• HOME
  • ブログ
  • 健康
  • 人間ドックまでの減量記録2022〜ダイエットのご褒美【Calbee+のポテトチップス&ソフトクリーム】

人間ドックまでの減量記録2022〜ダイエットのご褒美【Calbee+のポテトチップス&ソフトクリーム】

健診に合わせてダイエットする理由

2022年の人間ドックの時期がやってきました。
今年は7月22日をターゲットと決めた次第。
考えてみると15年ほど前の人間ドックと言えば、年度末近い2月頃が定例でした。それが段々と早くなり、今では夏に受診するようになりました。
それに合わせて減量する側にとっては、絞りにくい冬場よりも暑い季節のほうが容易く体重が落ちるので、却って都合がよいというもんです。
ところで、なぜ健診の際にダイエットするのかとよく尋かれます。
メタボリック判定を言い渡されるのが耐えられないというのも一つ。
それ以上に、どこかで歯止めを設けないと、限りない食欲で体重増加が止められないという危機感がそうさせる理由です。
だから健診のタイミングがリセットには都合がいいと。
ということで、2022年夏、6月中旬あたりから減量開始です。
最低限の目標は67kg。できれば65kg。

今年はそれほど辛くない?

昨年、ウィルス性腸炎をこじらせたこともあり、食事量も少し減ってきて冬場の増量が抑えられました。
6月中旬の体重も70kg前後で、暴飲暴食を避ければ68kgで落ち着いています。

何日か置きに計量した記録がこれ。
6月26日の70.9kgがおそらくピーク。ここから意識して食事を減らしていきました。
ただ7月になり、持病の腰痛が悪化という予期せぬ事態が発生。
バンテリンの強力コルセットを購入しても、腰が据わらずオフィス出社も週1回に減らしました。ランニングはおろか歩くこともままなりません。

一旦、69kgから68kg台に落ちたものの、一進一退という調子。
これは運動に頼らず、食事制限で乗り切るしかない。

ミネストローネや豚汁など、スープ系の食事に切り替えてみました。

あと2週間。早い梅雨明けもあり、体調のいい日は猛暑でもウォーキングを試みます。(翌日はおおむね腰痛で死んでます)
その甲斐あって、67~66kgという数字も見えてきました。

気が緩むと元の木阿弥なので、1週間前は炭水化物抜きを徹底。
カレーとラーメンが食べたい時期です。

残り3日。放っておくと体重が落ちるモードになったようで、いよいよ65kgのラインが出現します。(1日で体重が1kg減っているのは、昼時に買い物がてら歩き回ったのが理由)
ここからは食べた量と排出する量で、体重が決まる微妙な時期。
健診前日(7月21日)の食事はこれ。

最後の3日間の朝昼兼用のブランチは、納豆2パック。(コレストロール対策も兼ねています)

前夜のメニュー。ブロッコリーと冷やしトマトと冷奴。
まぁこれだけ食べてもいいということは、余裕があるってことなんですけどね。
ジャーン、これがラスト3日の計量数値。

67→66→65kgと、1日ごとにウェイトが減っているのが如実です。
7月22日。八重洲綜合健診センター。
体重測定はおおむね朝10時。私が見たパソコンモニターには
体重65.2kg、体脂肪率20.3%
という極めて良好な数値が表示されていました。
たぶん近15年の中で、ベスト3に入る好記録。
健診後の医師との面談でも、採血結果で昨年指摘されたnon-HDLコレステロール値が、172から140台に20%近く減っていました。(詳細な診断結果が送付されたら、再掲載します)
医師から「改善された理由は?」と訊かれ、「《紅麹》というコレストロール対策に効くというサプリを2か月間飲んでみた」と答えたところ、思いっきりスルーされました。
「やっぱり体重減少が効果があったんですね」だと。

↑これのおかげで体重が落ちやすかったとも言えるはず。
一昨年、《きなり》というサプリで尿酸値を改善させた時も、ここの問診では全否定されてました。
無駄に危険で高価な薬を、医師の点数稼ぎのために処方されるくらいなら、まだこんな民間療法のほうがマシじゃないかな?
少なくとも私がコレステロールを下げたのは、紅麹サプリと納豆と飲み続けた豆乳だと信じています。
とにかく今年も目標達成。
これでダイエットのご褒美にありつけるのだ。

減量のご褒美はポテトチップス

2週間近く、脂っこくて味の濃い食事を断っていたこともあり、昨夜は一晩中、食べ物の夢を見ていました。
昨年の健診後の食事は、丸の内「備長」のひつまぶしと、コメダ珈琲のシロノワールでした。
毎年、ほんとベタだなぁ。(笑)
で、今年も鰻と決めています。
なにせ明日7/23は土用の丑の日。
名古屋で有名な「うな富士」が東京に進出してきています。
平日限定メニューの《白焼ひつまぶし》というのを試してみたいじゃないですか?
医師面談前の空き時間に、うな富士に電話したところ、13時前後だと待つことになるかもしれないとつれない返答。
少しでも遅めに訪問するしかないと考えていましたが、そんな時に限ってフィードバックが時間通りに終わってしまいます。
解放されたのは12時20分。新橋までJRで行っても、15分でうな富士に着いてしまう。
デザートを先に食べる手もあるな。
我ながら柔軟な発想です。
思いついたのは、東京駅八重洲口の地下にある「Calbee+」。

揚げたてのポテトチップスとソフトクリームのセットがあったはず。
限定品のお土産用のスナック類の他に、イートインできるポテトチップスが用意されています。

そして、私がオーダーしたのがポテトチップス+ソフトクリーム(410円)。

本当にここで揚げているので、結構待たされます。

ただ今日に限っては、時間がかかればかかるほど有難い状況。
券売機で食券を買わされるのが面倒臭いのも、今日なら許せる。

実際、私がオーダーした後に客が6組ほど殺到して、急に混み始めていました。(私は座敷童的本能を持っているんです)

5分ほどで私の元に商品が渡されました。

薄塩味のポテトチップスが約10枚に、カップ入りのソフトクリームが添えられています。
まぁこれで410円というのが妥当かどうかは微妙です。(揚げたてじゃなかったら暴動が起きるかも?)

暑かったので、ソフトからいただきます。
ここのソフトクリームが、
意外や粘りがあって美味しいんです。

スプーンを反転させても、零れ落ちないくらいの粘度です。
生クリームの乳脂肪分も高そう。

ポテトチップスは安定の味。揚げたてはやっぱり旨い。

焦って食べていると忘れてしまいますが、ポテトにソフトクリームをつけて食べるのが、正しい食べ方です。(たぶん)
家でもやってみようと、いつも思います。でも揚げたてじゃないと美味しくないんだろうなぁ。
チョコ&チョコ味&ソフトクリーム》なるメニューがありました。
これはチップスにチョコソースをかけて、ソフトクリームを添えたもの。
究極の取り合わせです。こっちでもよかったと少し後悔。
約20分のオアシス(時間潰しじゃないよ)でした。
さぁ、うな富士で白焼ひつまぶしに向かうぞぉ~。
*この続きは後編にて。「炭焼 うな富士 有楽町店」~名古屋のひつまぶしの名店が新橋のガード下・日比谷OKUROJIに進出!?〜にっぽん鰻旅【第42弾】

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。