熱闘!海外カジノ・マカオ篇#0《序章》

そもそも私がマカオを頻繁に訪れるきっかけは、2013年12月の社員旅行にさかのぼります。

マカオといえば、香港への旅行のついでに、日帰りで半日観光するオプショナルツアーの定番のような存在。
今回のわが社の社員旅行はなぜか、「心躍るネオンと欲望の街・男の殿堂マカオ3日間」という2泊のマカオ滞在ツアーでした

マカオに渡るのが2回目となる私は、到着直後の食事会ももどかしく、後輩を連れてネオンの森の中に溶けていきました。
半島側は、世界遺産に事欠かないポルトガルの風情残る素敵な街なのです
が、観光はまるでしたことがありません。

もちろん十数回の訪問を繰り返した現在は、いんちきガイドなら楽勝で勤まる程度には、澳門の観光にも精通しています。
(媽閣廟とペンニャ教会とコロアン地区は未体験ですが…)

MGMマカオやグランド・リスボアのカジノの巨大さに圧倒されながら、マーチンゲール法を駆使(負けたら倍の賭け方)して、大小で10万円以上の勝利をおさめ、同僚の羨望の眼差しに愉悦を得るわけです。
リスボアホテルの「回遊魚」のモンローウォークを見かけたのも、この年が最後。

その翌年12月も、社員旅行は韓国・済州島

またも男の娯楽場と言える島なのですが、当社は、男ばかりの建設会社や不動産会社ではありません。
観光産業のトップを走る女性人気の高い大企業の、関連会社です。
まあ、済州島はいくつかある旅行先の選択肢のひとつで、社員200人が一丸となって、済州やマカオに乗りこんでいるわけではないのですが…。
済州グランドホテルを本拠地として、ルーレットに時間を費やし、今回はモンテカルロ法で成果を挙げました。
またバカラに手を出したのもこの機会が初めてで、以降、私の専門種目となっていきます。

帰国間際の大小の卓で、5万ウォン(約5千円)から始めた「大」のバーレー法(倍々賭けです)で4連勝し。
最後80万ウォン(約8万円)の一撃を狙った際は、観衆が集まってきて、血が沸き上がってくるのを感じました。
ディーラーが新人の女の子だったため、ド緊張して先輩のディーラーを呼びに行き、ピットボスもやってきて、何か耳打ち。
ここは「大」のツラ目など止めて、「小」に乗り換えちゃったほうが得策かと頭を過ぎります。
でも同僚も集まってきちゃってるし、引くわけにはいかず、賭けるサイドは「大」のままステイ。

……。
山のように積まれたチップの甲斐なく、ダイスの合計は10を超えなかった。
やはり「小」です。
結局、最後の聖戦を控えてれば、チャラだったという結末。
トータル約8万円の損失でした。

今、思えば、マカオでは8万円(約6,000HK$)のベッティングなんて珍しくもなんともない(私ではなく他のお客さんの話)のですが、この済州島でのチップスリルは、それ以降の私の人生を変えてしまったのかもしれません。
大王製紙の井〇意×氏が憑依したわけでもなく(そもそも賭ける金額が1万倍くらい違う)、それまでウィンドサーフィンに余暇の大半を費やしてきた50歳そこそこの私の人生が、マカオを主とする海外カジノ旅行にシフトしていくことになります。

2015年9月の夏期休暇を起点とする「熱闘!海外カジノ」を、2018年1月に至る現在まで、20回に渡り記録していきます。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*