店前に立っているのを見かけたことがあります。
この界隈の中華屋には悲しい思いをさせられた体験が多いため、目を逸らしていたのでしょう。


店内はこんな感じ。

月曜の9時半頃で客は9割の入り。割と広めで活気のあるお店でした。

相席ではなく、私にも丸テーブルを与えてくれました。
英語は怪しいけど、店員の愛想が意外といいです。なかなかの好印象。

メニューにチェックを入れて注文するシステムのようですが、ペンがテーブルに用意されていません。
やはりチャイナ・クオリティ。
通りがかった店員にボールペンを借りて、今日の朝食を選びます。
マカオナビの情報が6年前だったため、メニューがかなり変わっていました。
お薦めの料理が載ってない!
こんなことで動揺してはいけません。ここはいつもの飲茶店でオーダーするメニューに合わせて、味比べといきましょう。
まずは「ポーレイ!」と声をかけ、プーアール茶を頼みます。

オーダーシートを渡します。
*チェック欄の上に記載された「中」とか「満」のランクで値段が決まっていて判りやすいです。

点心を4品チェックを入れました。
上湯鮮竹巻(29HK$)、麗濠閣鮮蝦餃(29HK$)、蚧粉小籠包(29HK$)、麒麟馬拉糕(19HK$)。
腸粉や粽(ちまき)が苦手な私として、好きな飲茶メニューのベスト4といった感じ。(お粥がどれか判らなかった)
すぐに料理が到着。

猫舌なので海老餃子からいきましょう。

これはだいたいどこのお店も似たような味。中に一匹ずつ小海老が入っています。

お次は、上湯鮮竹巻。筍中心の具を湯葉で巻いたもの。

食感はまずまずです。

ただ、スープは聖龍酒家や陶陶居の方が旨いかなぁ。全部飲み干したいとまでは思いませんでした。

続いて、蚧粉小籠包。

「蚧」って何でしょう?
調べると〈カイガラムシ〉とか出てきて気味が悪い。虫の粉が入った小籠包なのでしょうか?

特に虫の類はいなかったので、美味しくいただきました。

中のスープがなかなかの美味だったので器に貯めて、締めに飲み干させていただきました。

最後に馬拉糕。

ちゃんと食べ切れるサイズで提供されました。

色は濃い目ですが、味も印象も薄め。
どれも絶品とまではいかないけど、安定して美味しかったです。
特に小籠包はスープが多めで好印象。
お会計は121HK$(約1,700円)でした。

現状の私の経験で、マカオの飲茶店の点心の評価を下すとすれば、
聖龍酒家陶陶居海鮮酒家龍華茶樓>麗濠閣海鮮酒家>蘭香閣酒家
といったところでしょうか。
店の雰囲気だけなら「龍華茶樓」ですけどね…。
*記事はこちら。「龍華茶樓」~マカオ唯一のワゴンスタイルの飲茶~マカオの微妙なグルメ⑱
香港から進出してきているミシュラン・ビブグルマンの「添好運」は敢えて順番から除外しました。
次は金龍酒店横の「陶香居酒家」に訪問の予定です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。