熱闘!海外カジノ・マカオ篇#1《百家楽(バカラ)に挑戦》~2015年9月~

 2015年の夏休みをマカオで過ごすことに決めました。

管理職に就いて丸10年、しかも独身のため金回りが随分よくなってきました。
ここはひとつ、じっくりカジノで勝負してみようと思い立った51歳の夏でした。

9月8日(火)AM9:00発のジェットスターGK21便で、成田空港より香港国際空港へ。

成田の第3ターミナルも初めてで、そもそも海外ひとり旅も人生初のため、微かに緊張していました。
LCCの特殊な事情(手荷物の重量制限が7kgだったりターミナルが違ったり)や、香港の空港から直接マカオ行きのフェリーに乗船する手順も、ネットでお勉強しておいたのでバッチリでした。
航空運賃は、税金・諸費用込みで38,300円。
今、思えばかなり高い。


現地13:00。予定より20分遅れて、香港空港に到着です。


フェリー切符売場を探すついでに、Travelexで両替。
1万円が608HK$(1HK$=16円ちょい)。
香港は3度目ですが、2004年と2013年なので、この頃はかなり円安です。

14:30のフェリーで空港から直接マカオへ入ります。
エコノミークラスでフェリー 代は254HK$(約4,000円)。


1時間のクルージングでマカオに到着。
サンズが
見えてくると、なぜか顔がニヤついてくるのは私だけでしょうか。

宿泊はリオホテル(利澳酒店)をBooking.comで予約しました。

2泊で1室で1,283HK$。税金とサービス料を加えて23,600円というところ。
北京街にあり、半島側のアクセスは無問題(モーマンタイ)。
浴槽とシャワー室が別々にあって便利いいです。

いきなりカジノというのも大人げないので、少し街を散策。
エッグタルトの名店「マーガレット・カフェ・
エ・ナタ」を探して、その名物を3つ買ってイートイン。
夕方で閉店間際だったので並ばず買えました。
*こちらのお店については、別の記事でご紹介しています。よければどうぞ。
《マカオのエッグタルト比較①》アンドリューVSマーガレット、美味しいのはどっち?

お腹も落ち着いたので、賭博の虫が疼いてきました。
マカオは9月のこの時期、気温が30℃以上あるため、散歩していてもすぐに屋内に入りたくなるのが難点。
晴れてても湿度が100%近くあるので、屋内から外に出た瞬間に、眼鏡が真っ白に曇ります。

手始めは泊まっているリオホテルのカジノを選びました。

 
バカラに興味深々なのですが、若干、心が怯みます。
利澳娯楽場は、MGMやウィンと較べると客層の中国大陸率が高いです。
またグランド・リスボアに較べてカジノ慣れしている客が目立ちます。
そのためテーブルの9割はバカラで、1階と2階にブラックジャックは1台、大小は2台だけ、ルーレットは皆無です。
*地下にスロットマシンがあることを最近知りました。


角刈りで目がギロギロした痩せ形の中国系の男たちが、バカラ卓を二重三重に取り囲み、日本で言えば昭和30年代の競艇場といった熱気。

雰囲気はまさに鉄火場。
求めていたのはこの感じです。
ちなみに私の種銭は現金で30万円ほど。
目標は10万円の勝利。
バカラは諦めて、大小のテーブルに陣取ります。
1,000HK$ だけをチップに換えて、ゆるーく始めます。
ミニマムベット100HK$のところ、100~300HK$の単位で、大か小に張り続けます。
1時間くらい遊んで、400HK$浮いた瞬間もありましたが、結局、元返しで終了。

晩飯を食べる場所を探して、街に出ます。箸休めに金龍酒店の画像です。


青少年と金を持っていないオトナは、絶対に近づいてはいけません。

金龍酒店近くの「陶香居酒家」で回鍋肉と炒飯をいただきました、と簡単に書きましたが、広東語以外ほぼ通じない状況で、英語すら通じません。
結果、伝わったのが「ホイコウロー」と「チャウファン」だったというわけ。
でも、この回鍋肉絶品でした。
昼間、通りがかると開店から並んでいます。
お会計245HK$ 。


リオカジノに戻りました。
時はすでに23時。
頃合いを見て、バカラに挑戦します。
実戦は済州島で10ゲームくらいしただけです。

まあ、「庄(バンカー)」か「閒(プレイヤー)」のどちらかに張ればいい(和とか対子もあるのだけど、それは追々)わけで、勝ったり負けたりは当然で、流れを掴むのが難しい。
200~300HK$のミニマムで3時間以上、熱中していました。
ルールも曖昧な中、4,200HK$勝ちました。
でも大小の卓で700HK$負けて、累計+3,500HK$。
約5万円浮いてます。

深夜4時頃、懲りずに今度は、ホテルリスボアにある「水晶宮娯楽場」に道場破りです。

ここはグランド・リスボア側にある「リスボア娯楽場」とは別のカジノで、ゲームセンターっぽい雰囲気。
またミニマムベットも低く、バカラは100HK$から賭けられます。
朝も近いので人も少なくディーラーも眠そう。

1,000HK$バイインして賭け始めますが、バンカーが勝った時の5%のコミッションのルールがいまいち理解できません。
細かいチップを渡されて、それも一緒に賭けようとすると拒否。
またチップの置き方にマナー(高額順に下に置く)があったりする。
こちらも眠かったこともあり、あまりに中年女性のディーラーの態度が悪かったので、「せめて英語で説明しろ」と息巻いてしまいました。
他に客はなく、男のピットマネージャーが飛んできましたが、英語で説明できる者もいないため、早々に追い出されました。
10HK$だけ減らして、手持ち990HK$で退散。
今では恥ずかしい思い出です。

2日目いきます。9月9日(水)です。
11:30に着替えて、一度くらいはタクシーもいいかもと、セナド広場へ向かいます。
運転手に行き先を漢字で書いた紙を見せ、筆談です。
34HK$(約550円)でした。

有名な黄枝記で、海老ワンタン麺(42HK$)を昼食に。
相席でしたが行列はなし。

そのまま「聖ポール天主堂跡」まで歩いて、世界遺産を見学。
自撮りしなきゃ気が済まないようです。


5分ほど歩くと、新馬路の西側に「福隆新街」という以前の花街で、今や「フカヒレストリート」の異名を持つ色鮮やかな通りがあります。
京都で言えば祇園でしょうか?
雑誌の撮影なんかもよく見かけます。


フカヒレスープを求め、彷徨います。
添發碗仔翅美食
」という行列店が有名ですが、さすがに混んでました。
ならば隠れ名店と紹介されていた乾物屋をさがします。

あったあった、ここです。「譚家魚翅鮑魚店」。


 48HK$で石鍋のフカヒレスープが堪能できます。
薄味で美味しい。
*こちらのお店については、別の記事でご紹介しています。よければどうぞ。
「譚家魚翅」~福隆新街はふかひれストリート《マカオの微妙なグルメ⑥》

17時にリオホテルに戻り、階下のカジノ向かいます。


バカラが好調で、3,000HK$→5,000HK$。
また3万円近く勝ちました。


19:00~21:00  食事後、リオのバカラ卓に戻りました。
ここでまさかの展開!
4,000HK$が消えてなくなりました。

ちょっとなめていたこともあって、やってはいけない事を2つもやりました。
①負けてる時の追加のチップ購入。
②賭け間違いに熱くなり、起死回生の一手2,000HK$(3万円)勝負→あっけなく負けました。
それでも、ここまで累計+1,490HK$。部屋に戻って猛省です。

勝って日本に帰りたいなぁという感情が過ぎります。
明日の朝10時にはフェリーの船上。現在22:00。まだ夜は長い……。
私の、実は打たれ弱く臆病な一面が顔を覗かせます。

ロッキーの主題歌をスマホから流し、立ち上がり、シャツを着替えました。

俺は賭博師だ。戦うしかない。 リオカジノの2階に戦線復帰。

23:00 バカラの300HK$minの卓で、2,000HK$→4,000HK$。

休憩後、日が替わって9月10日 1:30AM 。
3,000HK$→6,000HK$  300~500HK$でメリハリをつけながら賭けました。

累計+6490HK$。 よく覚えてないけど、10万円浮いていた。

朝9時、マカオフェリーターミナル1階奥の両替屋で日本円に戻す事ができました。(2015年11月以降は不可に)
10,700HK$が164,000円に。
持参金30万円が316,400円で、僅かながらの外貨獲得となった。

9:30発のフェリーに乗り、香港国際空港14:15発のGK22便で、成田へ。19:35空港着。

社員旅行から、マカオは通算2戦2勝です。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*