「亞龍咖喱」のパキスタン風エッグカレー(咖喱蛋飯)《香港の微妙なグルメ①》

香港にはかれこれ20回以上、訪問しているのですが、すぐにマカオに移動してしまうため、殆ど滞在したことがありません。
空港やフェリーターミナルを除けば、50時間に満たないかも?

食事場所も選ぶ時間があまりなく、適当に決めることが多いので、ご紹介するのも恥ずかしいほど。
ただ1軒だけ、リピートしているカレー屋があります。

その名も「亞龍咖喱(アーロンガーレイ)」。パキスタン系のカレーの人気店です。

中華やポルトガル料理に飽きた時に、なぜかカレーが食べたくなって、ガイドブックで探しました。


結構、流行っているらしく、行列とまではいきませんが、ひっきりなしに客が入ってきます。

場所は、彌敦道(ネイザン・ロード)に沿って走るMTR荃灣線の佐敦駅のA出口から歩いて5分くらい。
尖沙咀と油麻地の間なので賑やかな場所です。一本裏の廟街はいわゆる〈男人街〉と呼ばれるエリア。
表の看板にも、「うちには支店はないよ」という案内が出ていますので、真似されるくらい人気なのでしょう。


では、アクセスからご紹介。

佐敦(Jordan)のMTRの駅のA出口を出たら、右に出ます。

白加士街の看板がありますが、ここは曲がらず、直進。

sasa(莎莎)という
ドラッグストアのある角を右折します。
呉松街という通り。

左側の歩道を歩いていくと、こんな看板がみえるはず。
臆せず入りましょう。


店内も、なんとなく雑多な感じです。
ひとりの客も多く、団体さんはあまり見かけません。

並んで座らされるので、相席なのかどうかも判断がつかないくらい。

メニューはこんな感じ。
カレー以外を食べてる方はあまり見かけません。

私が注文するのは、〈咖喱蛋飯(ガーレイタンファン)〉エッグカレーで決まり。

ライス付きで70HK$(約1,000円)

玉ねぎの多いカレーの中に、半熟のオムレツがグシャと入っています。
〈豊橋カレーうどん〉よりかは、驚きとインパクトはありません。
「豊橋カレーうどん」丼の底から〇〇が登場!《日本の微妙なグルメ①》の記事はこちらです。

口当たりはとてもいいのですが、カレー自体はスパイスが効いていて意外と辛く、それをうまく卵が引き立てています。
私は激辛好きではないため、ビールを注文すると汗が止まらなくなります。

面白いのは、スプーンやフォークは持ってきてくれません。
初めての際に、おたおたしていると、「テーブルの下の引き出しにあるよ」って、お隣りのお客さんが教えてくれました。
店員が説明せんかい! って感じの不愛想な店です。

適当にオーダーを聞いてるからなのか、出来たカレーが誰の注文か時々分からなくなっています。
真面目にやろうぜ。

パキスタン系のカレーは日本でもあまりないので、ここでしか食べる機会がありません。
香港にいると必ず思い出して、地下鉄に乗ってわざわざ訪ねるようになりました。
香港でカレーライス食ってる自分もどうかと思いますが、それはそれってことで…。
23時まで営業しているようなので、火鍋や
煲仔飯(ボウジャイファン)に飽きた時には是非。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*