蒸さずに焼く「四代目菊川」田町店の一本鰻重〜にっぽん鰻旅【第36弾】

目次
1.話題の一本鰻の店へ

2.創業90年の老舗卸問屋
3.一本重の試食

話題の一本鰻の店へ

2021年の人間ドック後のランチは、
一本鰻で有名な「四代目菊川」を選びました。
土曜日で、健診後の医師からのフィードバックが、11時50分。
念のため、予約の電話を入れて、東京駅から田町まで移動しました。

場所は、田町駅から直結している田町ステーションタワーのN側。通称「ムスビ(msb)田町」の1階にあります。

オープンしたのは、2020年の夏頃だったかな?

会社は駅の反対側(芝公園側)なのでしっかりチェックしていたのですが、コロナ騒ぎで在宅勤務が多くなったため、足が遠のいておりました。



創業90年の老舗卸問屋

ところで、この「四代目菊川」さん、かなりのペースで店舗展開しています。

出張でよく訪れた石川県金沢駅の駅ビルの中にも出店されています。名古屋ではグローバルゲートやミッドランドスクエアに入っています。
「鰻の目利きが経営する本格的な鰻屋」というコンセプトのようです。
でも元は、愛知県北名古屋市を本拠とする
「中庄商店」という鰻をはじめとする海鮮系の卸問屋。
調べると中庄商店直営の「うなぎ中庄」というお店もあるみたい。たぶんこちらが元祖。
そして、四代目として生まれた菊川雄平さんという方が、飲食業展開の一つとして始めたのが「一本鰻の四代目菊川」というわけです。
以前、紹介した「おか富士」も東京の日比谷ミッドタウンに出店されていますし、鰻やひつまぶしはこんな時代でも商売になるんですかね?

一本重の試食

厨房がガラス張りで見える仕掛けになっています。

ちなみにアクリル板で囲まれたカウンター席に通されました。個室も3ブースくらいあって、客の入りは土曜12時半で8割というところでしょうか。
メニューの写真もたくさん撮ったのですが、あまり見栄えがしなかったので控えます。(お店のHP貼っておきます)

ざっくり説明すると、一本重とひつまぶしの一本重(約5千円)があって、ちょっと上品な鰻の会席料理(8,000〜13,000円)。
うな丼は3千円台。最も廉価なのは天婦羅御膳で2,580円でした。
で、私が注文したのは〈一本重〉(4,980円)。

ごはんを大盛りにしたので、150円増しになります。
ちゃんと蓋がされた長い重箱で運ばれてきます。
しゃもじにちょっと違和感が…。(後で必要性は理解できますが)

そして、これがうなぎの全貌。

一切蒸さず、自社ブランドの備長炭の強い火力で、旨味を逃がさずに焼き上げるようです。
だから外はパリッと、中は肉厚でふわっとという脂の乗った理想的な鰻になっていると、メニューには書かれていました。
それが事実なのか、実食で確かめます。
鰻は約300gというサイズ。

左側。確かに30cm以上はあります。

直焼きの宿命か、尻尾の側は焦げ気味。

で、この長い重箱、意外と箸で食べづらいんです。
だから、茶碗としゃもじが付いてくるわけ。

食べた瞬間に、蒸した鰻でないことは判りました。パリッとした食感です。
ただ鰻の厚みはそれほどでもない気がします。
まぁ、夏場だからこんなもんでしょうか?
まぁ臭みもないし、中は柔らかくて、普通に美味しい鰻です。
少し思ったのは、蒸し焼きでないこともあり、注文後15分程度で運ばれてきました。
それもあってか、タレが気持ち薄いような気がします。
何度もつけて焼いた感じがしない。
タレ自体も辛さも甘さも特化した印象はありません。

卓上に山椒が2種類用意されていました。
右から2番目は練り山椒?だそうです。(説明いただいた際にそう聞こえました)
かけてみると、粉山椒より粒子が細かくて、目の悪い私には見えないくらいでした。
でも、山椒のピリッとした風味はしっかり感じたので、鰻のタレの味自体は薄いんでしょう。
ちなみに肝吸いと漬物もついてきます。

一本重というと、やや野性的な耳触りがありますが、荒っぽい印象はありません。
どちらかというと、あっさりした鰻でした。
総合満足度は、87点
としておきます。値段も5千円を超えているので、やや厳しめです。
ひつまぶしを頼んだ客は、私なんかより余程旨そうに食べていました。
ま、そういうことなのかもしれません。





こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。