熱闘!海外カジノ・マカオ篇#6《Unhappy birthday in Macau》~2016年4月~

ここ15年近く、誕生日はウィンドサーフィンで祝うことに決めていました。

私の誕生日は5月1日なので、GWながら休日だとは限らないのですが、土日とならない年は有給休暇を取って、海か湖にバックれるのが定石です。
ただ2016年の誕生日は富士五湖周辺の宿の予約が取れず、どうしようか思案していました。
三浦海岸で日帰りでもまあいいんですが、なんか気乗りしません。
昨年からカジノ旅行を毎月の目標(3月は行けなかったので、ぼちぼち中毒症状が…)としているのもあり、今年はマカオ
かなぁと漠然と考える4月の私でした。

結局、無理くり、弾丸ツアーで香港・マカオ遠征を決行することに。

それも2日㈪は仕事で外すことができなくなり、早朝着の便に乗り、空港から会社に直行という強行軍。
ということで、4月29日(祝)の23:00発の香港エクスプレスUO623便を初めて利用。
香港国際空港には30日㈯のAM4:00に着きます。
当然、エアポートエクスプレスも動いてなくて、5:30頃の始発で上環に向かい、フェリーでマカオに向かうというお誕生日休暇となりました。

マカオに着いたのは、AM8:00。

今回の宿泊は、グランド・ラパ(金麗華大酒店)。

私が2004年に初めて訪れた頃は、マンダリン・オリエンタル・マカオと呼ばれていた、ロビーがとてもいい匂いのクラシックホテルです。

とりあえず荷物だけ預かってもらえればと思い、フェリーターミナルから直行で、ホテルを訪ねます。
なんと気のきいたコンシェルジュが、こちょこちょっとフロントに話して、部屋にチェックインさせてくれました。

マカオにおけるNo.1 ホスピタリティホテルの称号を個人的に贈ります。

宿泊は初めてですが、しばしば食事に来ていて、そのたびに洗練された欧州っぽい雰囲気を感じ、マカオで最も好きなホテルです。
多謝です。
お腹も減っていたので、荷物をほどくと、2階のカフェ・ベラヴィスタで朝食です。

  
ビュッフェで217HK$。日本円で3,000円近くする贅沢な朝飯です。
マカオでリオのバカラ卓の次に好きな場所です。
アホか!

リオ・カジノで戦闘開始です。
他にやることないんかい?


AM10:00 リオ2階のケージで、20万円をホールドします。
NNチップには換えないで、3,
000HK$バイイン。
一時は4,500まで増えますが、勝ちきれず、元返しで終了。

正午に、ファラオに向かいます。
やはり3,000HK$バイインで1,000HK$減らします。


14:00となり、リオ・カジノに復帰。
3,000HK$→4,100HK$。累計は微妙に+100HK$ 。
ここで暫しの休憩です。
18:00にまたまたリオへ。
2時間いて、3,000HK$→2,000HK$  眠い!
今日は深夜便だったので身体に堪えます。
ここで夕食。「陶香居酒家」で回鍋肉を食べて満腹。

眠い!とにかく眠い!!  まずいパターン。
それでも足はリオ・カジノへ。
やめとけ!

20:00 リオ。  2,000$→3,000HK$。
長く博打をする気がないので、バイインが少額となっています。累計+100HK$ 。

まだ負けてない。
ウィンとMGMと回遊。
とにかく眠い。やめておけって!!

21:30にリオ・カジノでとうとう体力の限界が来ました。

3,000HK$→0 。

最後は6連敗でチップが溶けました。

累計は▲2,900HK$。
持ちこたえられませんでした。
眠いときは寝るべき、24:00に就寝です。

5月1日㈰、52回目の誕生日です。
AM9:30に、ベッドから出て、朝食をどうしようかノーアイデアのまま散歩に出ます。
コーヒーが飲みたくなって、ファラオ(法老王娯楽場)に向かいます。
何を考えてか、2,000HK$をチップに換え、コーヒーを待っている間に失います。

コーヒー1杯が3万円の計算。

途方に暮れながら、パンでも買いにいくかとリオホテルの隣りのベーカリーショップを目指しますが、足は利澳娯楽場へ。
ここでもパンが食べられます。(本当にアホです…)
座ったテーブルのプレイヤーのツラ目に誘われて、おずおずと財布からお札を出して、皆と一緒に1,000HK$ベット。
あっさりツラ目が途切れて、敗北。
隣りのテーブルもツラ目だったので、バンカーに1,000HK$。

ガ~~ン!! これも沈没です。

あっという間に2,000HK$ 消えてなくなりました。

やっと届いた「世界で一番高いパン」をほおばります。

累計は▲6,900HK$。悪夢の誕生日の朝でした。

パンとコーヒーで6万円かよ!!

すべて私が悪いのですが、ホールドした20万円も戻せません。
トータル約95,000円の負けです。

帰りのフライトまで、かなり時間がありますが、もうやる気も起きず、海立方裏の「足康楽」でマッサージして終了です。
夜まで、香港の街を彷徨っていました。

通算4勝2敗1分 負けるべくして負けている。

この後、香港国際空港23:50発のフライトが、2時間近く遅れ、朝6時頃に羽田空港到着。
のまま出社なので、到着ロビーのベンチでごろ寝。真っ当なオトナのやることじゃありません。
結果的に、これが頸椎の悪化を招くこととなりました。

*1週間後にMRIで分かった変形性頚椎症の画像です。
お分かりになるでしょうか?
C5とC6と呼ばれる頚椎が潰れています。


 

 
 
 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*