• HOME
  • ブログ
  • うなぎ
  • 「炭焼 うな富士 有楽町店」~名古屋のひつまぶしの名店が新橋のガード下・日比谷OKUROJIに進出!?〜にっぽん鰻旅【第42弾】

「炭焼 うな富士 有楽町店」~名古屋のひつまぶしの名店が新橋のガード下・日比谷OKUROJIに進出!?〜にっぽん鰻旅【第42弾】

人間ドックまでの減量記録2022〜ダイエットのご褒美【Calbee+のポテトチップス&ソフトクリーム】からの続きです。
2022年の健康診断(人間ドック)が終了して、一気に食欲が解放されたところ。

待ちに待ったランチを求めて、新橋ゲート下の最新スポット「日比谷OKUROJI」にやってきました。

適当にGeogle Mapで調べただけなので、入口がどこか見当がつきません。
ようやく看板を見つけ、飲食店が居並ぶ通路に出ました。
目的地は「炭焼うな富士 有楽町店」。

新橋駅から徒歩5分足らず、入口から50mあたりです。

元々、名古屋の鶴舞公園の近くにあった鰻とひつまぶしの超行列店「うな富士」の暖簾分けです。(有楽町店の運営は、名古屋御園座で「おか富士」として暖簾分けを許された〈かぶらやグループ〉だと聞いています)
割と辺鄙な場所にあるし、午後遅めに行けば並ばずに入店できるだろうと高を括っていたものの、明日が土用の丑の日で、日本国民の心が、鰻に向かっているのを失念しておりました。
(本当は鰻の旬は冬場なんだけどね)
13時過ぎに到着すると、店前では4組ほどお待ちのよう。1時間ほど前に予約の電話をかけたのに、受け付けてもらえませんでした。
仕方なくカウンターで名前を記入して、30分待ちを覚悟。
ガード下で丸椅子に座っていると、蒸し暑くて堪らん。

ご丁寧にうちわが用意されていました。
持って帰っちゃう客がいるんでしょうね。私は要らんけど。
(ただ5千円以上の単価を客からふんだくるんだから、無償配布すればいいのにとも思います)
時間つぶしにメニューをチェック。

私は名古屋本店を訪問した経験はないものの、御園座1階にある「おか富士」では一度食べたことがあります。
見た感じでは、メニューや値段はほぼ同じで。
なんといっても、うな重やひつまぶしに特大の肝を載せた《肝入り~》がインパクト大。

パーティーメニューの特大ひつまぶしも名物ですよね。頼んでるの見たことないけど。

一品メニューです。うなぎの枕もちゃんとあります。
*おか富士を訪問したときの記事はこちら。~うな富士初の暖簾分け!名古屋伏見の〈鰻う おか富士〉の肝入りひつまぶし〜にっぽん鰻旅【第22弾】
でも、私の目当ては別にあります。
平日限定という噂の《白焼きひつまぶし》を食べてみたい。
そうじゃなきゃ、東京駅で健診を受けたのにわざわざ新橋まで足を延ばしていません。
どなたかのブログでは「青うなぎ1尾使用!」と書かれていました。
13時半に店内に導かれます。
60分制だと説明を受けます。(料理が来てから1時間なんでしょうか? 聞きそびれました)

満を持して、「白焼ひつまぶし」を注文。
ところが店員さんから「土用の丑の日近辺は、メニューから外している」とつれないお返事。
電話で訊いときゃよかった…。後の祭り。
クレバーな人間ならそうしますわね。
心を取り直して、肝入り上ひつまぶし(6,900円)うまき(1,300円)をオーダーします。
やけになって特上と言わないところがオトナですねぇ。
通常のライスの量が300gということで、大盛りにしていただきました。

お通しはキュウリの油漬け(すみません、正確な名前が不明です)。
10分ほどして、うまきが登場。

中に詰まった鰻の量も多めで、卵焼きもふっくら。ちょっと甘めかなぁ?

5分後にひつまぶしの到着。

肝ががっつり乗っかっているのが、うな富士グループの特徴です。

手に取って、じっくり見るとド迫力。

まるで松茸だがね~!!
などと普段使わない名古屋弁が口をついたりします。
お作法通り、1杯目は何もいれずそのまま。

薬味を入れた2杯目。

3杯目は鰻茶漬けで。ここんちのはお茶ではなく、蛤の出し汁だと聞いています。

ご飯を大盛りにしたため、この順番で2回転しました。

添えられたお新香。奈良漬けが珍しい。

お吸い物は鰻の肝ではなく、やはり蛤です。
なんかこっちのほうが優しい味に感じるような…。

途中、暑かったので、強炭酸水(300円)を追加注文しておりました。

やがて完食。
ダイエット明けなので、美味しいのは間違いないんですけど、この日食べたひつまぶしにはどこか違和感を感じました。
肝は味もしっかりしていて、苦みもぼちぼち。
鰻ですかねぇ。
ひつまぶしの鰻にクオリティーを求めてはいけないと判ってはいるものの、炭でパリッと焼いた香ばしさがあまり感じられず、モチッとした食感だけが残りました。
関東進出で、まさか東京でだけは蒸し焼きにしているとは想像できません。
鰻の厚みもわりとあったし、ペラペラの身ではなかったんですけどねぇ。
それとタレの味がちょっと薄いような気がしました。薬味や出汁をかけると関係ないものの、普通に食べた時はあまり味がしなかった。
(おか富士のインプレッションでも、鰻の主張が弱い気がすると書いてました)
いつか、うな重を頼んで確認してみます。(その前に白焼ひつまぶしが先だけど)
総合満足度は100点満点で、
88点とさせていただきます。
名古屋のおか富士で食べたときは92点でしたね。
並ばされると、点数が辛くなるわけです。
でも、6,900円は高いなぁ…。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。