~異例の再登場!「聖龍酒家」の飲茶の朝食~マカオの微妙なグルメ㉑

マカオの飲茶の名店を再評価

1月のマカオ滞在2日目の朝食は、「聖龍酒家」に再訪問しました。

前回の11月に試して以来、すっかりお気に入りの中華料理店。夜は本格的な火鍋などを食べさせてくれるようですが、お昼時までは飲茶メニューが中心です。
*1回目の訪問の記事はこちら。
「聚龍酒家」~マカオ半島でも本格的な飲茶が食べたい!!~《マカオの微妙なグルメ⑮》
場所的にはグランドリスボアの近く、葡京路から続く羅理基博士大馬路沿い。レクサスの隣り、富豪酒店(ホテルビバリープラザ)の向かいです。
宿泊したカーサレアルからまっすぐに5分の距離。



10時半近かったので、飲茶タイムが終わってるかもと憂慮していましたが、まだたくさん客がいました。

こんな時は遠慮してはいけません。
ランチタイムとの入替えで片付けムードが漂っていましたが、
つかつかと中へ入っていき、空いているテーブルに勝手に陣取りました。

「お茶は何にする?」と訊きに来ますので、「ポーレイ」と言っておけば大抵通じます。
プーアール茶(普洱茶)を持ってきてくれることでしょう。

メニューを見て、前回オーダーできなかった料理を選択。

写真入りのメニューに鉛筆でチェックする方式。

小籠包、そして鮮竹巻、海老餃子とエッグタルトを注文

5分と待たずに、次々と料理が運ばれてきます。全貌がこちら。

まずは定番の海老餃子(聖龍蝦餃皇)から。

4個で36HK$(約500円)です。

想像通りの味で、普通に美味しいです。まぁお決まりのメニュー。
そして上湯鮮竹巻。これは秀逸!!


野菜や挽き肉を湯葉で巻いたもので、日本の中華ではあまり食べないメニューかも?
筍だと思うのですが、歯ごたえのある食感が気持ちよく、さらにこのスープの旨みが凄くいい。


鮮竹巻で〈シンチョッグン〉と読むらしいです。このクオリティで28HK$(約400円)とは…。
これは大ヒット。必須メニューに決定です。

お待ちかねの蟹粉小籠包。

アルミホイルのプレートが珍しいです。

これは肉汁が逃げ出さない予防でしょうか? なんか良い予感がします。

すでにスープがたっぷり。

あまり蟹の味は感じませんが、鮮竹巻と同様のスープが優しくて、とにかく美味。
中華の出汁がよく出ていて、いつまでも口に含んでいたい味。
4個入りで33HK$(約450円)。恐るべし。


デザートはエッグタルト(澳門葡撻)。意外な発見でした

美味いんです!
ここで焼いてないかもしれないし、最近食べてないので生半可なことは言えませんが、マーガレット・カフェ・エ・ナタより卵の味が濃くて美味しいかも?
*エッグタルトを比較した記事はこちら。《マカオのエッグタルト比較①》アンドリューVSマーガレット、美味しいのはどっち?

厚みがあって食べ応え充分。

2個で28HK$(約400円)。
テイクアウトできる感じではありませんが、衝撃でした。
普洱茶をいっぱい飲んで油を流します。

これで約2,000円。

前回食べた春巻やマーラーカオ(馬拉糕)も美味でしたが、ここんちのメニューはスープの味を感じられるものが特に秀逸な気がします。
大満足の朝食でした。

2階からも外に出れて、歩道橋になっていますので、北京街側にここから渡れます。


ハズレのメニューが少ないので、このお店は朝食で行くべし。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。