熱闘!海外カジノ・マカオ篇#21《初めてのプチオフ会、Hさんとの共闘》~2018年3月~

ブログ読者との共闘

久々に「熱闘!海外カジノ」について書いている気がします。
1月中旬以来なので、たった6週間しか経っていないのですが、間に16もの記事をアップしたため、凄くご無沙汰している感じです。
実際には、2月は中国の旧正月にあたるため、航空運賃が高いのと、予想される混雑で行く気なし。満を持しての3月3日からの渡航です。


さらに今回は、気合が入る(?)要素が…。
このブログを読んでくださっているHさんと、マカオで合流する約束になっています。
そもそもリゾカジサイトの読者であったHさんが、そちらに投稿していた私のリポートをきっかけとして、ブログに興味を持っていただいて、共闘の運びになったというわけです。
そんなこともあるんですねぇ~。緊張しますねぇ~。
「島根県にお住まいで、十数年前までは東京で働かれていた方」というくらいしか、前情報はありません。どのくらいの軍資金を持ってこられるのか、ミニマムお幾らのテーブルで勝負されるのかも不安な要素。
果たして、私のように中途半端なチキンギャンブラーがご一緒できるのでしょうか???
ま、深く考えても仕方がないので、お会いできるのを楽しみにして準備しておりました。
前日は、勤務先の会社の統合合併が近いので、夕方から舞浜のディズニー・アンバサダーホテルで解散パーティー。


世界的に有名なネズミの男女のキャラクターも登場して、宴に花を添えてくれました。

160cm足らずで、意外と小柄です。中に人間が入っているとすれば、かなりのチビ。
すみません、夢がなくて…。
でも、夢のない私のような者に限って、ゲームやくじで強運が舞いこみます。有名ホテルでのペア食事券と、プーさんの巨大ぬいぐるみが当たったり…。


翌日からのマカオでの大勝負を考えれば、こんな所で運を使い切るわけにはいきません。もらった景品を譲らせていただく方々を速攻で見つけて、会場を早々にお暇します。

1日目:リスボア水晶宮で共闘

3月3日㈯ いよいよ出発です。
フライトはいつもの香港エクスプレスで、 AM6:35 羽田空港発のUO625便。搭乗ゲート近くの「六厘舎」の特製つけ麺も定番。


もはや糖質制限も完全解除。旅のお供は炭水化物です。
時間どおりに離陸。今回は座席が思いの外、混んでいて、オプションのスイートシートや狙ったお気に入りの座席が事前予約できませんでした。
香港国際空港への到着は10:25。 予定より早い!?
残念ながらマカオ外港行きの11:00のフェリーには間に合わず、12:15発のタイパ行きフェリーに乗船です。


13:15に到着し、最初は路線バスを探しますが、半島側行きのバスは20分に1本くらい。誰も停留所で待っていなかったため断念。

SJMグループの免費バスでリスボアホテル(葡京酒店)へ。
前回、降ろしてもらえず海立方まで連れていかれた失敗を避けるため、運転手に声をかけ、自分はリスボアが目的地だとアピール。
真後ろの席に陣取り、グラリスで多数の乗客を降ろした直後から、腰を浮かして待機していましたが、今回も危うくスルーされそうになりました。
このドライバー要注意です。
私以外にもリスボアホテルで降りたかった客が5組近くいたのですが、全く気配を感じ取ってくれません。小柄の毛の薄い中国人です。英語もダメみたい。今度やったら顔を曝します。
チェックインは14:35頃。今回も部屋がグレードアップされていました。
予約は東翼側のダブルベッドだったのですが、1ベッドの部屋に空きがないとかで、西側のタワー棟を案内されました。
部屋番号は5112。最初は51階かと思いましたが、そんなわけはありません。5階の112号室です。



無駄に広いです。無駄にクラシカル。
2泊でLINEのクーポンなど割引を入れて、25,938円。1泊13,000円なら上出来です。
眠る以外、殆ど部屋にいることもないので、申し訳ないっす…。
香港もそうでしたが、マカオも3月初旬なのに暖かいです。23℃くらい。薄めのダウンを着ていたのですが、既に汗でインナーがぐちょぐちょ。
着替えて、福隆新街の「祥記麺家」に雲吞麺を食べに行き、しばしのお散歩。

Hさんの入国は21時頃と聞いていたので、部屋に戻ってしばしの仮眠。昨夜は帰宅が遅く、あまり眠れなかったので、すぐにうとうと…。
リオカジノ(利澳娯楽場)まで徒歩で行き、2階の両替所で29万円をホールド。20,670HK$になりました。

*この日のリオの為替レートは、1HK$=約13.8円。
*リオカジノでの有利な両替方法についてはこちらで紹介しています。マカオ・リオカジノ(利澳娯楽場)の日本円ホールド事情
2階のゲームフロアが改装中で、テーブル数はいつもの約半分。
ここはいつまで工事してるのでしょう?
外壁は1年経ってもビニールシートがかかったまま。竹中工務店入れろよ~。
両替ついでに1万HK$をチップに替え、500HK$minのバカラ卓に腰を落ち着けますが、どうも気が散ってだめです。工事現場で博奕をやってるみたい。
7,000までチップを減らし、退散。▲3,000HK$。
Hさんとメールで連絡を取りあい、リスボアの西側のフロントで待ち合わせ。合流は22:10。
まずはグランドリスボア上階の「粥麺荘」で夕食ということに。青島ビールで乾杯し、上海炒飯(回鍋肉付き)を注文。


Hさんは私より5歳ほどご年配。フランクで、よく喋られる方で安心しました。
考えられている事をすぐご説明いただけるので、こちらも非常に楽です。
リスボア・水晶宮の皇牌天下のVIPプログラム(送迎サービス付)でローリングチップを購入されているとのことで、水晶宮にご一緒し、23:00~3:30まで共闘します。


300~800HK$minのバカラ卓を2人並んで闘います。
私としては2年ぶりの水晶宮。相変わらずディーラーの質は最低です。
プレイヤー・バンカー両方同時にカードを配ったり、賭けていないサイドの札を頼んでもオープンしてくれません。
要するに楽しませようという気はゼロ。
いわしたろうと気張りますが、空回りに終わりました。
7,000→7,040HK$。微増です。
水面からの浮上を試みる1,000~1,500HK$の賭けは、全部跳ね返されました。
Hさんも1,000HK$の四角いノンネゴチップを約2時間でローリングされていました。戦績は行ったり来たりという感じでしょうか?
私よりも対子(最初の2枚が同じ数字)に張るのがお好きなよう。
さすがに疲れてきたのでお開きに。初日の成績は▲2,960HK$。
明日の挽回を誓って、それぞれの部屋に帰ります。
ちなみにHさんが宿泊されるホテルも、リスボアの西座大堂でした。
2日目に続きます。

続きを読む
1 / 3

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. KazeMakase

    ハマトラ様
    ありがとうございます。
    ハマトラさんから聞くと、重い言葉です。
    翌週は会社の引っ越しがあったため、土日連続勤務だったのですが、日曜の重賞ダブル的中でした。
    やはり勤労に励むものしか、幸福は来ないのでしょうか…。

  2. ハマトラ

    こんにちは。
    お祖母さんがお亡くなりになられましたか、謹んでお悔やみ申し上げます。
    お祖母さんは私の父とあまり年齢かわりませんね。生きてたら今年で満93です。
    私が遅い時の子でして。
    デニムは残念でした。そんなに世の中甘くないとお祖母さんが言っておられますよ。
    また、よろしくお願いします。

  3. KazeMakase

    その節はありがとうございました。
    ハマトラさんのおかげで楽しい旅となりました。
    実は先週金曜日に97歳の祖母が他界しまして、前の週ならお会いできないところでした。
    引退レースの牝馬・デニムアンドルビーを祖母が連れてきてくれるかと思ったのですが、それは叶いませんでした。
    ※すみません、不謹慎な発言でした。
    またご一緒できることを楽しみにしております。

  4. ハマトラ

    こんにちは。
    大変お世話になりました。私の特長 性格を的確に
    捉えられておりますね。恐ろしくなりました。笑い
    短い期間でしたが、風まかせさんのお陰で楽しい旅になりました。
    次回も共闘できる事を念願致します。